月別アーカイブ: 2012年8月

黒豆ごはんで飛蚊症に負けない目を

黒豆スープで飛蚊症を改善では、黒豆の、老化や病気の原因になる活性酸素を除去するポリフェノール類のひとつ、アントシアニンが豊富なことを紹介していますが、今回も黒豆を使ったレシピの紹介です。

今回は、主食のご飯を使った効能豊富な黒豆をふんだんに使った「黒豆ご飯」。

飛蚊症などの目のトラブルのほか、高血圧、糖尿病などの症状に抜群の効果を発揮します。また、イソフラボンが更年期障害や骨租軽症など、中高年女性の悩みも解消してくれます。

黒豆を水につけて、ふやかして作る方法もありますが、いってから炊いたほうが簡単で、おいしくなります。香りもよく食欲も湧きます。この下処理を丁寧に行うだけでおいしさが桁違いになります。

米に少量のもち米を加え、おこわ風にするのもおすすめです。いった黒豆は、密閉容器に入れて保存すれば1週間はもちます。
もしも湿けてしまったら、もう一度いり直すか、電子レンジで加熱して乾燥させるとよいでしょう
。炊き上がった黒豆ご飯は、炊飯器の中で保存すると変色してかたくなつてしまいます。保存する場合は、ラップに包んで冷蔵庫や冷凍室で保存してください。冷蔵庫なら1週間、冷凍室の場合は1ヶ月以内に食べるようにします。一度にたくさん食べるよりも、1日1膳、継続して食べるほうが効果的。
よくかんで食べれば満腹感もアップします。
豆に含まれるイソフラボンも摂取できます。

飛蚊症は、いわゆる老化現象のひとつですから体の酸化を抑制する食事、食習慣が期待以上に効果を発揮します。
デスクワーク主体の仕事で目を酷使する人は特に豆製品を撮るように意識改革するだけでずいぶんよくなります。

材料は

  • 黒豆…1/2号
  • 米…2号
  • 水…500ml

で、3~4人分作れます。

  1. とぎ汁の濁りがなくなるまで米をとぐ。分量の水に30分ほどつけておく。
  2. 軽く洗って水けをとった黒豆を、油を引いていないフライパンで15分程度、皮が破れるまでいる。
  3. 1に2の黒豆を加えて炊飯器にセット。
  4. 炊きあがったら米と黒豆をよく混ぜる

黒豆スープと一緒に食べれば効果倍増です。

黒豆スープで飛蚊症を改善

黒豆は別名「黒大豆」とも呼ばれるように、黒い皮におおわれた大豆の一種です。大豆に含まれる栄養成分だけでなく、表面を包む黒い皮にもすばらしい成分がたっぷりと封じ込められています。
その高い効能が古くより知られている黒豆は、中国や日本の漢方医にとって大事な「薬」のひとつであり、「毒を解して腎を高める」働きがあるとされていました。つまり、黒豆は体内の毒素や老廃物をとり除き、腎の機能を高めると考えられていたのです。
漢方の世界でいうところの「腎」とは、単純に腎臓や勝胱といった排泄機能をさしているわけではありません。人の体の成長や代謝にかかわる、副腎がつかさどるホルモンの分泌機能も含んでいるのです。その「腎」の機能向上に大きく関与するということから、黒豆には健康長寿、若返り効果があるとされていましたが、そのことは医学や栄養学の発達によって、みなが同様の認識をもっていました。
黒豆は、老化や病気の原因になる活性酸素を除去するポリフェノール類のひとつ、アントシアニンが豊富です。
また、アントシアニンの働きを高めるサポニン、レシチン、ビタミンEも多く、これらがタッグを組んで活性酸素に対抗します。
さらに、アントシアニンは血液中のコレステロールを、カリウムは血中のナトリウム(高血圧の原因のひとつ) を減らし、ビタミンEは血管を広げる作用があります。つまり、血液をサラサラにしてその循環をスムーズにするのです。
高血圧、動脈硬化を予防するほか、血液循環がよいと代謝もアップするので太りにくくなります。代謝が高まると高血糖に対してよい影響がありますし、トリプシンインヒビターという成分が血糖の代謝にかかわるインスリンを分泌する膵臓の機能を高める作用もあるので、黒豆は糖尿病の改善にも効果があるのです。黒豆は、目に対しても高い効果をもたらします。視力回復に寄与するだけでなく、飛蚊症の症状軽減も期待できます。飛蚊症は、視界に虫のような異物が見えるものですが、一度症状が出ると治らないといわれています。しかし、「黒豆スープ」を飲みつづけるうちに、飛蚊症が軽減した患者さんが多数います。
昔ながらの漢方の手法にのっとって黒豆を煮出したスープを飲むと、効果がよりアップします。

黒豆スープの作り方

材料は、黒豆150g、水1500CCで次の手順でつくります。

  1. 黒豆は水でさっと洗い、鍋に分量の水といっしょに入れ、最低でも5時間以上浸します。
  2. つけておいた水のまま強火にかけて沸騰させます。アクにも健康によい成分が含まれるのでとらずに煮てしまいます。
  3. 沸騰したら弱火にしてじっくりと黒豆のスープを煮出します。15~30分火を加えたらできあがりです。
  4. 1日に2回程度、食前に200ml飲みます。豆は捨ててかまいません。

できあがった黒豆スープは、密閉容器などに入れて、3日以内に飲みきります。飲むときにあたためるとおいしく飲めます。