月別アーカイブ: 2012年6月

水晶体や網膜を若返らせて視力向上(アサイベリー)

目にいいというとまずは、「ブルーベリー」をイメージしますが、ここ最近、アメリカの有名人、アスリートたちの間で注目を集めているのが「アサイベリー」です。
「ブラジルの不思議なフルーツ」と呼ばれるヤシ科の植物です。ブラジルの熱帯雨林で収穫されます。小さな丸い果実は、濃い紫色をしており、色だけを見ればブルーベリーと同じです。味は、ベリー系の果実に甘み+苦みを加えたような味です。

ブラジルの熱帯雨林という過酷な環境で育つアサイベリーは、紫外線や活性酸素と闘い、生き残るために自ら抗酸化物質や栄養を豊富に蓄えながら育ちます。

強力な抗酸化成分が含まれることからこのアサイベリーには肌を健やかにしたり、老化を防ぐ効果のほか、血糖値、血圧も下げる効果が確認されています。さらに今、最も注目を集めているのが、アントシアニンです。
アントシアニンは、視力回復には欠かせない成分です。ブルーベリーが目にいいというのは、実はこのアントシアニンが豊富に含まれているためです。
ブルーベリーは、100g中に含まれるアントシアニンの含有量は、89mmgですが、アサイベリーは、414mmgとなっています。4.6倍もアサイベリーのほうが多いのです。これは驚異的な数字です。
活性酸素の除去では、赤葡萄もよく話題にでますが、アサイベリーのほうが1倍、赤ワインでは、30倍も多く含まれていることがわかりました。このデータをきっかけに世界中が注目しはじめたのです。

アントシアニンの3つの効果

1つめは、水晶体(レンズ部分)や網膜をサビつかせて老化をすすめてしまう活性酸素の除去です。アメリカの農務省も食品分析基準として使用している抗酸化作用の高さを示すORC(活性酸素吸収能力)においてもアサイベリーは、ブルーベリーよりも上位にランクインしています。
2つめは、血行促進作用です。毛細血管を流れる血液中で発生する活性酸素を除去して、目全体の血液をサラサラに維持します。その結果、新陳代謝が活発になります。
3つめは、ロドプシンの再合成の促進です。光を浴びると分解・再合成を繰り返します。この刺激が脳に伝わり、ものをみることができますが、このロドプシンの再合成が良好に保たれるのです。

アサイベリーに含まれるデルフィニジン、シアニジンの含有量がずば抜けており、特に分子量の小さい、シアニジンは、目の毛細血管、水晶体、網膜との相性がよく吸収されやすく、ぼやけ、目のかすみ、眼精疲労などの改善に高い効果を発揮します。
アサイベリーを摂取後、アントシアニンの血中濃度が20~30分で急上昇することからも期待できます。
長時間のパソコン操作、車の運転、過度な運動により活性酸素をためやすい、加齢による視力の衰えが気になる人におすすめです。
アサイーベリーの疲れ目対策についてもう少し詳しく

黒豆の煮汁で目の血流不足を解消

黒豆には、色素成分のアントシアニンの一種であるシアニジン3グルコシドという成分が含まれます。黒豆の皮に特に多く含まれるこの成分は、目の血流を改善する作用があります。

活性酸素が中性脂肪と結び付き、過酸化脂質を生成することで、血液はドロドロになります。血流を改善するには、抗酸化力の高い製品をとることが必要です。

アントシアニンは、目にいいとされるブルーベリーにも豊富に含まれますが、黒豆のアントシアニンのほうがブルーベリーより抗酸化力が強いことが確認されています。

黒豆の煮汁

黒豆の煮汁

目の中でレンズの機能を果たす水晶体は、毛様体筋という小さな筋肉の作用で厚くなったり、薄くなったりして、対象物に焦点を合わせます。

しかし、血流が悪いと毛様体筋は正常に機能しなくなり、対象物にピントを合わせることが出来なくなります。
これが近眼や老眼の原因です。黒豆によって抗酸化力の強いアントシアニンを摂取し、毛様体筋への結構が促進されれば近眼や老眼の改善が期待できます。

黒豆の煮汁の作り方

材料(1日分)

  • 黒豆…50g(およそ70粒)
  • 水1リットル
  1. 軽く洗った黒豆を密閉容器の中で5時間以上、1リットルの水に浸します。
  2. 浸した汁と黒豆を火にかけます。沸騰したら吹きこぼれない程度に弱火にし、あくをとらずに20分ほど煮てから火を止める。
  3. できあがった煮汁は茶こしなどでこしながら容器に移します。
  4. できあがった黒豆の煮汁は、その日のうつに飲みきるようにします。保存は冷蔵庫。

忙しい人は毎日、発酵黒豆エキスを飲むだけでもだいぶ違います。近視、老眼には効果的です。続けることが大切です。