目の栄養」カテゴリーアーカイブ

疲れ目に視界鮮明 アサイーベリーの濃縮エキスが配合 ふくふく本舗の「アサイベリープラチナアイ」

初回¥2,400円の金額のままで、2回目以降も定期で購入できます。
アサイベリーなど4種の果実配合のクリアな毎日サポートサプリ

アマゾンのスーパーフルーツ「アサイベリー」を筆頭に「ビルベリー」「カシス」の3つのベリーにレスベラトロールで有名な「赤ブドウ」を加え、さらに「マリーゴールド」から特許製法で抽出したルテインを配合。

注目成分「アントシアニン」がブルーベリーよりも豊富と注目の南米原産果実アサイーベリー。パソコンやスマホの多様で目が疲れ気味、夜になるとライトがまぶしく感じる、ぼやける・かすむ、目が痛い、充血する、目が重い・しょぼしょぼする・涙が出るなどの症状はありませんか?また、ひどい、肩こり・倦怠感・頭痛・めまい・吐き気などはないでしょうか?

アサイベリーに関しては、ブラジルの農務省規格で最もグレードの高い
「ランクA」の”高品質・高濃度”なアサイベリーのみ使用しています。

アントシアニアがたっぷり含まれた果肉を、収穫後に冷凍・粉砕し、さらに8倍濃縮させたこの「アサイベリープラチナアイ」は、2つの成分を追加配合し、より疲れ目にダイレクトに効きます。

ひとつめがマグロの魚油です。静岡県清水港で水揚げされた天然マグロの網膜周辺に最も多く含まれる魚油から天然の良質なDHA・EPAを抽出/配合しました。

ふたつめがルティンたっぷりのマリーゴールドです。目にも鮮やかなマリーゴールドの花びらに含まれる目のサポート成分のルテインを丁寧に抽出しています。

4種の果実で抗酸化力を高める

    1. ルティン 強力な青い光を遮るために必要なカロテノイドの1種で加齢により減少するルテインも補給することで疲れ目症状を一掃できます。
    2. アスタキサンチン アスタキサンチンはトマトに含まれるリコピンの仲間で酸化を防ぐ赤色の天然色素ですコエンザイムQ10のおよそ1000倍ものパワーがあります。
成分
ブドウ種子油、アサイーエキス末(マルトデキストリン、アサイーエキス)、ビルベリーエキス末、赤ブドウエキス末、カシスエキス末、ゼラチン、グリセリン、コメヌカロウ、ビタミンC、マリーゴールド色素、植物レシチン(大豆由来)、ヘマトコッカス藻色素、ビタミンA
使用方法
1日1~4粒を目安に噛まずに水またはぬるま湯などでお召し上がりください。
定義リスト2
テキスト




奇跡のフルーツと呼ばれるアサイベリーサプリ/ずっと半額コース!

視野がゆがむ黄斑変性症は網膜を修復する亜鉛の補給が大事!粉茶で摂る

野菜不足は血管が破れるリスク大


毎朝出る出る!

誰でも加齢により目のトラブルや病気を避けることができません。中でも最近、日本人に急増している目の病気が「黄斑変性症」です。

黄斑変性症にかかると物をみるために最も重要な目の網膜(カメラで例えるとフィルム)の黄斑部に障害起こり、物がゆがんで見えたり、視力が急激に落ちたりします。

最悪の場合は 失明する危険さえあるのです。もともと欧米では黄斑変性症が多く見られ、中途失明を招く原因の第1位を占めています。一方、日本では1960年代(昭和35~44年)まで黄斑変性症の方はほとんど見られませんでした。

しかし、1970年代(昭和45〜54年)に入ると、患者数が圧倒的に増えてきました。これはなぜでしょうか。

黄斑変性症の原因については十分に解明されていませんが、網膜の細胞の老化や、活性酸素の影響が考えられています。くわしく説明していきましょう。

1970年代に入ると、日本人は脂肪の多い肉類、味の濃い加工食品、甘い物などをよくとるようになり、野菜や果物、海藻をあまり食べなくなりました。いわゆる、「食の欧米化」です。
すると、目の健康を守るために必要なビタミンやミネラル(無機栄養素)が不足し、体内の活性酸素を増やしてしまうのです。また、喫煙や夜更かし、運動不足、ストレスも、体内の活性酸素を増やす一因となります。

そもそも、紫外線を直接受ける網膜や水晶体は、活性酸素が大量に発生しやすい部位。網膜の活性酸素が増えると、細胞が傷ついて栄養の受け渡しや老廃物の排出がうまく行われなくなります。そこで、新陳代謝を促すために新生血管ができるのです。しかし、急ごしらえの新生血管は破れやすいため、出血して黄斑変性症を招くというわけです。

さらに、活性酸素には動脈硬化を引き起こす性質があります。もともと破れやすい新生血管が動脈硬化でさらにもろくなれば、出血する危険も大きくなります。このように、黄斑変性症は、活性酸素と深い関係があるのです。

予防には亜鉛が有効

本来、活性酸素の害は、抗酸化力に優れたビタミンやミネラルを摂取すれば、問題なく防げるものです。ところが、食生活の欧米化に加え、栄養が偏った加工食品の摂取量が増えた結果、昔に比べてビタミンやミネラルの摂取量が不足しがちです。

とりわけ、問題視しているのは、ミネラルの一種である亜鉛の不足。実をいうと、加工食品に大量に使われている食品添加物の中には、体内で亜鉛の吸収を妨げるものが少なくないのです。

亜鉛が体内に取り込まれると、さまざまな酵素のはたきを活発にしたり、細胞分裂や新陳代謝を促したり、アルコールを分解したり、活性酸素を消去したりします。

中でも注目したいのは、亜鉛の優れた抗酸化力(です。亜鉛は、体内のSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)という酵素の働きを活発にするため、ミネラルの中でも特に強い捻酸化力を持っています。

亜鉛が黄斑変性症の予防に役立つことは、研究結果から丸明らかです。例えば、米国でル3640 人の対象者を2つのガループに分け、片方のグループにビタミン数種類と亜鉛をとってもらう臨床試験が、6年にふたって行われました。

すると、ビタミンと亜鉛をとったグループは、とっていないグループに比べて、黄斑変性症の発症率が低く抑えられていたのです。

亜鉛の1日当たりの目安量は、男性で9 mg、女性で7 mgです。亜鉛は、ウナギや貝のカキ、卵黄、豚レバー、牛肉、きな粉、ゴマ、緑茶などに多く含まれています。こうした食品を、ふだんから積極的にとるようにしてください。

このうち、最も手軽に亜鉛を補えるのは緑茶でしょう。ただし、煎じて飲むと茶ガラに多くの亜鉛が残ってしまうので、茶葉を丸ごととれる抹茶や粉茶を利用するのがおすすめ。最近はスーパーでも粉茶が売られており、お湯に溶かして1日2杯も飲めば、亜鉛の摂取基準量を十分に補えます。
緑茶の詳しい効能はこちら。


毎朝出る出る!

ただし、亜鉛が豊富に含まれる食品を多食したからといって、すでに発病した黄斑変性症が治るとは限りません。あくまで、予防の一助として役立ててください。

にきび、風邪、糖尿病、老化防止まで、現代人が必要とするミネラル「亜鉛」 | パワー

目の血管を強化する成分がたっぷり入った「松の木エキス」(ピクノジェノール)は近視~糖尿病網膜症までを改善

糖尿病網膜症まで続々改善

目の病気は、目の過剰な酷使や老化によって起こると考えられがちです。しかし、必ずしもそうではありません。むしろ意外に多いのは、糖尿病の合併症として起こる病気です。

糖尿病による目の病気の中でも、特に深刻なのが「糖尿病網膜症」です。現在、日本人の中途失明の原因の1位は緑内障ですが、2位が糖尿病網膜症です。糖尿病網膜症は、網膜の血管の血行障害で起こります。

最初のうちは「単純網膜症」といって毛細血管にコプができ、比較的小さな出血を起こすだけです。ところが、血管のつまりが進んでコ前増殖網膜症」という段階に入ると、網膜に酸素や栄養が十分に補給されなくなって、眼底に白斑が現れます。なんと、ここまでは、自覚症状はほとんどありません。

その後、網膜の血管の閉塞 がひどくなると、「増殖網膜症」といって、血流低下を補うために新生血管が現れる段階に入ります。新生血管は非常にもろいので破れると硝子体(目の中にあるゼリー状の組織)で出血を起こしたり、網膜にできた増殖膜が梢子体から引っばられることで網膜剥離を起こしたりします。この網膜剥離が、失明の原因になります。

早期に発見できれば失明は防げる

糖尿病網膜症がやっかいなのは、初期~中期段階では自覚症状がないため、発見が遅れて失明する人が非常に多いことです。
末期の増殖網膜症になった人の6割は、定期健診を受ける機会の少ない自営業や主婦の人です。糖尿病網膜症を早期に見つけるためには、糖尿病の人は定期的に眼底検査を受けることが肝心。また、糖尿病が原因であることから、血糖値を適切にコントロールすることも忘れてはなりません。

初期の単純網膜症の段階なら食事療法・運動療法・薬物療法・血糖コントロールで病気を抑えられますが、前増増殖網膜症や増殖網膜症に進行した場合、眼科でレーザー治療や僻子体手術が必要になることとがあります。

網膜症の方の視力が回復

そうした中、糖尿病網膜症をはじめとする目の病気の改善に役立つ食品が注目を集めています。それは、フランスの特定の地域に自生する海岸松の樹皮から抽出された「松の木エキス」(ピクノジェノール)です。

松の木エキス(ピクノジェノール)には、40種類以上ものポリフェノールが豊富に含まれています。そして、その働きにより、ビタミンCやビタミンEより強い抗酸化力があることで知られています。

松の木エキス(ピクノジェノール)の糖尿病網膜症に対する働きについては、さまざまな研究でも明らかです。その1つとして、1988年にドイツで行われた調査です。

この調査では、糖尿病網膜症の患者さん1169人に6ヶ月間、松の木エキス(ピクノジェノール)をとってもらい、視力低下が防げるかどうかを検証しました。

その結果、松の木エキス(ピクノジェノール)をとったグループの視力の平均値は低下することなく、有意に向上が認められたのです。反対に、松の木エキス(ピクノジェノール)が含まれない偽薬をとったグループの視力の平均値は、低下する一方でした。

こうした研究結果から、松の木エキスには糖尿病網膜症の進行を防いで、症状を改善する働きが期待できるといえるでしょう。

では、松の木エキス(ピクノジェノール)は、どのように働いているのでしょうか?

その第一として、損傷した目の毛細血管を修復する働きがあげられます。

松の木エキス((ピクノジェノール)は、毛細血管の血管壁を構成するコラーゲン、エラスチンと結合しやすい性質があります。そのため、松の木エキスをとると、衰えた毛細血管が素早く修復され、傷がふさがれるのです。この点については、糖尿病網膜症の患者さんを対象にした臨床試験でも証明されています。

第二は、血管を強めたり広げたりする働きです。

松の木エキスをとれば、血流が増え、網膜のすみずみの細胞に酸素や栄養が行き渡ると考えられます。すると、新生血管が現れにくくなるため、糖尿病嗣膜症の改善に役立つはずです。

さらに松の木エキスには、前にも述べた抗酸化作用、抗炎症作用のほかに、血小板の凝集抑制作用などの働きがあります。これらが相乗的に働くことで、糖尿遍腹症をはじめとする目の病気ばかりか、近視や老眼による視力低下の予防・改善の一助になると私は考えています。
実際、松の木エキスを目の健康維持に役立てている人はたくさんいます。

松の木エキスは、フランスでは医薬品として用いられていますが、日本ではサプリメントとして入手できます。最近では、松の木エキスにルテインやアスタキサンチンといった、目にいい栄養を配合した食品も市販されているので、そうしたものを加利用してもいいでしょう。

松の木エキスの効能、効果のまとめ

フランス海外松から抽出される成分。
松の木エキス(松の樹皮エキス)は、フランスの南西部の海岸に生育するフランス海岸松の樹皮から抽出されたエキスのこと。天然の樹皮から抽出されているので、安全性は極めて高い。

松の木エキス(ピクノジェノール)には、40種類以上のポリフェノールが含まれていることがわかっている。そのため、抗酸化力が極めて高く、ビタミンCやどタミンEより強力であると、注目を集めている。

DHCのピクノジェノールで目の血管を強化する。

目の新陳代謝と修復を促すコラーゲン食材で白内障、老眼、飛蚊症をストップ

コラーゲンは目の組織の材料となる

コラーゲンを摂取すると肌がスベスベになる、関節痛が軽快するという効能、効果はあちこちで耳にします。さらにいえば、白内障、飛蚊症、老眼など加齢にともなう目のトラブル改善にも、コラーゲンは効果大です。コラーゲンとはそもそも、皮膚、血管、内臓、軟骨など体の組織の材料になっているタンパク質のことです。

水晶体、網膜、毛様体など日の組織も、コラーゲンなしでは構成できません。しかし、年を取ると誰もがコラーゲンの新陳代謝が衰えて、体内で新しく合成する量が間に合わなくなり、40歳以降、コラーゲンの体内含有量は、20歳のころの半分になるケースも珍しくありません。
そしてこの時期から、視力が減退する、視野がかすむ、黒い糸クズが目の前をいったり来たり…不快な目の症状が現れるようになってしまいます。そこで、こうした目の加齢トラブルを寄せつけないためには、毎日の食事でコラーゲンを意識的に摂取すること。

それにより、体内でのコラーゲン合成を活発にさせてあげるのです。たとえば、水晶体を袋のように包んでいる嚢で、コラーゲン合成が活発になると、水晶体の新陳代謝が盛んに行われるようになります。その結果、水晶体に蓄積して白内障の誘因になる老廃物の排出が進めば、目のレンズ役としての十分な透明度が保たれ、ぼやけていた視界が晴れるようになることでしょう。

ものを見るときにピント調節をする、虹彩や毛様体など、筋肉の膜もコラーゲンが材料になっています。そのため、コラーゲンをしっかり補給することで、これらの筋肉の働きが高まれば、ピント調節力の衰えである老眼の予防に期待できるのです。

また、飛蚊症の原因は、眼球内の硝子体と網膜をつなぐコラーゲン組織が、老化によってはがれることと考えられます。はがれた組織の一部が硝子体を通る光をさえぎるので、黒い糸クズが浮かんで見えるわけです。このはがれた組織の修復には、やはりコラーゲンが使われると考えられ、そうなれば視界の糸クズも自然と消え去るようになるでしょう。

コラーゲンがたっぷり含まれるのは鶏・豚・牛の肉以外の部分に注目

目のトラブル対策として、毎日補給したいコラーゲンの量の目安は、一日二〜五gと考えられます。豊富に含まれる食材は、鶏、豚、牛の肉以外の部分。すなわち、皮、骨、軟骨、腱、スジ、モツ(内臓)など。
調理に手間がかかり、食べにくいところでもありますが、大量に煮込んでスープなどにすると効率よくコラーゲンを摂取できるでしょう。
魚でおすすめなのはカレイ、ヒラメ、骨つきのフグ肉、アンコウ、ウナギなど。プルプルと固まった煮こごりも食べたいものです。
そのほか、ゼリーなどを作るときに用いるゼラチン粉末も、手軽で安価なコラーゲンの補給源といえます。こまめに日常のメニューに取り入れることで、クッキリ鮮やかな視界が保たれるように。さらに、肌、髪、爪がきれいになったり、関節のきしみが減るなど、さまざまな効果が期待できるでしょう。

コラーゲンが豊富な食材(100グラムあたり)

  • 牛すじ/32グラム
  • とり皮/20グラム
  • 軟骨/15グラム
  • うなぎ/7グラム
  • 手羽先/6グラム
  • カレイ/6グラム
  • サザエ/4グラム

効率よくコラーゲンを摂りたいならサプリなどもおすすめです。

コラーゲンと一緒に摂りたい!

視力回復や全身の老化防止に役立つとして、ある栄養成分とフルーツが注目を集めるようになりました。その成分名は、「アントシアニン」と呼ばれるポリフェノール(植物の色素成分) の一種。なかでも、ずば抜けたアントシアニン含有量を誇る「アサイーベリー」という果実が今、脚光を浴びています。そのアサイーベリーが最近、専ら効果が強力と注目を集めています。