アサイベリー 白内障

アサイベリー プラチナアイ 白内障 によるまぶしさが軽減

Pocket

アサイベリー プラチナアイ 白内障 によるまぶしさが軽減できたので紹介します。ふくふく本舗の アサイベリー プラチナアイ を飲んだら太陽がまぶしくて外にもでられなかったのに、今は、まぶしさの症状が消えて外にもでられるようになりました。

アサイベリー プラチナアイ 白内障

今から数年前に、眼科で白内障と診断され、その 1 年後ぐらいから、目のかすみが深刻化していきました。
目の前に白い膜やモヤがかかったような状態になって、解消しません。目の不自由は想像以上にストレスで困りました。四六時中、目のことが気がかりで大きなストレスとなってしまいました。

眼科医でまぶしくて困っていると言うと白内障が原因でまぶしさを感じる理由を言われましたが、根本的に治すには白内障の手術しかないと言われました。

眼の水晶体が濁るとこんなにもまぶしいのかと本当に困りました。この混濁により、光が水晶体を通過する際に散乱し、目の内部に均等に届かなくなります。結果として、光が乱反射しやすくなり、まぶしさを感じるのだそうです。

目をこすってみたり、何度もまばたきをしてみたり、時には水道で目を洗ってみたこともありました。それこそ、目薬は相当試しました。
以前に疲れ目でこんな感じになったことがあったので治るかもしれない?と思ったからです。

 

テレビドラマを見ているときには、字幕が二重にぼやけてしまいます。これでは大好きな韓流ドラマも、落ち着いて楽しめません。

 

また去年からコロナの感染者数をニュース速報で流れるので見るのですが、6なのか9なのか3なのかがわかりません。また、5と3もよく間違えました。テレビの字幕を見るときにはとても疲れました。

外に出れば、日光がまぶしくて、サングラスが必需品になりました。夜は、車のライトや街灯がパーッと広がり、目に飛び込んできてつらいのです。眼科医には、「もう手術しかない」と診断され、翌年の1 月初旬に手術を受けることが決まっていました。

ところがその直後、目のかすみで足元がおぼつかない私は、公園で転んで左手首を骨折。白内障の手術は、骨折が治るまで延期になってしまいました。しかし、思い返せばこの骨折こそが一大転機だったのです。けがの功名とはこのことだと後になって感謝しています。

治療のために通っていた接骨院の待合室で、偶然手に取った雑誌で、「 アサイーベリー 」のことを知りました。何でもブルーベリーよりもアントシアニンというポリフェノールの量が多いのだそうです。

 

記事を読み終えた私は、この日をアサイーベリーに託してみようと心に決めました。アサイーベリー というのは、ベリーの種類なのだとわかりましたが、実際には詳しく知りませんでした。

 

それからは、奇跡が起こるとを信じて、朝・昼・晩と 1 日 3 回 アサイーベリー を飲み続けました。すると飲み始めて 2 ヶ月ぐらいしてからでしょうか。白い膜が消えて、クリアな視界が戻ったことに気付いたのです。このときは本当に驚きました。外に出てみてもまぶしくないので、これはホンモノだと思いました。

 

私が購入して白内障の手術を回避できた アサイベリーのサプリ ふくふく本舗 アサイベリープラチナアイ はこちら

 

アサイーベリーのサプリはさまざまありましたが、 ふくふく本舗 アサイベリープラチナアイ は3種類のベリーを配合しており、ブラジルの農務省規格で最もグレードの高いランクA の高品質で高濃度な アサイベリー のみが使用されているのがとても安心できました。

それからは、トントン拍子に目の調子がよくなっていきました。新聞は裸眼でも読めるようになり、細かい手作業を続けていても、目の疲れや目ヤニが出ることもなくなりました。

光のまぶしさまで和らいできて、サングラスは念のために携帯するだけ。テレビの字幕もはっきりとと見えて、毎日すがすがしい気持ちで過ごせます。
これでコロナの感染者数もはっきりと見えます。

いちばんの朗報は、白内障の手術が中止になったこと。しかも、眼科の検査では、視力が 0.06 から右 0.7 左 0.8 に上がっていたのです。アサイーベリーの実力は疑いの余地なしで、もし手元から切らしたら、心細くなるでしょう。最良の巡り合わせに感謝です。

アサイベリー プラチナアイが白内障に有効な理由

ふくふく本舗 アサイベリープラチナアイ

ふくふく本舗 アサイベリープラチナアイ

アサイベリー プラチナアイは、目の健康をサポートするために特定の栄養素が豊富に含まれたサプリメントです。これらの栄養素が白内障の予防や進行抑制にどのように役立つかについて説明します。

アサイベリー プラチナアイの主な栄養素とその効果

  1. アントシアニン
    • 抗酸化作用: アントシアニンは強力な抗酸化作用を持ち、活性酸素による眼球のダメージを防ぎます。白内障は活性酸素による水晶体の酸化が一因とされているため、アントシアニンは白内障の予防に効果が期待できます。
  2. ビタミンC
    • 抗酸化作用: ビタミンCは抗酸化作用を持ち、眼球の細胞を保護します。
    • コラーゲン生成促進: ビタミンCはコラーゲンの生成を促進し、水晶体の弾力性を維持する効果があります。これにより、白内障の進行を遅らせる可能性があります。
  3. ビタミンE
    • 抗酸化作用: ビタミンEも抗酸化作用を持ち、細胞膜を保護します。
    • 血流改善: ビタミンEは血流を改善し、眼球への栄養供給を促進します。これが白内障の予防に役立つ可能性があります。
  4. ルテインとゼアキサンチン
    • 黄斑色素の構成成分: これらのカロテノイドは、網膜の中心部にある黄斑に存在し、紫外線やブルーライトから目を保護します。
    • 白内障予防: 紫外線やブルーライトによるダメージが白内障の原因の一つと考えられているため、ルテインとゼアキサンチンの摂取は白内障の予防に効果が期待できます。

サプリメントの役割と限界

アサイベリー プラチナアイに含まれるこれらの栄養素は、白内障の予防や進行抑制に効果があるとされるものが多く含まれています。ただし、以下の点に注意が必要です。

  • 治療効果: すでに白内障を発症している場合、サプリメントの摂取だけでは治療はできません。白内障は進行性の病気であり、進行を止めるためには医療機関での適切な治療が必要です。
  • 科学的根拠: アサイベリー プラチナアイが白内障を治す効果があるという科学的な根拠は現在のところ十分ではありません。予防や進行抑制に寄与する可能性はありますが、確実な治療法としての効果は期待できません。

結論

アサイベリー プラチナアイは、目の健康をサポートするためのサプリメントであり、特に白内障の予防や進行抑制に効果が期待できる栄養素が豊富に含まれています。しかし、白内障を治すためには医療機関での適切な診断と治療が不可欠です。目の健康を維持するためには、バランスの取れた食事と健康的な生活習慣も重要です。

白内障に効く食事

サプリメント以外に白内障に必要な栄養をしっかり摂ることも重要です。白内障の予防や進行抑制に役立つ食事には、抗酸化作用のある栄養素や眼の健康をサポートする成分が豊富に含まれた食材を取り入れることが重要です。以下に、白内障に効果が期待できる栄養素とそれを多く含む食材を紹介します。

抗酸化ビタミン

ビタミンC

  • 効果: 抗酸化作用があり、水晶体の酸化ダメージを防ぎます。
  • 食品: 柑橘類(オレンジ、グレープフルーツ)、イチゴ、キウイ、ピーマン、ブロッコリー

ビタミンE

  • 効果: 細胞膜を保護し、血流を改善します。
  • 食品: ナッツ類(アーモンド、ヘーゼルナッツ)、種子(ひまわりの種)、ほうれん草、アボカド

2. カロテノイド

ルテインとゼアキサンチン

  • 効果: 黄斑色素を保護し、紫外線やブルーライトから目を守ります。
  • 食品: 緑黄色野菜(ケール、ほうれん草、ブロッコリー)、トウモロコシ、卵黄

3. オメガ-3脂肪酸

  • 効果: 眼球の健康をサポートし、炎症を抑える作用があります。
  • 食品: 魚(サーモン、マグロ、イワシ)、亜麻仁油、チアシード、クルミ

4. 亜鉛

  • 効果: 抗酸化酵素の活性化を助け、目の健康を保つ役割があります。
  • 食品: 肉類(牛肉、鶏肉)、シーフード(カキ、エビ)、豆類(ひよこ豆、レンズ豆)

5. アントシアニン

  • 効果: 強力な抗酸化作用があり、活性酸素による眼球のダメージを防ぎます。
  • 食品: ブルーベリー、ブラックベリー、クランベリー、アサイベリー

具体的な食事例

  • 朝食: オートミールにブルーベリーとアーモンドをトッピングし、オレンジジュースを添える。
  • 昼食: グリルチキンとほうれん草のサラダ(ドレッシングには亜麻仁油を使用)、サイドに蒸しブロッコリー。
  • 夕食: サーモンのグリル、サイドにローストアスパラガスとキノアサラダ(ケール、トウモロコシ、トマト入り)。
  • スナック: イチゴとヨーグルト、ひまわりの種やクルミのミックス。

生活習慣のアドバイス

  • バランスの取れた食事: 偏った食事ではなく、様々な栄養素をバランスよく摂取することが重要です。
  • 紫外線対策: 紫外線は白内障のリスクを高めるため、サングラスや帽子を使って目を保護しましょう。
  • 禁煙: 喫煙は白内障のリスクを高めるため、禁煙が推奨されます。
  • 定期的な眼科検診: 早期発見と適切な治療のために、定期的に眼科で検診を受けることが重要です。

白内障の進行を遅らせるためには、食事と生活習慣の改善が効果的です。しかし、既に白内障が進行している場合は、医療機関での適切な治療が必要です。

口コミ レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください