アレルギー対策」カテゴリーアーカイブ

目にも大変!花粉症症状

春といえば「心浮き立つ季節」というのは昔の話で、近ごろは春の訪れを憂うつに感じるかたのほうが多いのではないでしょうか?
そう、春といえば、いまや国民病ともいえる「花粉症の季節」です。目のかゆみ、充血、涙、鼻水、くしゃみと、花粉症の症状は実につらいもので、仕事や日常生活に支障が出るほどです。人々を悩ますこの花粉症は、ひと言でいうと「体の免疫異常」です。

体には、ウイルスや細菌などの外敵から身を守る「免疫システム」が備わっています。これは体内に侵入した外敵を撃退するシステムで、体が本来持っている自然治癒力といっていいでしょう。花粉症の場合、本来、敵ではない花粉を敵とみなして免疫システムが作動するために、不快な症状に悩まされてしまうのです。免疫システムには腸が大きく関与しています。小腸は真っ先に外敵に反応を示す免疫活性臓器で、大勝内の悪玉菌・善玉菌のパワーバランスによって免疫細胞の活動が左右されます。つまり、腸内の環境を整えて免疫システムを正常化すれば、花粉症の症状は改善ができるのです。

腸内環境を整える乳酸菌を豊富に含む食品といえば、「ヨーグルト」です。実際に、免疫システムの異常が原因である花粉症ヤアトピー性皮膚炎の症状が、ヨーグルトを食べることでだいぶ改善されたという事例報告があります。
腸を元気にするヨーグルトは、とても参考になるので一度ご覧ください。

さて、巷には菌種・菌株が異なる多種多様な機能性ヨーグルトが存在します。人によって腸内細菌の構成も違いますから、いろいろなタイプを試してぴつたり合うヨーグルトを探してください。
そのヨーグルトが自分に合っているかどうかは、便で判断します。

黄褐色でにおいが少なくバナナ大のサイズで適度な水分を含んだ便が出れば、そのヨーグルトとの愛称は抜群といえます。朝昼晩のいつ食べてもよいのですが、便のもととなるものがおなかに入ったあと、すなわち食後にとるようにします。食事ではヨーグルトに含まれていない食物繊維とビタミンCを補うために、いも類、海藻類、野菜・果物をとるように心がけましょう。

毎日200g以上を10日から2週間食べつづければ、便の様子から腸内環境の変化を知ることができます。ただし、アレルギー体質の改善のためには、長年にわたってつくられた抗体を下げるために長い時間が必要。最低でも1年は食べつづけてください。

効果絶大の毒出しスープレシピ

毎日の暮らしの中で、知らず知らずのうちに体内に毒素をため込んでしまっています。こうした毒素によって引き起こされる不快症状は眼精疲労、充血といったアレルギーによる目のトラブルのほか、便秘、冷え性、肩こり、頭痛・腹痛・腰痛など、実に多岐にわたります。
また、放置していると高血圧、高血糖、動脈硬化などの病気に発展する危険もあるのです。人間の体は体内に侵入した毒素を排出するためにさまざまな反応を見せます。しかし、生体反応だけでは十分に毒素を捨て去ることができないことも多いので、解毒効果のある「毒出しスープ」によって、毒素排出を促します。
毒素をつかむ食材(タマネギ)、とじ込める食材(魅)、外に出す食材(ゴボウ) の3つの力で構成された「毒出しスープ」は、効果抜群。ぜひ、継続して召し上がってください。

材料(3食分)

  • 玉ねぎ…1個
  • ごぼう…1本
  • にんにく…1かげ
  • 昆布(小)…1~2枚
  • 麩…20g
  • 塩コショウ…少々
  • みそまたはカレー粉…少々
  • 好みでコリアンダー
  1. 麩以外の材料を入れ、水をひたひたになるまで入れ、5分煮る。
  2. 水で戻した麩を軽くしぼって水けをきり、鍋に入れる
  3. 塩・こしょうで味をととのえたらみそ(またはカレー粉)で味をつける。
  4. 1日2~3杯食べる。好みでコリアンダー(有害金属の排出を促す)を加えるとさらに効果的。

半身浴で毒素を排出し、疲れを解消する

入浴には、

  1. 温熱作用
  2. 水圧作用
  3. 浮力の作用
  4. リラックス効果

などがあり、水やお湯につかって病気を癒す物理療法は、ヒポクラテスの時代から行われてきた歴史ある治療法です。じょうずに入浴を利用すれば、アレルギーの原因になる過剰な水分や、不快症状を引き起こす老廃物を排出することができ、目の悩み・トラブルの改善につながります。当然、リラックス効果などから副交感神経優位になり目の緊張が和らぎます。

シャワーは皮膚表面の汚れを落とすだけで、体内の過剰な水分、老廃物、疲労物質などの「汚れ」はそのままですから、ゆっくりと湯ぶねにつかることがたいせつです。お湯の温度は体温よりやや高めの39度(±1虔) が最適。
熱いお湯では、緊張や興奮をもたらす交感神経が刺激され、ゆっくりのんびりと湯ぶねにつかることができません。体をあたため、血行を促進させるには「半身浴」がおすすめです。
あたたまった部分の血液が全身をめぐつて熱を運ぶので、上半身もしっかりあたたまります。入浴後は血液が濃縮されてドロドロになるので、血液をよい状態に保つため、水分を十分に補給してください。

半身浴のメリット

  • 半身浴は全身浴より水圧による負担が少ないので、高血圧の人にも適している。
  • 適温は39度(±1度)。長時間の入浴が可能。
  • 温熱効果が高い

半身浴は血管の詰まりに効果大 | 血管はもっと若返る
https://bloodvessel.biz/archives/55

めん棒を使って余分な水を排出

体内の老廃物は、水を介して体外へと排出されます。つまり、体内で水分がとどこおる水毒の状態では老廃物も体内にとどまっており、老廃物の中に含まれている毒素などを体内にため込んでしまうことになります。

余分な水分と老廃物を排出するために、水の通り道となる「リンパ」を刺激しましょう。体にはリンパが集まってくる「リンパ節」が数カ所あり、この近辺を刺激すればリンパの流れを効率よく改善できます。リンパが通っているのは皮膚のすぐ下ですから、さする程度の刺激で十分な効果が得られます。
しかし、単に「さする」といっても、マッサージの経験がない一般の人にとってはなかなかむずかしい面もあります。力かげんがわからなかったり、リンパ節付近を均一に刺激することができなかったりといった問題が生じてきます。
めん棒を使って皮膚の表面をさする「めん棒リンパマッサージ」は、広範囲を均一の力で刺激することができますし、刺激を加える部位はたったの3カ所。簡単に水毒を解消することができます。

綿棒マッサージの方法

〔膝→股関節〕
床にすわり片足の膝を軽く曲げて、膝の内側から股関節こ向かって水分を流し込むようなイメージでさする。
でさする。
〔ひじ→わ舌の下〕
ひじからわきの下に向かってなで上げる。二の腕の水分をわきに流し込むようなイメージで。

アレルギーの原因になる体の余分な水分

人間の体のおよそ60~70% は水分。人間にとって、水はなくてはならないものですが、その水が体に悪影響を与えることがあるのです。それが、東洋医学でいう「水毒」。
水毒とは、体内の水分代謝がうまく行われず、本来あるべきではないところに余分な水分がたまった状態をいいます。水毒に陥ると、さまざまな不快症状が引き起こされます。よくみられるのは、朝起きたとき顔や手が、夜になると足がはれぼったくなる「むくみ」。

また、花粉症による涙や鼻水も水毒のひとつ。目や鼻のあたりにたまった余分な水分が、花粉という刺激によって体外へと出たものです。目のかゆみ・充血、皮膚の湿疹など、花粉症以外のアレルギー症状も体内の過剰な水分によって引き起こされています。水毒による症状は目に見えるものだけではありません。
内臓や頭に水分がたまると水分を外に出す方策がないため、痛みなどの不快症状に転じてしまいます。頭痛、胃痛、吐きけのほか、ゼンソクも気管支に水がたまったことが原因です。また、めまいも平衡感覚をつかさどる三半規管が湿ったために生じているケースが多々あります。

水毒を防ぐには、体内の水分の循環をよくし、過剰な水分は汗や尿として速やかに排出すること。そのために、体を冷やさないように心がけましょう。体が冷えると水分を発散しにくくなり、水分があるとさらに冷えが助長され、どんどん水分がたまって塞が悪化するのです。すわりつばなし、運動不足も水分の排出量を低下させることになります。また、アイスや氷りなどを頻繁に食べている人は、内蔵が冷えやすくむくみやすくなります。できるだけ体を冷やさないためにも温かいものを食べるようにします。

むくみやすい体質の人に特におすすめなのが「はとむぎ」です。「はとむぎの効能」を読むと体の余分な水を排泄してくれる作用が高いことわかります。もともとはとむぎは「ヨクイニン」といい、漢方薬として古くから使われていますので安心して使うことができます。飲む際には、「無添加」のものを選びましょう。