リフレ ブルーベリー&ルテイン 口コミ

リフレ ブルーベリー&ルテイン 口コミ デメリット情報も

リフレ ブルーベリー&ルテイン 口コミ 実際に購入して飲んでみた感想やレビュー 評価 といった生の声です。リフレ ブルーベリー&ルテイン メリット デメリット も合わせて紹介します。

リフレ ブルーベリー&ルテイン 口コミ

リフレ人気№1商品!『 ブルーベリー&ルテイン 』です。目の疲労感の改善と目の健康を守る機能性表示食品。ビルベリー由来アントシアニンとルテインを贅沢に配合したサプリメントです。

リフレ ブルーベリー&ルテイン 口コミ

リフレ ブルーベリー&ルテイン 口コミ

リフレ ブルーベリー&ルテイン 口コミ 実際に飲んでみて メリット デメリットを含めて生の声を紹介します。

メリット

目の疲れが軽減 「リフレ ブルーベリー&ルテイン」を飲み始めてから、長時間のパソコン作業でも目の疲れが軽く感じられるようになりました。目の疲れが気になる方におすすめです。

飛蚊症が気にならなくなった 飛蚊症に悩んでいましたが、リフレ ブルーベリー&ルテインを試してみたところ、症状が軽減しました。継続して飲み続けたいと思います。

視界がクリア 朝起きた時や夕方の視界のぼやけが気になっていましたが、こちらのサプリを飲むようになってから、視界がクリアになりました。

パソコンやスマホを見るのが楽 長時間のパソコン作業やスマホ使用時の目の負担が減ったと感じます。仕事や勉強に集中しやすくなりました。

ドライアイが改善 以前は目が乾きやすかったのですが、リフレ ブルーベリー&ルテインを摂取するようになってから、ドライアイの症状が和らぎました。

目の充血が減った 目の充血が減少し、見た目もスッキリしています。毎日のルーチンに加えてよかったです。

寝つきが良くなった 目の疲れが軽減されることで、夜の寝つきも良くなったと感じます。質の良い睡眠が取れるようになりました。

そのほかには以下のような 口コミ レビューもありました。

  • 目の疲れが和らいだ
  • 飛蚊症が気にならなくなった
  • 視界が鮮明になった
  • パソコンやスマホの画面を見るのが楽になった
  • ドライアイが改善された
  • 目の充血が減少した
  • 寝つきが良くなった
  • 効果を感じるまで時間がかかった
  • 価格が高め
  • 粒が大きい
  • 副作用があった

デメリット

効果を実感するのに時間がかかった 最初はあまり変化を感じませんでしたが、1ヶ月ほど続けてみたところ、徐々に効果を実感できました。時間をかけてじっくり試すことが大切です。

価格が高い 効果には満足していますが、もう少し価格が手頃だと助かります。とはいえ、目の健康を考えると続ける価値はあると思います。

粒が大きい 粒の大きさが気になる方もいるかもしれませんが、水と一緒に飲めば問題ありません。少し飲みづらいかもしれませんが、効果を感じるので続けています。

副作用があった 個人的には体に合わなかったのか、少し胃がムカムカしました。合う合わないがあるようですので、試してみて体に合うか確認することをおすすめします。

デメリットでは他に以下のようなものもありました。

  • 効果を感じられなかった
  • 効果を実感するためには継続が必要
  • 目の疲れが深刻な場合には効果が見られなかった
  • 目の病気が治るわけではない

疲れ目による症状

不快な症状がずっと続いており、病院を受診をしてもなかなか症状が改善しない場合、疲れ目が原因だっという人が増えています。

  • 目の痛み:目の周りが痛む、目の奥が痛む
  • 視力の低下:視界がぼやける、ピントが合わない
  • 目の乾き:ドライアイ、目が乾燥して痛い
  • 目の疲れ:目が重く感じる、まぶたが重い
  • 頭痛:目の疲れから頭痛が生じることもあります

現代人の目が疲れる理由

  1. デジタルデバイスの長時間使用
    • スクリーンタイムの増加:パソコン、スマートフォン、タブレットなどのデジタルデバイスを長時間使用することにより、目に負担がかかりやすくなります。
    • ブルーライトの影響:デバイスのディスプレイから発せられるブルーライトは、目の疲れを引き起こし、睡眠の質にも悪影響を与える可能性があります。
  2. 集中作業や読書
    • ピント調節の負担:近くのものを長時間見続けると、目の筋肉に負担がかかり、ピント調節が難しくなります。
    • 休憩不足:適度な休憩を取らないと、目の疲れが蓄積します。
  3. 環境要因
    • 照明:不適切な照明や明るすぎる光源の下で作業すると、目にストレスがかかります。
    • 乾燥した空気:空調や暖房により、空気が乾燥し、目の表面が乾きやすくなります。
  4. 視力の問題
    • 未矯正の視力:適切な視力矯正がされていない場合、目の疲れが増します。
    • 老眼や乱視:これらの視力異常が原因で、目の疲れが生じることがあります。
  5. 全身の健康状態
    • ストレス:精神的なストレスが目の疲れを悪化させることがあります。
    • 睡眠不足:十分な睡眠を取らないと、目の回復が不十分になります。

現代人の疲れ目の症状や原因にあてはまる方は、目にたっぷりの栄養を届けることが必要です。

ブルーベリーとルテインが目に効く理由

ブルーベリールテインは、目の健康をサポートする成分として広く知られています。それぞれの成分が目に効果的である理由について詳しく見ていきましょう。

ブルーベリー

ブルーベリーには、アントシアニンと呼ばれる色素成分が豊富に含まれています。この成分が目に与える効果は以下の通りです:

  1. 抗酸化作用
    • 活性酸素の除去:アントシアニンは強力な抗酸化作用を持ち、目の細胞を酸化ストレスから保護します。これにより、眼精疲労や加齢黄斑変性症(AMD)などの目の疾患のリスクを減らします 。
  2. 血流改善
    • 毛細血管の強化:アントシアニンは目の周りの毛細血管の健康を維持し、血流を改善することで、目の酸素供給と栄養補給を助けます。これにより、目の疲れが軽減され、視力の維持に寄与します 。
  3. ロドプシンの再合成促進
    • 視覚機能のサポート:アントシアニンは、目の網膜にある視覚色素ロドプシンの再合成を促進します。ロドプシンは暗所での視覚に必要な成分で、これが効率よく再合成されることで、暗所での視力向上や視覚疲労の軽減が期待されます 。

ルテイン

ルテインは、黄斑や水晶体に存在するカロテノイドの一種です。以下のように目の健康に重要な役割を果たします:

  1. ブルーライト吸収
    • 光フィルター効果:ルテインは、目の網膜に蓄積し、ブルーライト(青色光)を吸収することで、光による酸化ストレスを軽減します。これにより、デジタルデバイス使用による眼精疲労や光障害を防ぐ効果があります 。

リフレ ブルーベリー&ルテイン 口コミ 生の声

リフレ ブルーベリー&ルテイン  通販

口コミ レビュー

アサイベリー 白内障

アサイベリー プラチナアイ 白内障 によるまぶしさが軽減

アサイベリー プラチナアイ 白内障 によるまぶしさが軽減できたので紹介します。ふくふく本舗の アサイベリー プラチナアイ を飲んだら太陽がまぶしくて外にもでられなかったのに、今は、まぶしさの症状が消えて外にもでられるようになりました。

アサイベリー プラチナアイ 白内障

今から数年前に、眼科で白内障と診断され、その 1 年後ぐらいから、目のかすみが深刻化していきました。
目の前に白い膜やモヤがかかったような状態になって、解消しません。目の不自由は想像以上にストレスで困りました。四六時中、目のことが気がかりで大きなストレスとなってしまいました。

眼科医でまぶしくて困っていると言うと白内障が原因でまぶしさを感じる理由を言われましたが、根本的に治すには白内障の手術しかないと言われました。

眼の水晶体が濁るとこんなにもまぶしいのかと本当に困りました。この混濁により、光が水晶体を通過する際に散乱し、目の内部に均等に届かなくなります。結果として、光が乱反射しやすくなり、まぶしさを感じるのだそうです。

目をこすってみたり、何度もまばたきをしてみたり、時には水道で目を洗ってみたこともありました。それこそ、目薬は相当試しました。
以前に疲れ目でこんな感じになったことがあったので治るかもしれない?と思ったからです。

 

テレビドラマを見ているときには、字幕が二重にぼやけてしまいます。これでは大好きな韓流ドラマも、落ち着いて楽しめません。

 

また去年からコロナの感染者数をニュース速報で流れるので見るのですが、6なのか9なのか3なのかがわかりません。また、5と3もよく間違えました。テレビの字幕を見るときにはとても疲れました。

外に出れば、日光がまぶしくて、サングラスが必需品になりました。夜は、車のライトや街灯がパーッと広がり、目に飛び込んできてつらいのです。眼科医には、「もう手術しかない」と診断され、翌年の1 月初旬に手術を受けることが決まっていました。

ところがその直後、目のかすみで足元がおぼつかない私は、公園で転んで左手首を骨折。白内障の手術は、骨折が治るまで延期になってしまいました。しかし、思い返せばこの骨折こそが一大転機だったのです。けがの功名とはこのことだと後になって感謝しています。

治療のために通っていた接骨院の待合室で、偶然手に取った雑誌で、「 アサイーベリー 」のことを知りました。何でもブルーベリーよりもアントシアニンというポリフェノールの量が多いのだそうです。

 

記事を読み終えた私は、この日をアサイーベリーに託してみようと心に決めました。アサイーベリー というのは、ベリーの種類なのだとわかりましたが、実際には詳しく知りませんでした。

 

それからは、奇跡が起こるとを信じて、朝・昼・晩と 1 日 3 回 アサイーベリー を飲み続けました。すると飲み始めて 2 ヶ月ぐらいしてからでしょうか。白い膜が消えて、クリアな視界が戻ったことに気付いたのです。このときは本当に驚きました。外に出てみてもまぶしくないので、これはホンモノだと思いました。

 

私が購入して白内障の手術を回避できた アサイベリーのサプリ ふくふく本舗 アサイベリープラチナアイ はこちら

 

アサイーベリーのサプリはさまざまありましたが、 ふくふく本舗 アサイベリープラチナアイ は3種類のベリーを配合しており、ブラジルの農務省規格で最もグレードの高いランクA の高品質で高濃度な アサイベリー のみが使用されているのがとても安心できました。

それからは、トントン拍子に目の調子がよくなっていきました。新聞は裸眼でも読めるようになり、細かい手作業を続けていても、目の疲れや目ヤニが出ることもなくなりました。

光のまぶしさまで和らいできて、サングラスは念のために携帯するだけ。テレビの字幕もはっきりとと見えて、毎日すがすがしい気持ちで過ごせます。
これでコロナの感染者数もはっきりと見えます。

いちばんの朗報は、白内障の手術が中止になったこと。しかも、眼科の検査では、視力が 0.06 から右 0.7 左 0.8 に上がっていたのです。アサイーベリーの実力は疑いの余地なしで、もし手元から切らしたら、心細くなるでしょう。最良の巡り合わせに感謝です。

アサイベリー プラチナアイが白内障に有効な理由

ふくふく本舗 アサイベリープラチナアイ

ふくふく本舗 アサイベリープラチナアイ

アサイベリー プラチナアイは、目の健康をサポートするために特定の栄養素が豊富に含まれたサプリメントです。これらの栄養素が白内障の予防や進行抑制にどのように役立つかについて説明します。

アサイベリー プラチナアイの主な栄養素とその効果

  1. アントシアニン
    • 抗酸化作用: アントシアニンは強力な抗酸化作用を持ち、活性酸素による眼球のダメージを防ぎます。白内障は活性酸素による水晶体の酸化が一因とされているため、アントシアニンは白内障の予防に効果が期待できます。
  2. ビタミンC
    • 抗酸化作用: ビタミンCは抗酸化作用を持ち、眼球の細胞を保護します。
    • コラーゲン生成促進: ビタミンCはコラーゲンの生成を促進し、水晶体の弾力性を維持する効果があります。これにより、白内障の進行を遅らせる可能性があります。
  3. ビタミンE
    • 抗酸化作用: ビタミンEも抗酸化作用を持ち、細胞膜を保護します。
    • 血流改善: ビタミンEは血流を改善し、眼球への栄養供給を促進します。これが白内障の予防に役立つ可能性があります。
  4. ルテインとゼアキサンチン
    • 黄斑色素の構成成分: これらのカロテノイドは、網膜の中心部にある黄斑に存在し、紫外線やブルーライトから目を保護します。
    • 白内障予防: 紫外線やブルーライトによるダメージが白内障の原因の一つと考えられているため、ルテインとゼアキサンチンの摂取は白内障の予防に効果が期待できます。

サプリメントの役割と限界

アサイベリー プラチナアイに含まれるこれらの栄養素は、白内障の予防や進行抑制に効果があるとされるものが多く含まれています。ただし、以下の点に注意が必要です。

  • 治療効果: すでに白内障を発症している場合、サプリメントの摂取だけでは治療はできません。白内障は進行性の病気であり、進行を止めるためには医療機関での適切な治療が必要です。
  • 科学的根拠: アサイベリー プラチナアイが白内障を治す効果があるという科学的な根拠は現在のところ十分ではありません。予防や進行抑制に寄与する可能性はありますが、確実な治療法としての効果は期待できません。

結論

アサイベリー プラチナアイは、目の健康をサポートするためのサプリメントであり、特に白内障の予防や進行抑制に効果が期待できる栄養素が豊富に含まれています。しかし、白内障を治すためには医療機関での適切な診断と治療が不可欠です。目の健康を維持するためには、バランスの取れた食事と健康的な生活習慣も重要です。

白内障に効く食事

サプリメント以外に白内障に必要な栄養をしっかり摂ることも重要です。白内障の予防や進行抑制に役立つ食事には、抗酸化作用のある栄養素や眼の健康をサポートする成分が豊富に含まれた食材を取り入れることが重要です。以下に、白内障に効果が期待できる栄養素とそれを多く含む食材を紹介します。

抗酸化ビタミン

ビタミンC

  • 効果: 抗酸化作用があり、水晶体の酸化ダメージを防ぎます。
  • 食品: 柑橘類(オレンジ、グレープフルーツ)、イチゴ、キウイ、ピーマン、ブロッコリー

ビタミンE

  • 効果: 細胞膜を保護し、血流を改善します。
  • 食品: ナッツ類(アーモンド、ヘーゼルナッツ)、種子(ひまわりの種)、ほうれん草、アボカド

2. カロテノイド

ルテインとゼアキサンチン

  • 効果: 黄斑色素を保護し、紫外線やブルーライトから目を守ります。
  • 食品: 緑黄色野菜(ケール、ほうれん草、ブロッコリー)、トウモロコシ、卵黄

3. オメガ-3脂肪酸

  • 効果: 眼球の健康をサポートし、炎症を抑える作用があります。
  • 食品: 魚(サーモン、マグロ、イワシ)、亜麻仁油、チアシード、クルミ

4. 亜鉛

  • 効果: 抗酸化酵素の活性化を助け、目の健康を保つ役割があります。
  • 食品: 肉類(牛肉、鶏肉)、シーフード(カキ、エビ)、豆類(ひよこ豆、レンズ豆)

5. アントシアニン

  • 効果: 強力な抗酸化作用があり、活性酸素による眼球のダメージを防ぎます。
  • 食品: ブルーベリー、ブラックベリー、クランベリー、アサイベリー

具体的な食事例

  • 朝食: オートミールにブルーベリーとアーモンドをトッピングし、オレンジジュースを添える。
  • 昼食: グリルチキンとほうれん草のサラダ(ドレッシングには亜麻仁油を使用)、サイドに蒸しブロッコリー。
  • 夕食: サーモンのグリル、サイドにローストアスパラガスとキノアサラダ(ケール、トウモロコシ、トマト入り)。
  • スナック: イチゴとヨーグルト、ひまわりの種やクルミのミックス。

生活習慣のアドバイス

  • バランスの取れた食事: 偏った食事ではなく、様々な栄養素をバランスよく摂取することが重要です。
  • 紫外線対策: 紫外線は白内障のリスクを高めるため、サングラスや帽子を使って目を保護しましょう。
  • 禁煙: 喫煙は白内障のリスクを高めるため、禁煙が推奨されます。
  • 定期的な眼科検診: 早期発見と適切な治療のために、定期的に眼科で検診を受けることが重要です。

白内障の進行を遅らせるためには、食事と生活習慣の改善が効果的です。しかし、既に白内障が進行している場合は、医療機関での適切な治療が必要です。

口コミ レビュー

サトウキビエキス 口コミ 黄斑変性 改善

サトウキビエキス 口コミ 黄斑変性 改善 糖尿病の合併症がよくなった

サトウキビエキス 口コミ 黄斑変性 改善 糖尿病の合併症がよくなったのでシェアします。糖尿病による黄斑変性症の合併症がよくなったので紹介します。糖尿病 から 黄斑変性になってしまいましたが 、サトウキビエキスのおかげで高血糖 が改善し視力も向上しました。

サトウキビエキス 口コミ 黄斑変性 改善

3年前にご主人を亡くしてから、しばらくしてすっかり体調がよくなり、積極的にボランティア活動ができるようになるまで元気になりました。特別養護老人ホームで食事事介助やレクリエーション活動のボランティアを行っています。人間っていつまで仕事ができるのが一番の幸せなんだなぁ~と噛みしめています。

2人の娘が嫁いでからは、夫と二人だけの生活でした。いざ夫が亡くなってみると、あまりにも喪失感が大きく、ふさぎ込む日々が続きました。しばらくの間、自宅に引きこもりがちで元気がでませんでした。運動不足のせいか、体のだるさを感じるようにもなりました。夫の存在の大きさをわかっていたつもりでしたが、それ以上に大きかったのだと思いました。

娘に相談したら、「私がいっしょに行ってあげるから病院に行こう」といわれました。初めは気が進まなかったのですが、娘がどうしてもと譲らないので、しぶしぶ病院に行くことになりました。

娘つき添いで総合病院の内科を受診し、血液検査で空腹時血糖値が150 mmdl 過去1~2ヶ月の平均血糖値を示すヘモグロビンA1Cが 6.5 と判明しました。

なんと糖尿病と診断されました。夫が定年退職してからは、健康診断を受ける機会がありませんでした。私は身長が 155 cmで、体重は 55 kg です。決して肥満ではなく、食生活も問題ないと思っていたので、糖尿病になるなんて夢にも思いませんでした。引きこもってばかりはいられないと奮起しました。

その後、近所に住む友人からすすめられた老人ホームのボランティア活動に参加しはじめ、人とのかかわりを持つようになってから、主人を亡くした喪失感はしだいに薄れていったように思います。人と接しているのが一番の癒やしだとあらためて感じました。

「体のだるさは残っていましたが、ボランティアで忙しくしていたおかげで、主人との思い出に浸ってばかりもいられなくなりました。

でも、1年くらい前から、ものがゆがんで見えたり、目が異常に疲れて痛みを伴ったりすることが頻繁に起こるようになりました。60歳を過ぎたころから老眼を自覚しはじめ、細かい字を見るときだけは老眼鏡を使うようになりました。

初めのうちは、老仙眠が進行しただけだと思っていました。めがねでも、眼鏡屋さんで新しい老眼鏡を作ろうとしたとき、店員さんから『年齢を考えると深刻な病気の危険性もある』と指摘され、専門的な検査を受けるようにすすめられました。眼鏡店の店員の言葉にしたがって5月に眼科を受診しました。

眼底検査の結果、左目が初期おの黄斑変性と判明。視力は、右目が0.8、左目は0.3まで低下しており、格子状の図を見る検査では中心あたりの直線がゆがんでいるだけでなく、全体的にかすんで見えました。まだ初期の段階とはいえ、黄斑変性には決定的な治療法がなく、点眼薬などによる対症療法を行っていくしかないという恐ろしい病気だと聞かされ、不安でたまりませんでした。

このときばかりは気分が滅入ってしまいました。心配した娘さんのご主人が黄斑変性に関する情報をインターネットなどで調べ、 サトウキビエキス サルパス の存在を知りました。

3ヶ月で左目の視力が0.3から0.5に向上、黄斑部のむくみも軽快

サトウキビエキス サルパス を早速、朝・昼・晩の食後に1粒ずつ、1日計3粒飲みはじめました。すると1ヶ月ほどたった頃から倦怠感が少しずつ解消され、体が軽くなっているように感じられました。

老人ホームでのボランティア活動は入所者の介護などでかなりの重労働でした。でも、サトウキビエキスを飲みはじめてからは、疲れが翌日に残りにくくなり、車イスの入所者と散歩に出かけるとこれまでになかった爽カl快感が得られるようになりました。

3ヶ月後内科の検査を受けたところ、空腹時血糖値が210ミリ、ヘモグロビンA1Cが5.9まで低下していることが判明。さらに、視界のゆがみがかなり治まったことを実感し、目の疲れや痛みも和らいできました。「眼科の定期検査では、左目の視力が0.5まで改善されていました。

「黄斑部のむくみもだいぶ軽くなっている」と言われました。血糖値はまだ基準値域内まで改善していませんが、最近は疲れを感じることもほとんどありません。

これまで以上にボランティアの活動に積極的に取り組むことができ、心底喜びと生きがいを感じられるようになりました。血糖値を基準値域内まで下げることがいまの目標です。これからも、黄斑変性で失明しないように、サトウキビエキスを地道に飲みつづけていきます。

サトウキビエキスは高血糖・脂質異常を改善し糖尿病網膜症・黄斑変性の視力も改善

生活習慣病の中でも、さまざまな合併症を引き起こすことで知られているのが糖尿病です。最近では、糖尿病の方がアルツハイマー病になる危険性が通常の人と比べて2倍も高いことから、アルツハイマー病は「脳の糖尿病」ともいわれています。

さらに、アルツハイマー病の原因物質である異常たんぱく質が目の網膜にも蓄積することが判明し、緑内障や黄斑変性、網膜症などの網膜疾患の危険困子の1つではないかと指摘されています。糖尿病は、血液に含まれるブドウ糖の濃度(血糖値) が過剰になる病気です。糖尿病の影響で全身の血管が徐々に傷むようになります。特に、神経・目の網膜・腎臓など、毛細血管が多く張りめぐらされた器官ほど大な影響を受けます。その結果として起こる糖尿病神経障害・糖尿病網膜症・糖尿病腎症は、「糖尿病の3大合併症」と呼ばれています。

いずれの合併症も生命を脅かす危険のある病気ですが、とりわけ糖尿病網膜症は失明のおそれがあることから非常にリスクの高い合併症です。糖尿病網膜症は、はうっておけば失明に直結する恐ろしい病気です。しかし、発症したとたんに失明するわけではありません。糖尿病網膜症の進行は、網膜の状態や症状によって、初期・中期・末期の3段階に分けられます。

初期は「単純網膜症」といって、網膜にある細い血管の壁が盛り上がって膨らんだり、少量の眼底出血が起こつたりします。自覚症状はほとんどありませんが、この段階で血糖値をきちんと管理し、基準値域内まで低下させれば、高い確率で改善が望めます。

中期は「前増殖網膜症」といいます。初期に比べて動脈硬化(血管の老化) が進み、網膜に酸素や栄養が行き渡りにくくなります。目のかすみや疲れを感じる時間が多くなる一方で自覚症状が全くない人もいます。この段階では、網膜凝固光術という治療を行うことで、改善する見込みがあります。

末期は「増殖網膜症」といいます。動脈硬化が進むと、血管の機能を補うため、本来の血管とは別の新生血管が作られて網しようしたい膜や硝子体まで伸びていきます。しかし、新生血管は非常にもろく、簡単に被れてしまいます。出血の量が多くなると、視力が急激に低下してしまいます。

末期の段階では、いくら血糖値をコントロールしても、進行を止めることはできません。視力を回復させるためには手術を選択するしかありませんが、それでも回復せず、失明にに至る方が多いのです。高血糖の状態が続いて起こる眼病は、糖尿病網膜症や黄斑変性だけではありません。

なかでも白内障は年を取るにしたがって発症しやすくなる病気で、すいしようたい「水晶体」というレンズの役割を果たす、本来は透明な組織が白くにごりだし、目がかすんだり、光が乱反射してまぶしく感じられたりするようになります。食生活やここまでくると、運動などの生活改善を試みても、血糖値のコントロールが難しく、有効な対策が得られないケースが多く見られます。

サトウキビエキス サルパスについて

医師が開発!サトウキビから特殊な技術で抽出された食物繊維たっぷりのイヌリンが主成分。純度の高いイヌリンに、酒酵母とコメ由来の植物性乳酸菌を加え、吸収率アップ。糖や脂肪が気になる方、目の不調に悩む阿多におすすめの食品。

メーカー商品名
サルパス
内容量
300mg×90粒
主要原材料
イヌリン(食物繊維)、酵母(SAMe含有)、植物性乳酸菌(殺菌)、デキストリン、粉末セルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素
栄養成分表示
 (1粒当り)エネルギー1.17kcal、タンパク質0.04g、脂質0.01g、炭水化物0.20g、食塩相当量0.004g
【目安量】 1日3粒

サトウキビエキス サルパス

口コミ レビュー