視野がゆがむ黄斑変性症は網膜を修復する亜鉛の補給が大事!粉茶で摂る

野菜不足は血管が破れるリスク大


毎朝出る出る!

誰でも加齢により目のトラブルや病気を避けることができません。中でも最近、日本人に急増している目の病気が「黄斑変性症」です。

黄斑変性症にかかると物をみるために最も重要な目の網膜(カメラで例えるとフィルム)の黄斑部に障害起こり、物がゆがんで見えたり、視力が急激に落ちたりします。

最悪の場合は 失明する危険さえあるのです。もともと欧米では黄斑変性症が多く見られ、中途失明を招く原因の第1位を占めています。一方、日本では1960年代(昭和35~44年)まで黄斑変性症の方はほとんど見られませんでした。

しかし、1970年代(昭和45〜54年)に入ると、患者数が圧倒的に増えてきました。これはなぜでしょうか。

黄斑変性症の原因については十分に解明されていませんが、網膜の細胞の老化や、活性酸素の影響が考えられています。くわしく説明していきましょう。

1970年代に入ると、日本人は脂肪の多い肉類、味の濃い加工食品、甘い物などをよくとるようになり、野菜や果物、海藻をあまり食べなくなりました。いわゆる、「食の欧米化」です。
すると、目の健康を守るために必要なビタミンやミネラル(無機栄養素)が不足し、体内の活性酸素を増やしてしまうのです。また、喫煙や夜更かし、運動不足、ストレスも、体内の活性酸素を増やす一因となります。

そもそも、紫外線を直接受ける網膜や水晶体は、活性酸素が大量に発生しやすい部位。網膜の活性酸素が増えると、細胞が傷ついて栄養の受け渡しや老廃物の排出がうまく行われなくなります。そこで、新陳代謝を促すために新生血管ができるのです。しかし、急ごしらえの新生血管は破れやすいため、出血して黄斑変性症を招くというわけです。

さらに、活性酸素には動脈硬化を引き起こす性質があります。もともと破れやすい新生血管が動脈硬化でさらにもろくなれば、出血する危険も大きくなります。このように、黄斑変性症は、活性酸素と深い関係があるのです。

予防には亜鉛が有効

本来、活性酸素の害は、抗酸化力に優れたビタミンやミネラルを摂取すれば、問題なく防げるものです。ところが、食生活の欧米化に加え、栄養が偏った加工食品の摂取量が増えた結果、昔に比べてビタミンやミネラルの摂取量が不足しがちです。

とりわけ、問題視しているのは、ミネラルの一種である亜鉛の不足。実をいうと、加工食品に大量に使われている食品添加物の中には、体内で亜鉛の吸収を妨げるものが少なくないのです。

亜鉛が体内に取り込まれると、さまざまな酵素のはたきを活発にしたり、細胞分裂や新陳代謝を促したり、アルコールを分解したり、活性酸素を消去したりします。

中でも注目したいのは、亜鉛の優れた抗酸化力(です。亜鉛は、体内のSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)という酵素の働きを活発にするため、ミネラルの中でも特に強い捻酸化力を持っています。

亜鉛が黄斑変性症の予防に役立つことは、研究結果から丸明らかです。例えば、米国でル3640 人の対象者を2つのガループに分け、片方のグループにビタミン数種類と亜鉛をとってもらう臨床試験が、6年にふたって行われました。

すると、ビタミンと亜鉛をとったグループは、とっていないグループに比べて、黄斑変性症の発症率が低く抑えられていたのです。

亜鉛の1日当たりの目安量は、男性で9 mg、女性で7 mgです。亜鉛は、ウナギや貝のカキ、卵黄、豚レバー、牛肉、きな粉、ゴマ、緑茶などに多く含まれています。こうした食品を、ふだんから積極的にとるようにしてください。

このうち、最も手軽に亜鉛を補えるのは緑茶でしょう。ただし、煎じて飲むと茶ガラに多くの亜鉛が残ってしまうので、茶葉を丸ごととれる抹茶や粉茶を利用するのがおすすめ。最近はスーパーでも粉茶が売られており、お湯に溶かして1日2杯も飲めば、亜鉛の摂取基準量を十分に補えます。
緑茶の詳しい効能はこちら。


毎朝出る出る!

ただし、亜鉛が豊富に含まれる食品を多食したからといって、すでに発病した黄斑変性症が治るとは限りません。あくまで、予防の一助として役立ててください。

にきび、風邪、糖尿病、老化防止まで、現代人が必要とするミネラル「亜鉛」 | パワー

1 thought on “視野がゆがむ黄斑変性症は網膜を修復する亜鉛の補給が大事!粉茶で摂る

  1. ピンバック: よく歩く人ほど黄斑変性症になりにくい | 眼病・目の不快症状を改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください