セロリ」タグアーカイブ

焼きセロリでビタミンB2を摂取して眼精疲労、ドライアイを防ぐ

嫌いな野菜の定番に「セロリ」があります。しかし、セロリは栄養豊富な野菜。「嫌い」「苦手」などといわずに、どんどん食べてほしい食材です。最初は、嫌いでもだんだん好きになる場合もあり、嫌いだったことが嘘のように好きになる場合もあるので、食べず嫌いにならないでほしいものです。

セロリはビタミンBl、B2が豊富です。ビタミンBl、B2が不足すると、むくみ、倦怠感、口内炎、食欲不振などの原因となります。特にビタミンB2は、目の健康維持に必要不可欠な栄養素です。
目の悩みがある場合には、積極的に食べていただきたい野菜です。

そのほか、ビタミンB2は肌を健やかに保ち、代謝を促進して体脂肪の蓄積を防ぐ効果もあります。若々しい肌と太りにくい体をつくつてくれる、美容と健康の両方に効果のある野菜といってもいいでしょう。
口内炎などの粘膜などのトラブルに「チョコラBB」を飲む人も多いですが、ビタミンB2を補給することで肌や粘膜が改善します。

セロリが苦手とする理由として、独特な香りと歯ざわりをあげる人が多いようです。しかし、セロリのあの特有の香りには、高い健康効果が隠されています。
それにあの香りが好きだという人も多いのです。セロリの香り成分のひとつであるピラジンは、心筋梗塞や脳梗塞の原因となる血栓をつくりにくくする働きを持っています。
青背の魚に多く含まれるEPAと同じ働きです。高脂血症になると血液中にコレステロールや中性仙脂肪が増え、血液は粘りをを持ったドロドロの状態になってしまいます。こうした状態が長くつづくと、血管内に血栓ができて血管が詰まってしまうのですが、ピラジンは血液をサラサラにすることで血栓を未然に防ぐのです。

また、セロリを焼くと、ポリフェノールの一種であるフェノールカルポン酸が発生します。フェノールカルポン酸は強い抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑えて動脈硬化やガンを予防してくれます。
セロリは生で食べるイメージがある人もいますが、「焼きセロリ」にすると、

  1. 水分が飛んでかさが減るのでたくさん食べられる
  2. 舌ざわりがやわらかくなって食べやすい
  3. ピラジンの効果がアップする
  4. フェノールカルポン酸が生成される

といったメリットがあります。焼きセロリを食べるときは、熱に弱いビタミンCを強化するために、レモン汁をかけて食べれば最高です。さわやかな香りがプラスされるだけでなく抗酸化作用は、さらにアップします。

焼きセロリの食べ方を紹介します。
まず、セロリは、水洗いし、表面の水分をふき取った後に4~5cm長さに切ります。厚い部分は、薄切りにして厚みを均等にします。焼き網でセロリを焼きます。焦げやすいので弱火です。軽く焼き目が付けばいいでしょう。
オーブントースターでも焼けます。食べる直前にレモンをかけて完成です。これで熱によって失われたビタミンCも強化できます。

簡単にセロリの情報を。セロリは、春が旬の野菜です。茎が太くて肉厚、内側のくぼみが狭いもの。香りが強く葉が青々としていてパリッとしているものを選びます。押すとへこむようなものは、すが入っているので避避けます。
保存方法は、葉と茎に切り分け、葉はラップして立てたまま冷蔵庫で保存します。茎はコップに水を入れ、根元をさしておくといいでしょう。