月別アーカイブ: 2012年4月

自律神経を刺激する「爪もみ療法」

自律訓練法のやり方は、最初できるようになるまでに少し時間がかかりますが、慣れてくると疲れなどがすーっととれて心地よくなります。

今回紹介するのは、TVを見ながら…暇なときに…気軽にできるものです。やり方はとても簡単で爪の生え際の両角を反対側の親指と人差し指ではさみ、よく押し揉む、爪もみ療法です。実に簡単な動作ですが、これで自律神経が刺激されて整うのでしょうか。

疲れ目だけでなく体調不良なども改善することができるのがポイントです。

免疫力アップ

病気を防ぎ、病気になってしまった場合には、悪化を防ぐ作用を免疫といいます。免疫の主役をなすのは、血液中の白血球ですが爪もみ療法によって白血球が増加することが確認されています。

血流の改善

指先は心臓から離れた末端にあり、心臓から新鮮な血液を送り出す動脈と老廃物を乗せて戻る静脈をつなぐ重要な部分です。しかし、先に行くほど血管は細くなり、血液の流れが滞ってしまいがちです。爪もみ療法で指先を刺激することで、滞った血液の流れを促進することができます。

自律神経調整

爪の生え際には神経繊維が密集しているので、刺激するとすぐにその刺激が自律神経の末端に伝わります。ツボ治療と同様に爪の生え際を刺激することで特定の臓器に働きかけることができます。
爪もみ療法は、薬指以外の爪の生え際を左右からつまんで10回、ゆっくりともみほぐします。左右両方の手の指をほぐしますが、交感神経に関する薬指だけは刺激を避けます。

自律訓練法のやり方

ドイツの精神医学者シュルツ氏が考案した「自律訓練法」は7つの「公式」で構成されています。自己暗示をかけて自律神経のバランスを整えることを目的としています。
通常は、医師の指導のものとに行いますが、自力で行うことも可能です。夜、眠れない、イライラする…といった症状がある人は是非行ってみましょう!

自分自身で行う場合は、「公式2」まで行います。心の安定した状態を「公式0」とし、「公式1」、「両手、両足が重くなる」「公式2」、「両手、両足があたたかくなる」と順番に暗示をかけていくことで意識的に副交感神経の働きを高め、自律神経のバランスを整えることができます。
暗示を終えたら、消去動作(催眠状態から目覚めるための動作」を必ず行います。

最初は思い通りにいきませんし、ややこしいように感じますが、「自律訓練法」は注意力や集中力をアップさせる効果もあり、慣れてくると短時間で行うことができるようになります。

自律神経法の公式

  • 公式0…気持ちがとても落ち着いている
  • 公式1…両手、両足がとても重い
  • 公式2…両手、両足がとてもあたたかい
  • 公式3…心臓が規則正しく打っている
  • 公式4…楽に呼吸ができる
  • 公式5…腹部がとても温かい
  • 公式6…ひたいが涼しく気持ちいい

自律訓練法のやりかた

  1. 〔基本姿勢をとる〕全身の力を抜き、イスに深めに腰掛ける。両足は床につけて膝はにぎりこぶしひとつ分を開き、両手は、自然に膝の上におく。指は軽く開いて目を閉じる。
  2. 〔訓練を行う〕まず右手に意識を集中し、「左手が重い」と心の中で繰り返します。右手が重く感じられたら左手→左足→右手→右足の順に行う(公式1)。同様に公式2に進み全身が温かくなったら3の解除を行う。
  3. 〔解除を行う〕両手を3回ゆっくりにぎって開いたら腕を曲げながら力を入れる。両手を握りしめて深く曲げ、力を抜きながら両腕をゆっくり前にのばす。両手を上に伸ばして足のつま先まで力を入れ伸びをするように深呼吸する。