眼精疲労・ドライアイに効果(にんじん)

ニンジンの赤い色の色素である「βカロテン」こそ、ニンジンの効能の中核をなす成分が含まれているところです。βカロテンは体内に入るとビタミンA に変化し、疲れ目のほか、便秘、貧血、骨租紫症などの予防・改善に効果を発揮します。

また、ビタミンAは肌の弾力を高め、肌を若々しく保つ作用があります。美容と健康の両方に効果的な野菜ですから、特に女性には積極的にニンジンを食べてほしいものです。
にんじんの栄養素をしっかり摂取できるレシピを1つ紹介します。にんじんは、どんな料理にも合うので、積極的に摂取しましょう。

  • ニンジンのベベロンチーノ
  • ニンジンを抽で妙めると、脂溶性のカロテンの吸収率が10% から80% にアップ。効率的にカロテンを摂取できるレシピです。

材料は
ニンジン…2本
にんにく…1かけ
赤唐辛子…1本
オリーブオイル…大さじ1
ベーコン…3枚
塩・コショウ…適宜
松の実・バジル…少々
です。パスタのペペロンチーノの麺をにんじんで代用するものです。

  1. にんじんは長めの千切りにする。にんにくはたたき、とうがらしはへたと種をとる。ベーコンは5mm幅に切る。
  2. オリーブオイルを引いたフライパンでとうがらしとにんにくを弱火でゆっくり炒める。
  3. フライパンにベーコンとにんじんを入れ、しんなりするまで炒めます。塩・コショウで味をととのえます。
  4. お皿にグリーンリーフを敷き、その上に盛りつけて完成です。松の実とバジルを飾ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください