月別アーカイブ: 2021年4月

中国秘伝 の 「目の3点ツボ刺激」 に学ぶ 飛蚊症 改善法

目を酷使している人 ある程度の年齢になればどうしても 飛蚊症 はある程度は避けられない症状です。心配のない中国秘伝 の 「 目の3点ツボ刺激 」 で治るケースもあります。

飛蚊症 には次のような3種類があります。

中国秘伝 の 「 目の3点ツボ刺激 」

中国秘伝 の 「 目の3点ツボ刺激 」

  1. 生理的なもの 生まれつきのもので誰でもある程度は感じる。一度、気が付くと気になってしまうももであるが、特別心配する必要のないもの。
  2. 老化によるもの 加齢による硝子体の変化が原因。60歳代のほぼ半数、70歳代ともなれば大半の人に生じるもので心配無用。
  3. 病的な飛蚊症 網膜からの出血が眼底に及んだもの(硝子体出血)やブドウ膜炎など剥離になって視力を失うおそれがあるので要注意。

飛蚊症のほとんどが1か2ですが、念のため眼科医で検査を受け、3の病的な 飛蚊症 でないのであれば、 「 目のツボ刺激 」 を実践してみるといいでしょう。1や2のような 飛蚊症 の場合、これといった治療法がありませんが、ツボ刺激で改善する場合が多々あります。

中国秘伝 の 「目の3点ツボ刺激」

やりすぎは禁物ですので注意します。

四白(しはく)

両手の人差し指と中指をそろえて小鼻の両脇に当てて中指だけをはなす。そのまま少し力を入れて1分押す。

攅竹(さんちく)

両手の親指の腹を攅竹(さんちく)のツボに当てて残りの指は頭に当てる。そのまま少し力を入れて1分押す。

太陽(たいよう)

両手の親指の腹を左右のこめかみ(太陽)にあて、残りの指は頭に当てるそのまま力を入れて1分押す。

目にも大変!花粉症症状

目にも大変!花粉症症状 春といえば「心浮き立つ季節」というのは昔の話で、近ごろは春の訪れを憂うつに感じるかたのほうが多いのではないでしょうか?
そう、春といえば、いまや国民病ともいえる「花粉症の季節」です。目のかゆみ、充血、涙、鼻水、くしゃみと、花粉症の症状は実につらいもので、仕事や日常生活に支障が出るほどです。人々を悩ますこの花粉症は、ひと言でいうと「体の免疫異常」です。

目にも大変!花粉症症状

目にも大変!花粉症症状

体には、ウイルスや細菌などの外敵から身を守る「免疫システム」が備わっています。これは体内に侵入した外敵を撃退するシステムで、体が本来持っている自然治癒力といっていいでしょう。

花粉症の場合、本来、敵ではない花粉を敵とみなして免疫システムが作動するために、不快な症状に悩まされてしまうのです。免疫システムには腸が大きく関与しています。

小腸は真っ先に外敵に反応を示す免疫活性臓器で、大勝内の悪玉菌・善玉菌のパワーバランスによって免疫細胞の活動が左右されます。つまり、腸内の環境を整えて免疫システムを正常化すれば、花粉症の症状は改善ができるのです。

腸内環境を整えるヨーグルト

腸内環境を整えるヨーグルト

腸内環境を整える 乳酸菌 を豊富に含む食品といえば、「 ヨーグルト 」です。実際に、免疫システムの異常が原因である 花粉症 や アトピー性皮膚炎 の症状が、 ヨーグルト を食べることでだいぶ改善されたという事例報告があります。

腸を元気にするヨーグルト は、とても参考になるので一度ご覧ください。

さて、巷には菌種・菌株が異なる多種多様な機能性ヨーグルトが存在します。人によって腸内細菌の構成も違いますから、いろいろなタイプを試してぴつたり合うヨーグルトを探してください。
そのヨーグルトが自分に合っているかどうかは、便で判断します。

黄褐色 で におい が少なく バナナ大 のサイズで適度な水分を含んだ便が出れば、そのヨーグルトとの愛称は抜群といえます。

朝昼晩のいつ食べてもよいのですが、便のもととなるものがおなかに入ったあと、すなわち食後にとるようにします。食事では ヨーグルト に含まれていない 食物繊維 と ビタミンC を補うために、いも類、海藻類、野菜・果物をとるように心がけましょう。

毎日200 g 以上を 10 日から 2 週間食べつづければ、便の様子から腸内環境の変化を知ることができます。ただし、アレルギー体質の改善のためには、長年にわたってつくられた抗体を下げるために長い時間が必要。最低でも 1 年は食べつづけてください。

また、下痢をしてしまう場合は、食べる量を減らしながら調整するといいでしょう。

目の血管を強化する成分がたっぷり入った 松の木エキス 「 ピクノジェノール 」 は近視~糖尿病網膜症までを改善

目の血管を強化する成分がたっぷり入った 松の木エキス 「 ピクノジェノール 」 は近視~糖尿病網膜症までを改善 目の病気やトラブルは、目の過剰な酷使や老化によって起こると考えられがちです。もちろんそういったケースも多々ありますしかし、必ずしもそうではありません。むしろ意外に多いのは、 糖尿病の合併症 として起こる病気です。糖尿病は 血管の病気 と言われるように太い動脈から細い静脈にまで病気を引き起こす恐ろしい合併症があります。

目の血管を強化する成分がたっぷり入った 松の木エキス 「 ピクノジェノール 」 は近視~糖尿病網膜症までを改善 フランス海岸松樹皮エキス

 

糖尿病による目の病気の中でも、特に深刻なのが 「 糖尿病網膜症 」 です。現在、日本人の中途失明の原因の 1 位は 緑内障 ですが、2位が 糖尿病網膜症 です。 糖尿病網膜症 は、網膜の血管の血行障害で起こります。

目の病気

目の病気

最初のうちは「単純網膜症」といって毛細血管にコプができ、比較的小さな出血を起こすだけです。
ところが、血管のつまりが進んでコ前増殖網膜症」という段階に入ると、網膜に酸素や栄養が十分に補給されなくなって、眼底に白斑が現れます。なんと、ここまでは、自覚症状はほとんどありません。

その後、網膜の血管の閉塞 がひどくなると、「増殖網膜症」といって、血流低下を補うために新生血管が現れる段階に入ります。新生血管は非常にもろいので破れると硝子体(目の中にあるゼリー状の組織)で出血を起こしたり、網膜にできた増殖膜が梢子体から引っばられることで網膜剥離を起こしたりします。この網膜剥離が、失明の原因になります。

早期に発見できれば失明は防げる

糖尿病網膜症がやっかいなのは、初期~中期段階では自覚症状がないため、発見が遅れて失明する人が非常に多いことです。
末期の増殖網膜症になった人の6割は、定期健診を受ける機会の少ない自営業や主婦の人です。糖尿病網膜症を早期に見つけるためには、糖尿病の人は定期的に眼底検査を受けることが肝心。また、糖尿病が原因であることから、血糖値を適切にコントロールすることも忘れてはなりません。

初期の単純網膜症の段階なら食事療法・運動療法・薬物療法・血糖コントロールで病気を抑えられますが、前増増殖網膜症や増殖網膜症に進行した場合、眼科でレーザー治療や僻子体手術が必要になることとがあります。

網膜症の方の視力が回復

そうした中、糖尿病網膜症をはじめとする目の病気の改善に役立つ食品が注目を集めています。それは、フランスの特定の地域に自生する海岸松の樹皮から抽出された「松の木エキス」(ピクノジェノール)です。

松の木エキス 「 ピクノジェノール 」 には、40種類以上もの ポリフェノール が豊富に含まれています。そして、その働きにより、 ビタミンC や ビタミンE より強い抗酸化力があることで知られています。

松の木エキス 「 ピクノジェノール 」 の 糖尿病網膜症 に対する働きについては、さまざまな研究でも明らかです。その 1 つとして、1988年にドイツで行われた調査です。

この調査では、 糖尿病網膜症 の患者さん 1169 人に 6 ヶ月間、松の木エキス 「 ピクノジェノール 」 をとってもらい、視力低下が防げるかどうかを検証しました。

その結果、松の木エキス 「 ピクノジェノール 」 をとったグループの視力の平均値は低下することなく、有意に向上が認められたのです。反対に、 松の木エキス 「 ピクノジェノール 」 が含まれない偽薬をとったグループの視力の平均値は、低下する一方でした。

こうした研究結果から、松の木エキスには糖尿病網膜症の進行を防いで、症状を改善する働きが期待できるといえるでしょう。

では、松の木エキス 「 ピクノジェノール 」 は、どのように働いているのでしょうか?

その第一として、損傷した目の毛細血管を修復する働きがあげられます。

松の木エキス 「 ピクノジェノール 」 は、毛細血管の血管壁を構成するコラーゲン、エラスチンと結合しやすい性質があります。

そのため、 松の木エキス 「 ピクノジェノール 」 をとると、衰えた毛細血管が素早く修復され、傷がふさがれるのです。この点については、 糖尿病網膜症 の患者さんを対象にした臨床試験でも証明されています。

第二は、血管を強めたり広げたりする働きです。

松の木エキス 「 ピクノジェノール 」 をとれば、血流が増え、網膜のすみずみの細胞に酸素や栄養が行き渡ると考えられます。すると、新生血管が現れにくくなるため、糖尿病嗣膜症の改善に役立つはずです。

さらに松の木エキスには、前にも述べた抗酸化作用、抗炎症作用のほかに、血小板の凝集抑制作用などの働きがあります。これらが相乗的に働くことで、糖尿病網膜症をはじめとする目の病気ばかりか、近視や老眼による視力低下の予防・改善の一助になると私は考えています。
実際、松の木エキスを目の健康維持に役立てている人はたくさんいます。

松の木エキス 「 ピクノジェノール 」 は、フランスでは医薬品として用いられていますが、日本では サプリメント として入手できます。最近では、松の木エキス 「 ピクノジェノール 」 に ルテイン や アスタキサンチン といった、目にいい栄養を配合した食品も市販されているので、そうしたものを加利用してもいいでしょう。

松の木エキスの効能、効果のまとめ

フランス海外松から抽出される成分。松の木エキス 「 ピクノジェノール 」 は、フランスの南西部の海岸に生育するフランス海岸松の樹皮から抽出されたエキスのこと。天然の樹皮から抽出されているので、安全性は極めて高い。

松の木エキス 「 ピクノジェノール 」 には、40種類以上のポリフェノールが含まれていることがわかっている。そのため、抗酸化力が極めて高く、ビタミンCやどタミンEより強力であると、注目を集めている。
ピクノジェノール で目の血管を強化する。

関連ページ:
糖尿病による目の病気