目にも大変!花粉症症状

春といえば「心浮き立つ季節」というのは昔の話で、近ごろは春の訪れを憂うつに感じるかたのほうが多いのではないでしょうか?
そう、春といえば、いまや国民病ともいえる「花粉症の季節」です。目のかゆみ、充血、涙、鼻水、くしゃみと、花粉症の症状は実につらいもので、仕事や日常生活に支障が出るほどです。人々を悩ますこの花粉症は、ひと言でいうと「体の免疫異常」です。

体には、ウイルスや細菌などの外敵から身を守る「免疫システム」が備わっています。これは体内に侵入した外敵を撃退するシステムで、体が本来持っている自然治癒力といっていいでしょう。花粉症の場合、本来、敵ではない花粉を敵とみなして免疫システムが作動するために、不快な症状に悩まされてしまうのです。免疫システムには腸が大きく関与しています。小腸は真っ先に外敵に反応を示す免疫活性臓器で、大勝内の悪玉菌・善玉菌のパワーバランスによって免疫細胞の活動が左右されます。つまり、腸内の環境を整えて免疫システムを正常化すれば、花粉症の症状は改善ができるのです。

腸内環境を整える乳酸菌を豊富に含む食品といえば、「ヨーグルト」です。実際に、免疫システムの異常が原因である花粉症ヤアトピー性皮膚炎の症状が、ヨーグルトを食べることでだいぶ改善されたという事例報告があります。
腸を元気にするヨーグルトは、とても参考になるので一度ご覧ください。

さて、巷には菌種・菌株が異なる多種多様な機能性ヨーグルトが存在します。人によって腸内細菌の構成も違いますから、いろいろなタイプを試してぴつたり合うヨーグルトを探してください。
そのヨーグルトが自分に合っているかどうかは、便で判断します。

黄褐色でにおいが少なくバナナ大のサイズで適度な水分を含んだ便が出れば、そのヨーグルトとの愛称は抜群といえます。朝昼晩のいつ食べてもよいのですが、便のもととなるものがおなかに入ったあと、すなわち食後にとるようにします。食事ではヨーグルトに含まれていない食物繊維とビタミンCを補うために、いも類、海藻類、野菜・果物をとるように心がけましょう。

毎日200g以上を10日から2週間食べつづければ、便の様子から腸内環境の変化を知ることができます。ただし、アレルギー体質の改善のためには、長年にわたってつくられた抗体を下げるために長い時間が必要。最低でも1年は食べつづけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください