効果絶大の毒出しスープレシピ

毎日の暮らしの中で、知らず知らずのうちに体内に毒素をため込んでしまっています。こうした毒素によって引き起こされる不快症状は眼精疲労、充血といったアレルギーによる目のトラブルのほか、便秘、冷え性、肩こり、頭痛・腹痛・腰痛など、実に多岐にわたります。
また、放置していると高血圧、高血糖、動脈硬化などの病気に発展する危険もあるのです。人間の体は体内に侵入した毒素を排出するためにさまざまな反応を見せます。しかし、生体反応だけでは十分に毒素を捨て去ることができないことも多いので、解毒効果のある「毒出しスープ」によって、毒素排出を促します。
毒素をつかむ食材(タマネギ)、とじ込める食材(魅)、外に出す食材(ゴボウ) の3つの力で構成された「毒出しスープ」は、効果抜群。ぜひ、継続して召し上がってください。

材料(3食分)

  • 玉ねぎ…1個
  • ごぼう…1本
  • にんにく…1かげ
  • 昆布(小)…1~2枚
  • 麩…20g
  • 塩コショウ…少々
  • みそまたはカレー粉…少々
  • 好みでコリアンダー
  1. 麩以外の材料を入れ、水をひたひたになるまで入れ、5分煮る。
  2. 水で戻した麩を軽くしぼって水けをきり、鍋に入れる
  3. 塩・こしょうで味をととのえたらみそ(またはカレー粉)で味をつける。
  4. 1日2~3杯食べる。好みでコリアンダー(有害金属の排出を促す)を加えるとさらに効果的。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください