半身浴で毒素を排出し、疲れを解消する

入浴には、

  1. 温熱作用
  2. 水圧作用
  3. 浮力の作用
  4. リラックス効果

などがあり、水やお湯につかって病気を癒す物理療法は、ヒポクラテスの時代から行われてきた歴史ある治療法です。じょうずに入浴を利用すれば、アレルギーの原因になる過剰な水分や、不快症状を引き起こす老廃物を排出することができ、目の悩み・トラブルの改善につながります。当然、リラックス効果などから副交感神経優位になり目の緊張が和らぎます。

シャワーは皮膚表面の汚れを落とすだけで、体内の過剰な水分、老廃物、疲労物質などの「汚れ」はそのままですから、ゆっくりと湯ぶねにつかることがたいせつです。お湯の温度は体温よりやや高めの39度(±1虔) が最適。
熱いお湯では、緊張や興奮をもたらす交感神経が刺激され、ゆっくりのんびりと湯ぶねにつかることができません。体をあたため、血行を促進させるには「半身浴」がおすすめです。
あたたまった部分の血液が全身をめぐつて熱を運ぶので、上半身もしっかりあたたまります。入浴後は血液が濃縮されてドロドロになるので、血液をよい状態に保つため、水分を十分に補給してください。

半身浴のメリット

  • 半身浴は全身浴より水圧による負担が少ないので、高血圧の人にも適している。
  • 適温は39度(±1度)。長時間の入浴が可能。
  • 温熱効果が高い

半身浴は血管の詰まりに効果大 | 血管はもっと若返る
https://bloodvessel.biz/archives/55

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください