目の4大トラブル

近所の眼科医によると、ドライアイ、疲れ目(眼精疲労)の症状で受診する患者さんが急激に増加しているそうです。また、少し前までは、アレルギー性結膜炎というと、春先に患者さんが押し寄せるという傾向が、最近では、年中、いるそうです。

目の疲れというと、すぐに「パソコンや携帯電話の使いすぎ」が言われますが、目を弱める要因はそれだけではないといいます。
駅で切符を買う際にまずは路線図を見て、それから券売機で切符を購入するというような行動は、目を疲労させるのだそうです。
銀行のATMで目が疲れる人もいます。
さらに大気汚染、日々のストレスなどが加わるとさらに目の疲労はひどくなります。

目の4大トラブル

  どんな病気 なりやすい人 治療方法
緑内障 自覚症状があまりなく、知らない間に進行して失明に至ります。房水という眼球を循環する水の通り道が詰まったりして眼圧があがると視神経が少しずつ破壊され、目で見た情報が脳に伝わらなくなる。現在、日本人の失明になる原因の第一位。 肉親に緑内障患者が入る人。低血圧、高齢者、糖尿病患者、遠視の中高年女性 点眼薬や内服薬で眼圧は下がるが、レーザー光線を房水の出口に当てて、眼圧を下げる方法も。進行する場合は、手術。
白内障 目の中のレンズ(水晶体)の細胞の栄養バランスが悪くなり、白く濁ってくる。老化が主な原因となるが、先天的な場合や病気の合併症などが原因の場合も。世界的には、中途失明大位となっている。 高齢者、糖尿病患者、ステロイド剤を使用している人 点眼薬もあるが薬で進行を止めるのは困難で最終的には、手術が必要。手術の危険性は非常に低く、日帰り手術が可能な場合も。
黄斑変性症 欧米、日本で中途失明の主な原因のひとつ、「黄斑部」はものを見るときに大事な役割をする網膜の中心部。ここに老廃物がたまり、さらに血管がねじれたり出血したりすることでものが見えにくくなる。 60歳以上で男性に多い インターフェロンが効果的といわれているが、特効薬は今のところない。
網膜剥離 目の神経の膜(網膜)に穴があいて液化した硝子体が網膜の裏側に流れ込み、網膜が剥がれてしまう。人口頻度では0.01%の発症率だが進行が早く失明の場合もあるので注意が必要。 強度近視、肉親に網膜剥離経験者がいる、ボクサーなど頭に強い刺激を受ける頻度が高い人  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.