未分類」カテゴリーアーカイブ

老眼による疲れ目を最小限に抑える

最近は、老眼が現れる時期が以前よりも早くなっています。目にかかる負担をできるだけ抑えるようにします。

老眼になる時期は早まる傾向が…

ふつう老眼というと、40代以降にはじまる老化現象としての認識が一般的でした。
ところが、最近では30代の人でも老眼の症状が出る場合があります。遠視の場合はさらに早く、20代で老眼が出現することもあります。

日本人の寿命が延びたのに、老眼が現れる時期が早まる傾向にあるというのは、じつに皮肉なことでもあります。
老眼による疲れ目の被害を少しでも食い止めるには、視力の減退が老眼によるものかどうかを判断しなくてはなりません。
老化は年とともに必ず起こる症状ですが、進化を遅らせることはできてもくい止めたり、ということは不可能です。

老眼かな?と思ったらこんな対策を!

対策の基本は検査・矯正・規則正しい生活になります。30代後半になって視力の異常に気づいたら、まず眼科で正しい検査を行うようにしましょう。ここでは老眼と診断された場合には、医師のアドバイスに従って老眼鏡を作ります。老眼鏡を避ける人もいますが、見えづらさをがまんする生活は目に多大な負担をかけます。その結果、老化を進めてしまうのです。
老眼鏡の利用で、目の健康はもちろん、精神的にも健康に過ごすことが出来ます。
基本的な栄養・運動・休養といったバランスのとれた生活が大前提です。

あとは、目にいい成分としてアントシアニンというポリフェノールがありますが、ブルーベリーよりもたくさん含まれているのがアサイーベリーです。抗酸化物質は積極的に摂ったほうがいいでしょう。