コンタクトレンズの長所・短所(コンタクトレンズの基礎知識)

コンタクトレンズの長所・短所 について。コンタクトレンズはレンズの材質や装用スタイルによって様々なタイプに分かれます。目に直接入れるコンタクトレンズを安全に使うためには、やはりコンタクトレンズの知識が必須です。

コンタクトレンズにはハードとソフトがありますがその材質についての知識 コンタクトレンズの長所・短所

コンタクトレンズの長所・短所

コンタクトレンズの長所・短所

安全に使うためには正しい知識が大切

コンタクトレンズはレンズの材質や装用スタイルによって様々なタイプに分かれます。目に直接入れるコンタクトレンズを安全に使うためには、やはりコンタクトレンズの知識が必要です。
お店ですすめられたものをそのまま購入するだけでなく、使用する自分自身がきちんとした正しい知識を身につけましょう。

重要なのは、レンズですが、材質はソフトとハードががあります。一般的には、ハードはソフトに比べて装用感が劣るといいます。

ハードコンタクトレンズ ソフトコンタクトレンズの長所・短所

ハード
短所
酸素の透過性を高めたことにより、破損しやい、汚れがつきやすい。
長所
視力矯正の効果が高い
ソフト
短所
汚れやすく、破れやすい
長所
素材が柔らかいため装用感がいい



ソフトコンタクトレンズの特徴

ソフトコンタクトレンズは、直径 13~14 ㎜とやや大きめで角膜全体を覆います。柔らかい材質でできていて、水分を多く含んでいることが特徴。

そのため、水を介して酸素や栄養を補給することができる反面、汚れがつきやすく手入れを念入りに行う必要があります。正しい使い方をしないと眼病の原因になったり、コンタクトレンズトラブルに悩まされます。

ソフトコンタクトレンズは水分を含んだ柔らかい素材のプラスチックでできています。そのため、ハードコンタクトレンズと比べると装用した際の違和感が少ないという特徴があります。

また、直径はハードコンタクトレンズより大きいため、ずれにくいとされています。
比較的つけ心地がよいため、初めてコンタクトレンズをつける際は、ソフトコンタクトレンズの方が使いやすいかもしれません。

ソフトコンタクトレンズには乱視矯正用のレンズがありますが、乱視の程度によってはハードコンタクトレンズでないと矯正できない場合があります。

ハードコンタクトレンズの特徴

ハードコンタクトレンズは、直径 7.5 mmで角膜の直径よりもやや小さめです。ちょうど角膜上の涙にうかげたような状態になります。
ハードレンズの特徴は、視力矯正の効果が高い点です。強度の屈折異常をめがねで強引に矯正しようとすると、どうしても視野の歪みが生じてしまいますが、ハードレンズであれば違和感なく見ることが可能です。
材質にシリコン系樹脂とフッ素系樹脂を混ぜ、酸素透過性を高めているので、角膜の障害は、かなり減少しました。しかし、酸素透過性を高めたことが原因で破損しやすくなってしまいました。

ハードコンタクトレンズは水分を含まない硬い素材のプラスチックでできています。また、酸素透過性に優れていて、目に必要な酸素が届きやすいという特徴があります。レンズの直径はソフトコンタクトレンズよりも小さいです。

ソフトコンタクトレンズの場合は、1dayタイプ、2weekタイプなどがありますが、ハードコンタクトレンズは1枚のレンズの寿命が2~3年程度であり、比較的長いことが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください