ドライアイで受診するとこんな検査をする

ドライアイで気になったらまずは受診しましょう。ケアについて正しい方法を行うのが早い解決方法になります。

問診で生活環境と症状を知る

疲れ目や視力の低下などを訴えて病院を受診した場合まず行われるのが「問診」です。問診は、医師が患者の生活環境や自覚症状などについて質問をし、その回答からドライアイの可能性があるかどうかを判断するものです。もしも、現状で何らかの症状に困っている方は、眼科に行く前に

  • どのような自覚症状があるのか
  • どのような環境で目を使っているか

などについて整理しておくといいでしょう。

涙の分泌量を測る

ドライアイの検査で最も重要なのが、涙の基礎的分泌量の測定検査になります。一般的な検査は「シルマーテスト」と呼ばれるものです。まず下まぶたに長さ5cm幅0.7cmほどの細長い濾紙をはさみます。この状態でまぶたを閉じ、5分たったら濾紙にしみこんだ涙から涙量を計測します。

涙の質と量を調べる

シルマーテスト以外に涙量や涙質、目の表面のコンディションを調べる検査には次のようなものがあります。

ティアーメニスカス法 涙量を調べるために、フルオレセインという染料をたらし、下まぶたのふちにどれだけ涙が蓄えられているかを観察します。この検査は、分泌された涙が目の表面に広がる前にいったん下まぶたのふちにたまるという特徴を利用しています。
BUT 目に表面に広げられた涙が安定しているかどうかを調べるために、涙の膜を蛍光染料で染めて観察します。
角膜や結膜の検査 角膜や結膜の表面が傷ついていないかどうかの検査は、染料で染めて、生体顕微鏡で観察します。傷があるところは、染料で染まります。

ドライアイで受診するとこんな検査をする」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 目のトラブルが急増している現代 | 視力アップ、疲れ目、ドライアイを解消

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください