疲れ目の実態を知る」カテゴリーアーカイブ

疲れ目に影響のある習慣病

目に影響を与える生活習慣病については注意しなくてはなりません。最悪の場合、失明の危険もあります。

目に悪影響を与える3大生活習慣病

目に現れる様々な自覚症状は、目の病気を引き起こすもののほか、生活習慣病が影響している場合もあります。
疲れ目をきっかけに生活習慣病を疑う人はあまり多くないのですが、次に挙げる3つの習慣病は、視力の低下や失明など、目に深刻な影響を与えます。

高血圧

高血圧は、最高血圧(収縮期血圧)が160ミリHg、最低血圧(拡張期血圧)が95ミリHg以上の場合をいいます。高血圧状態が続くと、血管が硬くなって、ところどころに、くびれができたり、圧迫を受けて血行が悪くなり、酸素・栄養の補給が十分にできなくなります。
こうなると血管の壁が非常に弱くなり、特にダメージを受けやすい毛細血管が破れて出血を繰り返すようになります。
なお、高血圧症には、腎臓病など何らかの病気が原因で起こる物と原因となる病気がなくて起こるものの2つのタイプがあります。

動脈硬化

原因が特定できない高血圧状態が長く続くと、動脈硬化に発展することがあります。動脈硬化は全身に様々な障害を引き起こしますが、目にも深刻な影響を与えます。
高血圧気味の人で視力が低下したり、物がゆがんで見えたりするなどの自覚症状が現れた場合は、すぐに検査が必要ですが、なかには自覚症状がほどんど見られないタイプもあるので、血圧管理は重要です。

糖尿病

生活習慣病の中でも特に深刻な合併症を引き起こす危険があるのが糖尿病です。目に現れる合併症には、白内障や緑内障、眼筋まひなどがありますが、最も注意しなくてはいけないのが糖尿病性網膜症です。この病気は現在、成人の中途失明の第1位です。
この病気で怖いのは、糖尿病になってから7~10年くりあは自覚症状がありません。異常に気づくころには、失明の1歩手前というケースが非常に多いのです。
この3つの生活習慣病のほかにも、血液中のコレステロール量と中性脂肪量の異常が引き起こす高脂血症は、目に悪影響を与える動脈硬化を促進するということも忘れてはなりません。

高血圧
最高160ミリHg以上/最低95ミリHg以上…高血圧の定義
目の毛細血管に出血が起こると、網膜に血液のしみなどを作るため視力障害が現れる
動脈硬化
網膜の動脈が硬くなると静脈を圧迫して出血を起こす。出血が網膜全体で起こると、緑内障になったり、場合によっては失明にも
糖尿病
糖尿病特有の高血糖状態が続くと、毛細血管の流れが悪くなって詰まったり、異常な毛細血管が新たに作られるなどの変化が現れれる。これがやがて、毛細血管の出血や網膜剥離などを起こして、深刻な視力障害につながる。

疲れ目の症状と似ている目の病気

重大な目の病気が疲れ目の症状によってかすんでしまうケース。しっかり見極めることが大切です。

目の病気と区別する

見え方の異常や痛み、疲労などの自覚症状があれば、「疲れ目」と考えるのが一般的です。ところが治療が必要な目の病気の自覚症状と疲れ目の症状が酷似しているものがあります。疲れ目の症状と同じだから心配ない。と決めつけてしまうことは後々大変なことになる場合もあります。

30代~40代で気をつける4つの目の病気

30~40代の働き盛りの人が特に気をつけたい目の病気は

  • 白内障
  • 緑内障
  • 網膜剥離
  • 中心性網脈絡膜症

の4つです。

白内障の症状

白内障は、ものを見るときにレンズの役目をする水晶体が老化して、白く濁ってしまう病気です。
水晶体が濁りはじめると、目に入ってきた光情報が網膜に正しく届かなくなり、これがかすみ目や視力の低下、疲れ目を引き起こします。

緑内障の症状

緑内障は、網膜に集められた光情報を脳に伝える視神経が圧迫され、死んでしまう病気です。眼球の張りを保っている眼圧が高くなりすぎて起こるタイプと、眼圧が正常のまま起こるタイプの2つがあります。どちらも視野がだんだん欠けていくのが特徴です。
激痛発作が起きたときには、失明する危険性もあるため初期症状の自覚症状を見逃しては行けません。

網膜剥離の症状

網膜剥離は、目の中に入ってきた光情報が集まる網膜に裂け目がきてはがれてしまう病気です。はがれた部分は光情報を感じることができないので、視力の低下や見え方の異常などを引き起こします。
治療が遅れると失明します。
網膜剥離の原因で一番多いのは、硝子体と呼ばれる部分の老化ですが、比較的若い世代でも強度の近視の人は発症率が高くなります。

中心性網脈絡膜症の症状

網膜の血管から染み出した血液成分が網膜にむくみを起こす病気です。
網膜が押し上げられて見え方の異常が起こります。
病気そのものは、良性なので正しい治療で回復します。しかし、再発しやすい病気で、30~40代の男性に多い特徴があります。

目の老化が目の負担を増大させる

目の老化現象の1つである老眼は、目に大きな負担をかけます。見えづらさを解消することが、疲労から救う最善の方法です。

老眼は誰にでも起こる老化現象

人によって多少の違いはありますが、一般的に40歳を過ぎると、老眼による見えづらさが気になります。老眼鏡を毛嫌いして、見えづらさを我慢してしまう人もいます。
しかし、これでは疲れはどんどん溜まる一方です。老眼は見る物の距離に応じて厚さを変える水晶体が老化することに起因しています。
子供であれば、顔の真正面近くに本を引き寄せても文字を読むことが出来ますが、それだけ水晶体が柔らかいことを示しています。大人の場合はどうでしょう?
そうはいきません。これは、年齢とともに水晶体の弾力性が失われて厚みを調整しづらくなっていくからです。
それでもある程度の年齢までは、日常生活を送るうえで支障はありませんが、40歳前後になると、手元にある物を見るときに、水晶体を十分厚くすることができなくなります。これがまさに老眼です。

水晶体の老化がすすむことによる影響

水晶体の弾力性が失われてくると、水晶体そのものが固くなります。こうなると、水晶体自体は限界を超えてまで厚みを変化させることはありません。
しかし、水晶体の厚みを調節している毛様体筋は何とか水晶体の厚みを変えようと、物を見るたびに極度の緊張状態が継続します。これが目の疲労を招く原因です。
老眼の場合、屈折異常などとは異なり年をとる人間には必ず生じる症状です。見えづらさや疲労感を適宜解消することが大切です。

ドライアイが目の負担を増大させる

ドライアイも疲れ目の一因になります。目の潤い不足が引き起こすトラブルも深刻です。

ドライが引き起こす疲れ目とは?

最近、よく聞く「ドライアイ」。もともとコンタクトレンズを使う人には、目の乾きなどのトラブルがみられましたが、最近ではコンタクトレンズ使用者以外の人たちにも深刻なドライアイの症状を訴える人が増えています。

コンタクトレンズのトラブルについてはこのページが非常にまとまっています。

特徴的なのは、疲れ目を訴える人がドライアイ症状を併発しているケースが多いということです。理由としては、パソコンの普及、携帯電話の普及なども関連しているようですが、目が乾く、ゴロゴロする、痛む、熱っぽいといった疲れ目の症状は増加するばかりです。
特にドライアイの状態でコンタクトレンズを装用すると痛みがでてしまうため問題になります。

涙の量が減ってしまう場合に起こるトラブル

涙は、もともと目の健康維持に欠かすことのできない重要な働きをしています。目の表面の汚れを防いだり、涙で洗い流しています。また、刺激物から目を守ったり、つねに一定量の涙を分泌することによって目の表面に酸素と栄養を補給しています。
ところが、何らかの原因で目の表面を覆う涙の量が減少してしまいます。そうすると、目は様々なトラブルに見舞われ、目の組織が傷つきやすく、こうした状態で目を使い続ければ、目の負担はさらに増大します。日常生活の中では、ドライアイを促進させる環境が増えていくばかりで問題となっています。

視力の低下が目の負担を増大させる

日本時には比較的多い近視をはじめ、遠視や乱視は目を疲労させます。見えにくいなぁ~と感じたら放置しないことが大切

近視・遠視・乱視の人は疲れ目に注意

近視や遠視・乱視を総称して「屈折異常」といいますが、屈折異常もがんこな疲れ目の原因となります。
屈折異常が原因で起こる疲れ目の場合にもほかのケースと同様、肩凝り、頭痛、全身の倦怠感などを引き起こします。
屈折異常の初期段階では、視力が悪くなってきていることに気づかないという問題点があります。また、物がかすんだり、ぼやけたり、焦点が合わないといった疲れ目の症状と、視力の低下を混同してしまう場合もあります。
度が合わなくなっていながら、メガネやコンタクトレンズを使い続けている人も多いのが現状ですが、まだ見える、検査に行く時間がない、などの理由をいいわけにしているようです。自覚するほどの症状を感じたらすぐに眼科医を受診するのが基本です。

視力が低下するとなぜ疲れるのか?

簡単に言うと、目は屈折異常を矯正しようとオーバーワークになってしまうからです。正しい視力を持った目は、目に入ってきた光情報を、網膜上にぴったりピントを合わせて正しく集めることが出来ます。このとき、毛様体筋の助けをかりて見る物の距離に応じ、水晶体の厚さを調節しています。
しかし、近視の場合は、ピントの合う場所が網膜より手前にあり、また遠視の場合はこれとは逆にピントの合う場所が網膜よりも遠くにあります。
いずれも、そのままの状態で物を見てもぼやけた状態になってしまうため、少しでもピントを合わせようと毛様体筋を余計に機能させます。この状態にさらに乱視が加わると毛様体筋をいくら使ってもピントを合わせることができないため負担はさらに増えます。

高度情報化社会が目の負担を増大させる

VDT症候群とばれる健康障害が増加しています。パソコンや携帯電話の画面を凝視続けることにより起こる現代病です。

VDT症候群は高度情報化が招いた現代病

職場だけでなく、家庭にもパソコンが普及し、パソコンに触る時間が急激に増えています。最近の調査によると、事務管理系の職場でパソコンを使用している人は90%以上、なかでも30代の使用者が最も高くなっています。
しかし、その一方で現代社会の誇る文明の利器であるパソコンが深刻な障害を引き起こす原因となっています。
VDT症候群とは?ビジュアルディスプレーターミナル、つまりパソコンやモニターが付いている端末機器のことです。

VDT症候群の症状は深刻化している

厚生労働省が行った調査によれば、パソコン使用者のうち、疲労感や身体的な自覚症状を感じている人は約8割、症状として一番多いのが「目の疲れと痛み」で9割以上となっています。疲れ目の温床となっているのです。
これ以外にも、首、肩、腕、背中、腰の疲れや痛み、頭痛なども多い症状です。
症状が深刻な人の中には、めまいや微熱などを訴えるケースもあります。

なぜVDTが疲れ目を誘発するのか?

パソコンのモニターなどに表示される文字や画像は一見静止しているように見えますが、これは高速で点滅する光をあたかも静止しているかのように認識していしまいます。
もともと、自然界になかった人工的な強い刺激は、目の大敵です。
モニターを凝視続ければ、眼筋だけでなく、神経や脳にまでダメージを与えてしまうことになるのです。
また、モニターに集中しているときには、同時に精神的にも緊張しているのです。
これに加えて、室内の乾燥、照明などの問題などが重なるとさらに深刻な問題となってしまいます。

ストレスが目の負担を増大させる

ストレスと疲れ目は相互にリンクしています。ストレスが過剰になると疲れ目になり目が疲れるとイライラします

目の疲れと心身の疲れ

目を酷使する現代社会にも書かれているとおり、眼精疲労は、目と精神の健康状態が密接に関わりあっています。
しかし、目と精神的な問題が関係するのは、重症化した眼精疲労だけではありません。この段階に至らなくても、この2つは相互的に関わっています。
目が疲れてくると、イライラしたり起こりっぽくなることを自覚している人は少なくありません。疲労感により見えづらくなっている状況は、集中力が低下したり、ふだんより精神的に緊張してしまうのです。これといって具体的な原因が見つからないのにイライラする場合は、疲れ目と結びつけて考え、対策を講じるとよいかもしれません。

ストレスによる疲れ目が直接、生命に関わることはありませんが、ストレスから体の機能に異常をきたし、やがて治療が必要な生活習慣病などの病気を引き起こす可能性は十分に考えられます。
ストレスと疲れ目の悪循環に生活習慣病が加わり、さらに悪のスパイラルへと進んでしまうケースです。
疲れ目を訴える人が増加していることと、生活習慣病予備軍が増加していることは、無視できない状況になっています。

目を酷使する現代社会

目を使う環境の急激な変化は目に深刻な悪影響をあたえています。

近業の増加=疲れ目人口増加

疲れ目が増加する背景には、様々な要因があります。なかでも、日本人の目を使う環境の変化は大きな理由です。日進月歩以上のスピードで押し寄せる高度情報化の波は生活を豊かにした反面、からだに思わぬ負担を強いる結果となりました。
戦後の日本は、復興のために肉体労働を主体とした労働体系でしたが、現代社会は、デスクとワークが主です。デスクワークでは、必然的に細かいものを長時間にわたって見ることが多くなります。この状態を「近業」といいますが、近くのものを凝視続けると、目の筋肉がこり固まり疲労しやすくなるのです。

また、近業以外にも、深夜型のライフスタイルが年々増加し、こういったことも疲れ目の原因となっています。深夜でもpcを使ったり、TVをみたり、本を読んだり…と目を酷使しています。本来であれば、睡眠しているはずの時間も目を使うことは疲労を溜め込むことになります。

適切なケアが眼精疲労を防ぐ

病的な疲れ目を引き起こす眼精疲労の増加が深刻な問題となっています。目の疲れはどういった経過で重症化するのでしょうか

単に「疲れ」といっても様々なタイプがある

体の疲労にも程度によって様々なタイプがあり、どの程度のどの段階で適切なケアをするのかによってその後の状態に差が出てきます。
目を使った後に起こる疲労はごく当たり前で日常的な現象です。症状も軽く一時的なものですから、目を休ませれば、またもとに戻ります。この程度の疲労のことを「生理的疲労」といいます。

毎日忙しくて十分な睡眠がとれないなど、オーバーワーク気味になると、疲労は解消されずに蓄積されるようになっていきます。目が重いとかすっきりしない、などの自覚症状を感じている場合は、「疲労が蓄積」されはじめている時だと思って間違いありません。
一時的なものだった疲労が慢性化してくると、少しくらい目を休ませても症状がなかなか解消されず、いくつもの不快な症状が複合的にあらわれるようになってきます。

疲労の蓄積と合わせて複合的な要因で起こる眼精疲労のタイプ

タイプ1
強度の近視や乱視などの屈折異常により、目にかかる負担が増えて起こるタイプ
タイプ2
目の調節機能をつかさどる筋肉の働きが低下して疲労を促進してしまうタイプ
タイプ3
ドライアイや白内障、緑内障など、目の病気が負担となって起こるタイプ
タイプ4
神経や脳が疲労して見る機能が低下して起こるタイプ
タイプ5
高血圧や糖尿病、動脈硬化など、生活習慣病の影響で起こるタイプ
タイプ6
精神的ストレスが原因となって起こるタイプ
タイプ7
照明や温度、湿度、大気汚染など、環境的な問題が負担となって起こるタイプ

ワンポイントアドバイス

疲れ目というと…あまり真剣に考えない人も多くいるのが現状です。ところが、目の疲労が慢性化すると影響は全身に及んでしまうのです。目の疲れがきっかけで全身の倦怠感を訴える人は多いのです。
生理的疲労から慢性的疲労に移行した際によく訴えられる症状です。眼精疲労は一種の病気であり、この段階になると完治するまでにかなりの時間を要してしまうのです。
素人判断での処置は難しくなり、目薬をさしただけでは完治しません。
生理的疲労の段階で目を休める習慣が最も大切なのです。

疲れ目によるダメージを一番受ける部位

疲れ目は、物を見る行為が引き起こす筋肉疲労です。様々な症状のもととなる4箇所の筋肉について見ていきます

目の筋肉痛のもととなる4つの筋肉

物を見る。という行為は下界から目に入ってきた光を神経を介して脳に伝え、視覚情報として処理し、そこではじめて映像として認識する作業といえます。
人間が物を見るためには、まず眼球を正しい方向に向けなければなりません。このとき眼球の位置を調整する機能を担う筋肉が「外眼筋」です。
次に、目は対象物の視覚情報を目の内部にとり入れます。目の中に入ってきた光情報は、角膜と水晶体という2つのレンズを通る際に適度に屈折して目の一番奥の網膜上に集められます。
2つのレンズのうち、水晶体は近くの物を見るときには厚く、遠くの物を見るときには、薄くなって光の屈折度を調整しています。
この変化を調節している筋肉を「毛様体筋」といいます。
また、物を見るためには環境に応じて光量を調節することが必要です。光の入り口の瞳孔を開いたり縮めるときに働く筋肉が「瞳孔括約筋」といいます。
物を見るのに必要な調節機能をつかさどるこれらの筋肉が疲れ目と深く関係しているのです。

ものを見るための4つの眼筋肉のまとめ

  1. 外眼筋
  2. 眼球を正しい方向に向ける働きをする

  3. 瞳孔括約筋
  4. 瞳孔散大筋
  5. 瞳孔を開いたり縮めたりする働きをする瞳孔括約筋と瞳孔散大筋

  6. 毛様体筋
  7. 水晶体の厚さを調節する毛様体筋

目を酷使して筋肉疲労がでた場合の症状は?

長時間、集中して物を見ていると目の筋肉が疲れます。デスクワークでPCをずっと見ていたり、長時間運転していると目が疲れます。これは、視線を移動させることが多いために眼球のむきを調節する外眼筋が疲労し、物が二重に見える複視や鈍痛を引き起こします。
また、近距離の物を凝視するときは、水晶体を厚く保つ機能が働くため、毛様体が緊張し続けます。これは簡単にいうと肩凝りなどと同じ現象です。結果、調節機能が低下してしまいます。
遠くに視線を移したときにピントが合わずにぼんやりかすんだりしやくなる原因となります。
まぶしさを感じるのは、疲れ目の症状でもありますが、瞳孔の大きさを調節する瞳孔括約筋と瞳孔散大筋の働きが低下することに関係しています。普段は、この筋肉はあまり疲労を起こしませんが、PCのディスプレーなど高速で動く光を見続けると脳に伝わる光情報が許容量を超え、神経、脳そのもが疲れてしまうのです。
PCを使う場合には1時間ごとに休憩を入れるように。と言われますが目のことを考えたら必ず休憩を入れてほしいのです。