メガネ・コンタクトレンズの選び方」カテゴリーアーカイブ

コンタクトレンズ 購入時 使用時 大事なポイント(コンタクトレンズの基礎知識)

コンタクトレンズ 購入時 使用時 大事なポイント(コンタクトレンズの基礎知識) コンタクトレンズのトラブルを防ぐには購入時と使用時の 2 つが大事なポイントになります。

コンタクトレンズ購入の際は値段だけでなく医師が常駐しているかなど、優良店をきちんと見極めることが大切です。

コンタクトレンズ 購入時 使用時 大事なポイント(コンタクトレンズの基礎知識)

コンタクトレンズ 購入時 使用時 大事なポイント(コンタクトレンズの基礎知識)

安心できる店かどうかの判断 コンタクトレンズ 購入時 使用時 大事なポイント

視力矯正効果が高く、見た目にも人気のコンタクトレンズですが、トラブルが多いのも事実です。コンタクトレンズを実際に装用している人は100万人を越えています。装用する人数が増えればトラブルも増えるのが常ですが、事前にトラブルを防ぐことがポイントとなります。

トラブルの原因には、購入方法や販売店の問題と、使用方法の誤りといった2パターンあることがわかっています。ではどうやって注意したらいいのかを見ていきます。

コンタクトレンズの購入には処方箋が必要です。最近では、販売店が検査のための診療所を併設しているケースも多く検査後にすぐに購入できる場合が多いのですが、ここでの検査を行っているのが専門医でない場合もあります。
コンタクトレンズ使用に適していない人にもコンタクトレンズを販売してしまっている場合もあり、トラブルの原因になっています。

また、使用方法や定期検査などの指導が行われずに問題となっている場合もあります。
販売店がきちんと誠実に検査を行っているかどうかを見極めるのは重要なポイントです。販売店の隣が眼科医で検査を行っているようなところだと安心です。

さらに購入時には正しい手順で購入しても使い始めてから目の管理を怠っていればトラブルにつながります。
また、異常を自覚したときには、できるだけ早く診察を受けることも重要なポイントです。

コンタクトレンズトラブル を事前に勉強しておくとトラブル防止に役立ちます。

コンタクトレンズを通販で購入する際の注意点

最近は、ネット通販で購入する機会も増えています。通販で購入する際の注意点をまとめています。

眼科で検査し、処方を受ける

目に合わないコンタクトレンズの装用は、目のトラブルの原因になります。コンタクトレンズは高度管理医療機器のため、眼科医による検査と処方を受けることが大切です。コンタクトレンズを購入する時は、購入場所に関わらず、必ず眼科を受診しなければいけません。

自分のライフスタイルや目の状態に合っているコンタクトレンズのタイプはどれかなどを、眼科医の指示の元、購入する製品を決めることが大切です。自分勝手に判断して購入することだけは絶対にしないようにします。

製品が届いたら内容物をチェックする

製品が届いたら、内容物に間違いがないか、パッケージが開封されていないか、穴が開いていないか、キズがついていないかなどをチェックします。もしも何か異常があれば、使用せずに購入店に連絡をします。

正しく装用し、定期検診を受ける

コンタクトレンズは正しく装用しないと、目のトラブルを引き起こしてしまいます。コンタクトレンズを扱う時の注意やケアの方法はしっかりと確認しましょう。また、コンタクトレンズが目に合っているかなどを確認するために、眼科での定期検診を受けるようにしましょう。最初の処方箋だけでなく定期的に受診することが大切です。

コンタクトレンズの長所・短所(コンタクトレンズの基礎知識)

コンタクトレンズの長所・短所 について。コンタクトレンズはレンズの材質や装用スタイルによって様々なタイプに分かれます。目に直接入れるコンタクトレンズを安全に使うためには、やはりコンタクトレンズの知識が必須です。

コンタクトレンズにはハードとソフトがありますがその材質についての知識 コンタクトレンズの長所・短所

コンタクトレンズの長所・短所

コンタクトレンズの長所・短所

安全に使うためには正しい知識が大切

コンタクトレンズはレンズの材質や装用スタイルによって様々なタイプに分かれます。目に直接入れるコンタクトレンズを安全に使うためには、やはりコンタクトレンズの知識が必要です。
お店ですすめられたものをそのまま購入するだけでなく、使用する自分自身がきちんとした正しい知識を身につけましょう。

重要なのは、レンズですが、材質はソフトとハードががあります。一般的には、ハードはソフトに比べて装用感が劣るといいます。

ハードコンタクトレンズ ソフトコンタクトレンズの長所・短所

ハード
短所
酸素の透過性を高めたことにより、破損しやい、汚れがつきやすい。
長所
視力矯正の効果が高い
ソフト
短所
汚れやすく、破れやすい
長所
素材が柔らかいため装用感がいい



ソフトコンタクトレンズの特徴

ソフトコンタクトレンズは、直径 13~14 ㎜とやや大きめで角膜全体を覆います。柔らかい材質でできていて、水分を多く含んでいることが特徴。

そのため、水を介して酸素や栄養を補給することができる反面、汚れがつきやすく手入れを念入りに行う必要があります。正しい使い方をしないと眼病の原因になったり、コンタクトレンズトラブルに悩まされます。

ソフトコンタクトレンズは水分を含んだ柔らかい素材のプラスチックでできています。そのため、ハードコンタクトレンズと比べると装用した際の違和感が少ないという特徴があります。

また、直径はハードコンタクトレンズより大きいため、ずれにくいとされています。
比較的つけ心地がよいため、初めてコンタクトレンズをつける際は、ソフトコンタクトレンズの方が使いやすいかもしれません。

ソフトコンタクトレンズには乱視矯正用のレンズがありますが、乱視の程度によってはハードコンタクトレンズでないと矯正できない場合があります。

ハードコンタクトレンズの特徴

ハードコンタクトレンズは、直径 7.5 mmで角膜の直径よりもやや小さめです。ちょうど角膜上の涙にうかげたような状態になります。
ハードレンズの特徴は、視力矯正の効果が高い点です。強度の屈折異常をめがねで強引に矯正しようとすると、どうしても視野の歪みが生じてしまいますが、ハードレンズであれば違和感なく見ることが可能です。
材質にシリコン系樹脂とフッ素系樹脂を混ぜ、酸素透過性を高めているので、角膜の障害は、かなり減少しました。しかし、酸素透過性を高めたことが原因で破損しやすくなってしまいました。

ハードコンタクトレンズは水分を含まない硬い素材のプラスチックでできています。また、酸素透過性に優れていて、目に必要な酸素が届きやすいという特徴があります。レンズの直径はソフトコンタクトレンズよりも小さいです。

ソフトコンタクトレンズの場合は、1dayタイプ、2weekタイプなどがありますが、ハードコンタクトレンズは1枚のレンズの寿命が2~3年程度であり、比較的長いことが特徴です。

メガネを購入する際の大切な3つのポイント (メガネの基礎知識)

メガネを購入する際の大切な3つのポイント メガネを購入する際にはじめてメガネを購入する方、2回目以上の方にも知っておいてほしい情報です。

メガネを購入する際の大切な3つのポイント メガネのレンズの素材にはガラス製とプラスチック製の 2 種類ある

現在は軽くて丈夫なプラスチックレンズを使用している方が圧倒的(99%)ですが、ガラスレンズも強度近視の方には最高の薄さが実現できて透明度も高い為、根強い人気を保っています。

メガネを購入する際の大切な3つのポイント(メガネの基礎知識)

メガネを購入する際の大切な3つのポイント(メガネの基礎知識)

メガネ を作る前にしっておきたいこと

眼科で「メガネ処方箋」をもらったらお店で購入するようになりますが、その前に基本的なめがねの知識を覚えておきましょう。

  • レンズの材質
  • フレームの種類
  • 正しいフィッティング

が重要な 3 つのポイントです。

ガラス製レンズのメリットとデメリット

長所 屈折率が高く、十分な矯正視力が出る
短所 プラスチック製より重く衝撃に弱い。

プラスチック製レンズのメリットとデメリット

長所 比重が軽い
短所 屈折率が低くレンズが厚くなる

レンズの特殊加工の種類とその効果

メタル枠・セル枠・サングラス・スポーツグラス(ハイカーブ)・
ふちなしフレーム(ツーポイントなど)・天然素材(鼈甲・木製など)・
ジュエリー枠・特殊形状枠など、眼鏡フレームも色々あります。

  1. ハードコート
    レンズに傷がつくのを保護するために表面に皮膜をつえけている。
  2. 反射防止加工=マルチコート
    レンズの表面で反射する光が消えるように表面に皮膜をつけたもの。
  3. UVカット加工
    紫外線には、UV-AとUV-Bがありますが、その光線を吸収するように加工したもの。
  4. カラーコート
    レンズに着色を施すもの。強い日差しを避ける。
  5. 水やけ防止コート
    レンズの表面についた水滴が乾燥して白くなる水やけを防止するもの。

プラスチックとガラスどちらを選べばいかわからない

多くの方にご利用いただいているプラスチックレンズは、ガラスレンズに比べ軽量で、割れにくいといった安全性が魅力です。

そのため、フレームなしのメガネなどをお選びいただく際などは、ガラスではなくプラスチックレンズをおすすめしています。また、レンズの種類が豊富で、カラーバリエーションが多く、特殊加工がしやすい点もあります。半面、比較的熱や傷に弱い面があるため、使用目的に応じてレンズのコーティングをご提案しています。

プラスチックレンズは、傷や熱に強く、最も薄くレンズを仕上げることができるため、強度近視の方などにおすすめです。

ガラスレンズを選ばれる方は、強度近視の方で『出来るだけ薄くしたい』、キズ・ホコリ・熱に強い事から耐久性を重視される方、見え方の透明感にこだわる方などに選ばれます。また耐用年数がプラスチックレンズよりも比較的長くなります。しかしレンズが重くなること、衝撃に弱いなどの点で、現在はプラスチックレンズを選択される方が多くなっています。一般的には軽く・割れない(安全)・種類が豊富なことから選ばれます。

 

 

コンタクトレンズ装用を避けるべき4つの症状 ( コンタクトレンズの基礎知識 )

コンタクトレンズ装用を避けるべき4つの症状 は、コンタクトレンズの基礎知識で非常に重要な知識になります。コンタクトレンズを装用できない人はメガネを使用します。

ドライアイ 花粉症 アレルギー性結膜炎 などがあればコンタクトレンズの装用は避けます。

コンタクトレンズ装用を避けるべき4つの症状

コンタクトレンズ装用を避けるべき4つの症状

コンタクトレンズを避けたほうがいい代表的な症状を4つあげています。とても重要な4項目です。

  1. アレルギー性結膜炎や角膜炎、花粉症で充血や分泌過多の人
  2. 涙が少なくドライアイ
  3. 強度の乱視の人のディスポーザブルレンズの使用
  4. 遠視でコンタクトレンズで矯正しても見えづらさが改善できない人

コンタクトレンズ装用を避けるべき4つの症状 コンタクトレンズではなくメガネがおすすめの人

目の健康状態によっては、コンタクトレンズの使用を避けたほうがいい場合もあります。上の4つもです。

なども含まれます。
これは、コンタクトレンズトラブルのもとである、乾きと汚れの問題をかかえているからです。
続けてコンタクトレンズを装用していると、目のトラブルを引き起こしてしまいます。

コンタクトレンズの曇りの原因は、目の乾きによる脂質汚れとメイクや花粉などの付着汚れという2つの原因が考えられます。 目の乾きが原因の脂質汚れとは、涙の量が少ない人に水分の蒸発を防ぐ目的でまぶたから脂質が多く分泌され、目に溜まった脂質がレンズに付着して起こります。

どうしてもコンタクトレンズを装用しなくてはならないときは 3つの点に十分注意する

1つめは、使い捨てコンタクトレンズにすることです。連続装用タイプは絶対に避けるようにします。

2つめは、ドライアイ対策をする。ということです。
乾燥しやすいオフィスでの使用は厳禁ですが、人工涙液型点眼薬などを使用して水分を補います。特にレンズ面積の大きいソフトレンズは乾燥しやすいので注意します。

3つめは、装用する時間帯に気を使うことです。涙の分泌が減る時間は、コンタクトレンズによる障害を引き起こしやすくします。このことをしっかり頭に入れておきます。

十分なドライアイ対策もせずに夜も装用したまま、というのは角膜を傷つける原因となります。

ドライアイは、目を守るのに欠かせない涙の量が不足したり、涙の質のバランスが崩れることによって涙が均等に行きわたらなくなる病気であり、目の表面に傷を伴うことがあります。

いわばドライアイは涙の病気といえます。高齢化、エアコンの使用、パソコンやスマートフォンの使用、コンタクトレンズ装用者の増加に伴い、ドライアイに悩む方も増えており、その数は2,200万人ともいわれています。

装用感ののいい使い捨てコンタクトレンズ (コンタクトレンズの基礎知識)

装用感ののいい使い捨てコンタクトレンズ (コンタクトレンズの基礎知識) ここ最近では、コンタクトレンズの主流になった使い捨てタイプについての情報。

コンタクトレンズというと最近は、もっぱら「使い捨てコンタクトレンズ」が主流です。

装用感ののいい使い捨てコンタクトレンズ

装用感ののいい使い捨てコンタクトレンズ

コンタクトレンズの主流は使い捨て

寝る前に外すのがそれまでのコンタクトレンズの常識でしたが、 10 年ほど前に ディスポーザブルコンタクトレンズ ( 使い捨てタイプ )の国内販売がはじまって以来、あっという間に主流になってしまいました。

なんといっても人気の秘密は、大量生産が可能となり、価格が下がったこと、また従来型のような面倒な手入れが不要になったことなどです。とにかく手軽に視力矯正が出来るようになったのはメリットといえるでしょう。

材質的には、ソフトコンタクトレンズの一種で装用感がいいことも人気の理由となっています。新しいものを毎回使うので、汚れや感染症の心配が少なく、清潔です。アレルギー性結膜炎 などで、目やにが出やすい人も安心して使うことができます。

ドライアイの人は、どうしても涙が少ないために、レンズ表面に傷がついてしまうのですが、従来型には酸素透過性を悪化させる原因となりましたが、いつも清潔で新しいものを使う使い捨てコンタクトレンズなら安心です。とにく清潔を保てるのが最大のメリットです。

ディスポーザブルレンズの種類

ワンデー・ディスポーザブルレンズ 1日使ったら捨て、毎日新しいレンズに交換するタイプ。ディスポーザブルレンズの中で最も安全。
連続装用ディズポーザブルレンズ 1~2週間、眠るときも目に入れっぱなしのタイプ。徹夜や夜勤の多い人、生活が不規則な人には便利。
頻回交換タイプ 朝入れたレンズを、夜に外して消毒、翌日また使うタイプ。1回使ったレンズは再使用しますが、一般的には使い捨ての分類です。

使い捨てコンタクトレンズのメリット

基本的にソフトコンタクトレンズのメリットをそのままに、デメリットをほとんどなくしたコンタクトレンズと言えるでしょう。お手入れがいらない、または比較的簡単なお手入れで大丈夫。外れにくいからスポーツに最適。 汚れる前にレンズを新しくするので衛生的。

旅行・スポーツなどで万が一無くしてもまたは破損をしても、スペアレンズがあるから安心。汚れが蓄積し、目の健康を妨げてしまう前に新しいレンズに交換するので、毎朝常に清潔で、クリアな視界を簡単に手に入れることができます。

コンタクトレンズに向く人

  • 強度の近視の方
  • 左右の視力の差が大きい方
  • 乱視の強い方
  • 職業などの関係上、眼鏡が使えない方

コンタクトレンズに向かない人

  • 角膜や結膜に病気のある人(花粉症などアレルギーがある方は眼科医にご相談ください。)
  • 定期検診を受けられる医療施設が近く無い方や、定期検査がその他の理由で受けられない方
  • 正しい手入れをする自信がない方
  • 小さいお子さん(装用が可能かどうかは、眼科医とご相談ください。)

フレーム & フィッティング ( メガネの基礎知識 )

フレーム & フィッティング ( メガネの基礎知識 ) についてです。フレーム & フィッティング めがねのフレームはレンズを縁取るリムの形によって3タイプあります。フィッティングは疲れ目の観点からもとても大切です。

 

ファッショナブルなデザインのフレームが登場していますが強度などの面もきちんと調べましょう。 フレーム & フィッティング

フレーム & フィッティング ( メガネの基礎知識 )

フレーム & フィッティング ( メガネの基礎知識 )

デザインだけのフレームを選ばない

ここ最近、メガネのフレームのデザインも多種多様なものが増えています。メガネをファッションとして楽しむ方法も増えました。

しかしそれぞれの形には、メリット、デメリットがあり、特徴を理解してから用途にあったものを選ばないとかえって疲れ目を助長させてしまう場合があります。
フレームはレンズを縁取るリムの形によって3つのタイプがあります。

フルリム
レンズの周囲をぐるりとリムが囲む一般的な形。
ハーフリム
レンズの上半分にリムがある形で、下半分をナイロン糸で支えています。使われるナイロン糸は丈夫なものが使われますが、摩擦や熱にさらされるうちに摩耗したり切れたりするので1年に1度は交換する必要があります。
リムレス
リムが全くない形でレンズに穴をあけてねじでつるとブリッジを止めています。1枚のレンズに2カ所の穴をあけることから「ツーポイント」と呼ばれています。デザインでは人気の高いタイプです。

フィッティングと目の疲労の関係

「 フィッティング 」 とは、メガネを掛ける方の顔のカタチや頭のカタチに合わせて、メガネがズレにくくすること。つまり、「フィットする」ようにすることです。これがとにかく重要です。

処方通りの矯正視力を得るためには、正しいフィッティングが欠かせません。使い始めてからしばらくすると、メガネのずり落ちや耳の後ろの痛みなどが気になることがありますが、これはつるや鼻パッドがゆるんでいる証拠です。

モノを見るたびにメガネが正しい位置に押し上げるのはとても面倒で煩わしいことですが、なんと言ってもレンズの焦点がすれてしまうことが一番の問題です。

これでは矯正も十分に発揮できません。間違ったフィッティングは疲れ目の原因になり、早いうちに調整が必要となります。

メガネ フィッティング

眼鏡 メンテナンス 修理用の2種類工具です。眼鏡専門店が使用しているものと同じような工具です。
ツル(テンプル)の付け根や、鼻パットの調整や、ツル(テンプル)幅の拡がりなども調整できます。
メガネのメンテナンスはメガネ屋さんに持っていかずに、自分で簡単にメンテナンスする時代です。
鼻パッド用ヤットコ 大きさ:15.5×5.5×1.5cm 重量:112g
テンプル用ヤットコ 大きさ:15.5×5.3×1.5cm 重量:107g

眼鏡 メンテナンス 修理用の2種類工具です。 眼鏡専門店が使用しているものと同じような工具です。 ツル(テンプル)の付け根や、鼻パットの調整や、ツル(テンプル)幅の拡がりなども調整できます。

メガネ コンタクトレンズ 処方はまず診察と検査 ( 実際の検査内容 )

メガネ コンタクトレンズ 処方はまず診察と検査 販売店で検査なしでの購入はトラブルの原因につながるので最初野大事なステップを省かないようにします。後々大きなトラブルの原因になります。目の疲れがたまっていない時間帯、できれば午前中に検査を受けましょう。

メガネ コンタクトレンズ 処方はまず診察と検査 メガネ、コンタクトレンズは眼科での検査を受けることが大切です。販売店で直接購入はトラブルのもととなります。

メガネ コンタクトレンズ 処方はまず診察と検査

メガネ コンタクトレンズ 処方はまず診察と検査

まずは眼科受診

メガネ、コンタクトレンズのどちらを使うにしてもまずは、眼科の受診をしなければなりません。いつ受診するかという点も非常に大切です。それは、正しい目の健康状態を把握するためには、目の疲れがたまっていない時間帯、できれば午前中に検査を受けるのがいいのです。

仕事帰りの場合、 1 日の疲れやストレスからくる視力低下の影響が原因で正しく測定できない場合があります。

眼科に行く時間は午前中にします。コンタクトレンズやメガネは合わないとひどく大変なことになります。

販売店ではの検査では、視力の減退の原因まで細かく調べることが出来ません。その点、眼科できちんとした検査を受ければ、目の健康状態をトータルでとらえることができると同時に、日頃から気になっている症状について、正しく診てもらう絶好の機会となります。

眼科での検査

メガネにするか、コンタクトレンズにするかを決めるにはいつくかの検査により決定します。コンタクトレンズトラブルの原因と対策についての専門サイトにも記事がありましたので紹介します。
コンタクトレンズ処方の手順一覧
実際に眼科の検査では、メガネに向くのか、コンタクトレンズに向くのか、両方対応なのかを診断してもらえます。コンタクトレンズの希望をしてもドライアイがひどければめがねの適用となります。あくまで処方箋をだすのは眼科医ですから、まずは検査ということにります。

コンタクトレンズ メガネ 処方箋を出す際に行われる検査

問診 目の病気やけがなどの病歴。ふだん使っている矯正用具、気になる症状などの有無、アレルギーの有無、職業やライフスタイルなどについての問診があります。
視力検査 まず裸眼視力を測り、さらに検査用レンズを装用して矯正視力を測ります。これを基準にして目に合った度数を調整します。
目の屈折力の検査 目に入ってくる光情報を角膜と水晶体がどれだけ正しく曲げることができるかなどの屈折力を調べます。
角膜のカーブの検査 「ケラト値」を調べることでコンタクトレンズのカーブの度合いを決定する基準になります。コンタクトレンズを装用しにくい角膜の病気があるかどうかも調べます。
前眼部の検査 まぶた、結膜、角膜など、目の前方部分を「前眼部」といいます。結膜にアレルギー性結膜炎があるかどうか、角膜の表面に傷があるか、涙の分泌状態が正常化かどうかを検査します。
眼底検査 眼底とは、眼球の一番奧にある網膜ですが、この部分を調べることで網膜剥離などの病変の有無、光情報が一番多く集まる黄斑部や視神経の状態などが把握できます。毛細血管の様子が繊細に見えるので高血圧症や糖尿病などの生活習慣病の進行度合いも同時に診断できます。
角膜内皮 それまでコンタクトレンズを使用していた人について、角膜の一番底にある内皮細胞にトラブルや障害がないか調べます。

メガネ コンタクトレンズ 選び方

メガネ コンタクトレンズ 選び方 にもポイントがあります。トラブルを起こさないためには選び方も大事なステージです。メガネやコンタクトレンズは医療用具であり、まずはそのことが大前提です。購入の際には、医師の処方箋が必要であることは言うまでもありません。ライフスタイル、ワークスタイル、自分の性格、目の健康状態なども加味して選びます。

選び方の根拠

メガネ コンタクトレンズ 選び方

メガネ コンタクトレンズ 選び方

メガネ、コンタクトレンズを選ぶときにはどのようにしていますか?「何となく」「今まで同じようなもの」といったアンケート結果がでています。

また、自分の目がコンタクトレンズに適しているのか?メガネに適しているのか?をしっかり理解しているでしょうか?

普段、メガネやコンタクトレンズを使用している人にとっては、身近すぎる存在で基本的なことを忘れてしまっている場合が多いようです。

メガネやコンタクトレンズは医療用具であり、まずはそのことが大前提です。購入の際には、医師の処方箋が必要であることは言うまでもありません。処方箋が必要ということはまずは検査が必須です。

まずは、診断を受けて、という手順を踏まずにネッット通販で購入してしまった場合には、かえって疲れ目を悪化させてしまったり、眼病の原因をつくってしまう場合もあります。最初のステージを無視sると大切な目にトラブルが生じます。

目的
  • 遠くのものをはっきりと見るときに使う
  • 手元の作業を行うときに使う
何をみるために使うのか
何を行うときに使うのか
ライフスタイル
  • 細かい作業や近業が多い
  • 長時間のドライブが多い
  • 激しい動きを伴う職業かどうか
    その他職業上の制約がある
職業や作業の内容や使用時間、スポーツの有無など
目の健康状態
  • 強度の近視・乱視である
  • 左右の視力差がある
  • 老眼である
  • ドライアイである
  • 花粉症やアレルギー性結膜炎である
  • 角膜の病気がある
屈折異常の度合いや老眼、ドライアイ、花粉症、アレルギーの有無など
性格
  • 几帳面か
  • 日頃から目の健康管理にきを配っているか?
几帳面かどうか、日頃から目の健康管理に気を配っているどうかなど