メガネ・コンタクトレンズの選び方」カテゴリーアーカイブ

コンタクトレンズ 購入時 使用時 大事なポイント(コンタクトレンズの基礎知識)

コンタクトレンズ 購入時 使用時 大事なポイント(コンタクトレンズの基礎知識) コンタクトレンズのトラブルを防ぐには購入時と使用時の 2 つが大事なポイントになります。

コンタクトレンズ購入の際は値段だけでなく医師が常駐しているかなど、優良店をきちんと見極めることが大切です。

コンタクトレンズ 購入時 使用時 大事なポイント(コンタクトレンズの基礎知識)

コンタクトレンズ 購入時 使用時 大事なポイント(コンタクトレンズの基礎知識)

安心できる店かどうかの判断 コンタクトレンズ 購入時 使用時 大事なポイント

視力矯正効果が高く、見た目にも人気のコンタクトレンズですが、トラブルが多いのも事実です。コンタクトレンズを実際に装用している人は100万人を越えています。装用する人数が増えればトラブルも増えるのが常ですが、事前にトラブルを防ぐことがポイントとなります。

トラブルの原因には、購入方法や販売店の問題と、使用方法の誤りといった2パターンあることがわかっています。ではどうやって注意したらいいのかを見ていきます。

コンタクトレンズの購入には処方箋が必要です。最近では、販売店が検査のための診療所を併設しているケースも多く検査後にすぐに購入できる場合が多いのですが、ここでの検査を行っているのが専門医でない場合もあります。
コンタクトレンズ使用に適していない人にもコンタクトレンズを販売してしまっている場合もあり、トラブルの原因になっています。

また、使用方法や定期検査などの指導が行われずに問題となっている場合もあります。
販売店がきちんと誠実に検査を行っているかどうかを見極めるのは重要なポイントです。販売店の隣が眼科医で検査を行っているようなところだと安心です。

さらに購入時には正しい手順で購入しても使い始めてから目の管理を怠っていればトラブルにつながります。
また、異常を自覚したときには、できるだけ早く診察を受けることも重要なポイントです。

コンタクトレンズトラブル を事前に勉強しておくとトラブル防止に役立ちます。

コンタクトレンズを通販で購入する際の注意点

最近は、ネット通販で購入する機会も増えています。通販で購入する際の注意点をまとめています。

眼科で検査し、処方を受ける

目に合わないコンタクトレンズの装用は、目のトラブルの原因になります。コンタクトレンズは高度管理医療機器のため、眼科医による検査と処方を受けることが大切です。コンタクトレンズを購入する時は、購入場所に関わらず、必ず眼科を受診しなければいけません。

自分のライフスタイルや目の状態に合っているコンタクトレンズのタイプはどれかなどを、眼科医の指示の元、購入する製品を決めることが大切です。自分勝手に判断して購入することだけは絶対にしないようにします。

製品が届いたら内容物をチェックする

製品が届いたら、内容物に間違いがないか、パッケージが開封されていないか、穴が開いていないか、キズがついていないかなどをチェックします。もしも何か異常があれば、使用せずに購入店に連絡をします。

正しく装用し、定期検診を受ける

コンタクトレンズは正しく装用しないと、目のトラブルを引き起こしてしまいます。コンタクトレンズを扱う時の注意やケアの方法はしっかりと確認しましょう。また、コンタクトレンズが目に合っているかなどを確認するために、眼科での定期検診を受けるようにしましょう。最初の処方箋だけでなく定期的に受診することが大切です。

コンタクトレンズの長所・短所(コンタクトレンズの基礎知識)

コンタクトレンズの長所・短所 について。コンタクトレンズはレンズの材質や装用スタイルによって様々なタイプに分かれます。目に直接入れるコンタクトレンズを安全に使うためには、やはりコンタクトレンズの知識が必須です。

コンタクトレンズにはハードとソフトがありますがその材質についての知識 コンタクトレンズの長所・短所

コンタクトレンズの長所・短所

コンタクトレンズの長所・短所

安全に使うためには正しい知識が大切

コンタクトレンズはレンズの材質や装用スタイルによって様々なタイプに分かれます。目に直接入れるコンタクトレンズを安全に使うためには、やはりコンタクトレンズの知識が必要です。
お店ですすめられたものをそのまま購入するだけでなく、使用する自分自身がきちんとした正しい知識を身につけましょう。

重要なのは、レンズですが、材質はソフトとハードががあります。一般的には、ハードはソフトに比べて装用感が劣るといいます。

ハードコンタクトレンズ ソフトコンタクトレンズの長所・短所

ハード
短所
酸素の透過性を高めたことにより、破損しやい、汚れがつきやすい。
長所
視力矯正の効果が高い
ソフト
短所
汚れやすく、破れやすい
長所
素材が柔らかいため装用感がいい



ソフトコンタクトレンズの特徴

ソフトコンタクトレンズは、直径 13~14 ㎜とやや大きめで角膜全体を覆います。柔らかい材質でできていて、水分を多く含んでいることが特徴。

そのため、水を介して酸素や栄養を補給することができる反面、汚れがつきやすく手入れを念入りに行う必要があります。正しい使い方をしないと眼病の原因になったり、コンタクトレンズトラブルに悩まされます。

ソフトコンタクトレンズは水分を含んだ柔らかい素材のプラスチックでできています。そのため、ハードコンタクトレンズと比べると装用した際の違和感が少ないという特徴があります。

また、直径はハードコンタクトレンズより大きいため、ずれにくいとされています。
比較的つけ心地がよいため、初めてコンタクトレンズをつける際は、ソフトコンタクトレンズの方が使いやすいかもしれません。

ソフトコンタクトレンズには乱視矯正用のレンズがありますが、乱視の程度によってはハードコンタクトレンズでないと矯正できない場合があります。

ハードコンタクトレンズの特徴

ハードコンタクトレンズは、直径 7.5 mmで角膜の直径よりもやや小さめです。ちょうど角膜上の涙にうかげたような状態になります。
ハードレンズの特徴は、視力矯正の効果が高い点です。強度の屈折異常をめがねで強引に矯正しようとすると、どうしても視野の歪みが生じてしまいますが、ハードレンズであれば違和感なく見ることが可能です。
材質にシリコン系樹脂とフッ素系樹脂を混ぜ、酸素透過性を高めているので、角膜の障害は、かなり減少しました。しかし、酸素透過性を高めたことが原因で破損しやすくなってしまいました。

ハードコンタクトレンズは水分を含まない硬い素材のプラスチックでできています。また、酸素透過性に優れていて、目に必要な酸素が届きやすいという特徴があります。レンズの直径はソフトコンタクトレンズよりも小さいです。

ソフトコンタクトレンズの場合は、1dayタイプ、2weekタイプなどがありますが、ハードコンタクトレンズは1枚のレンズの寿命が2~3年程度であり、比較的長いことが特徴です。

メガネを購入する際の大切な3つのポイント (メガネの基礎知識)

メガネを購入する際の大切な3つのポイント メガネを購入する際にはじめてメガネを購入する方、2回目以上の方にも知っておいてほしい情報です。

メガネを購入する際の大切な3つのポイント メガネのレンズの素材にはガラス製とプラスチック製の 2 種類ある

現在は軽くて丈夫なプラスチックレンズを使用している方が圧倒的(99%)ですが、ガラスレンズも強度近視の方には最高の薄さが実現できて透明度も高い為、根強い人気を保っています。

メガネを購入する際の大切な3つのポイント(メガネの基礎知識)

メガネを購入する際の大切な3つのポイント(メガネの基礎知識)

メガネ を作る前にしっておきたいこと

眼科で「メガネ処方箋」をもらったらお店で購入するようになりますが、その前に基本的なめがねの知識を覚えておきましょう。

  • レンズの材質
  • フレームの種類
  • 正しいフィッティング

が重要な 3 つのポイントです。

ガラス製レンズのメリットとデメリット

長所 屈折率が高く、十分な矯正視力が出る
短所 プラスチック製より重く衝撃に弱い。

プラスチック製レンズのメリットとデメリット

長所 比重が軽い
短所 屈折率が低くレンズが厚くなる

レンズの特殊加工の種類とその効果

メタル枠・セル枠・サングラス・スポーツグラス(ハイカーブ)・
ふちなしフレーム(ツーポイントなど)・天然素材(鼈甲・木製など)・
ジュエリー枠・特殊形状枠など、眼鏡フレームも色々あります。

  1. ハードコート
    レンズに傷がつくのを保護するために表面に皮膜をつえけている。
  2. 反射防止加工=マルチコート
    レンズの表面で反射する光が消えるように表面に皮膜をつけたもの。
  3. UVカット加工
    紫外線には、UV-AとUV-Bがありますが、その光線を吸収するように加工したもの。
  4. カラーコート
    レンズに着色を施すもの。強い日差しを避ける。
  5. 水やけ防止コート
    レンズの表面についた水滴が乾燥して白くなる水やけを防止するもの。

プラスチックとガラスどちらを選べばいかわからない

多くの方にご利用いただいているプラスチックレンズは、ガラスレンズに比べ軽量で、割れにくいといった安全性が魅力です。

そのため、フレームなしのメガネなどをお選びいただく際などは、ガラスではなくプラスチックレンズをおすすめしています。また、レンズの種類が豊富で、カラーバリエーションが多く、特殊加工がしやすい点もあります。半面、比較的熱や傷に弱い面があるため、使用目的に応じてレンズのコーティングをご提案しています。

プラスチックレンズは、傷や熱に強く、最も薄くレンズを仕上げることができるため、強度近視の方などにおすすめです。

ガラスレンズを選ばれる方は、強度近視の方で『出来るだけ薄くしたい』、キズ・ホコリ・熱に強い事から耐久性を重視される方、見え方の透明感にこだわる方などに選ばれます。また耐用年数がプラスチックレンズよりも比較的長くなります。しかしレンズが重くなること、衝撃に弱いなどの点で、現在はプラスチックレンズを選択される方が多くなっています。一般的には軽く・割れない(安全)・種類が豊富なことから選ばれます。