生活習慣の改善」カテゴリーアーカイブ

無理なダイエットが疲れ目を悪化させる場合も

無理なダイエットは体の負担になる

体重のコントロールをした方がいい人が食べ過ぎを繰り返している、減量の必要が全くない人が無理なダイエットをしているという場合があります。どちらも体に負担をかけてしまっていることに違いはありません。

不健康に太っている人も、不健康に痩せている人のどちらも体によくありません。特に女性の場合は、何歳になってもほっそりとしたボディーラインを理想としますが、ダイエットについては、正しい知識を持って望まなくてはなりません。
ダイエットをはじめてから「冷える」「疲れる」「だるい」などの症状が現れている場合には、こちらのダイエットの時に注意すべき重要な点を参考にしてみてください。
次のような症状を参考にしてみてください。

  1. からだを動かすのがつらい
  2. 疲れやすい
  3. 疲れがとれない
  4. ホルモンの分泌異常
  5. 月経が止まってしまう
  6. 冷え症がひどい
  7. 集中力がなくなる
  8. イライラする

こうした症状があらわれたら要注意です。

心の疲労は疲れ目にも影響する

頑固でなかなか改善しない疲れ目には、たまったストレスが影響していることも

心のゆとりを保つ

体の疲労回復と心の疲労回復は、疲れ目解消に欠かせません。どちらかが欠けてしまっても疲れ目は解消しません。現代社会においては、子供から大人まで複雑に何らかのストレスを抱えています。自分がどんなストレスを感じているのかを自覚しないまま日々を送っている人もたくさんいます。職場においても、家庭においてもストレスの原因は存在します。自分だけの力では解決しきれない問題を抱えてしまっている場合もあります。こうした事情をふまえた上で、生活の中からストレスを排除することは不可能だともいえます。
ストレス解消はなんだろうか?と難しく考えてもこたえが見つからないケースがほとんどです。わかっていても解決できないことがストレスとなっている場合が多いのも事実です。
あまり深刻に考えずに「ゆとりをもつ」ことを考えるのがいいのかもしれません。心の疲れをリフレッシュする方法でいえば、スポーツ、旅行、音楽鑑賞、ショッピング、趣味、人と話す、お酒…など様々な方法があります。自分が一番スッキリするものを選べばいいと思います。
目が疲れるな~と感じるときは、自分の心の疲れはどうか?と振り返ることも大切だということです。

全身性の疲労をとる入浴方法

入浴は心身の緊張をほぐす最適な方法です。湯船にゆったりとつかってリラックスすることで体の疲れと一緒に目の疲れもいやします。

時間をかけてゆっくりと

疲れが蓄積してくると人間の体には老廃物がたまりやすくなります。血行をよくすれば、老廃物を流し去ることができ、疲労回復に役立ちます。また、血液の循環が回復すれば疲れた細胞に十分な酸素と栄養の補給ができます。筋肉の緊張を解いて血行を促進するために有効なのが入浴です。全身の疲れを解消するには、ある程度の時間をかけて、ゆったりと湯船につかる必要があります。シャワーだけでは全身の疲れをとることはできません。
入浴によって高まった体温は除々にさがりますが、この体調の下降は心地よい眠気を誘って熟睡しやすくする安眠効果もあります。
朝、あわただしい中シャワーを浴びるよりも夜にゆっくり湯船につかるほうが疲れ目のためのにも有効です。

効果的な入浴法を

疲労回復するには、ゆったりと湯船につかる必要がありますが、効果的な入浴法についての大事なポイントは4つです。

  1. 湯温は38度~40度程度のぬるめのお湯。
  2. 20~30分かけてゆっくりと入る。
  3. 暖冷交代浴をする。
  4. 入浴後は体を冷やさない

以上が基本ですが、さらに疲労回復の効果を高めるためには、疲れのたまった部分に集中的にシャワーをあてたり、簡単なストレッチ体操を行うといいでしょう。さらに入浴剤などを使用してリラックス効果を高めるのもよいでしょう。肌に直接振れるものなので無添加のものがいいでしょう。

無添加入浴剤

温める・冷やすの両方で血流改善(めぐリズム)

目の疲れには温めたり、冷やしたりする方法が有効です。

血流をよくする方法として疲労がたまりやすい部分を温めたり、冷やしたりすることで血管が収縮したり広がることで血流が改善します。これは目の疲れをとるには有効な方法です。

目の周辺を温める 目を使い続けたときに目に熱いおしぼりを当てます。そのまま目の周辺の緊張がほぐれる感じがわかります。めぐリズムの活用が便利です。
目の周辺を冷やす たいていの目の疲れ目には、温める方法が有効ですが、冷やして爽快感を取り戻す方法もあります。熱感がある疲れ目の際に有効dす。
首・肩・腕を温める デスクワークの疲れを首・肩・腕を温めることによって解消します。熱いおしぼりが効果的です。めぐリズムの活用が便利です。
足を温める 足もとが冷えるように感じる場合には足元を温めます。めぐリズムの活用が便利です。

冷えは基本的に筋肉を収縮させ血行を阻害します。温める工夫をしましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク (14枚入)
価格:1050円(税込、送料別) (2018/2/9時点)

パソコン作業が多いビジネスマンやOLに必須の疲れ目解消法

疲れは目の疲れも体の疲れも溜め込んでしまうより少しずつ解消していくほうが効果的

1時間作業したら5~10分休める

仕事の合間に目を休ませることは、疲れ目対策には非常に重要です。1時間PCに向かったら5~10分休めるというリズムです。パソコン作業はついついい時間を忘れて夢中になってしまいます。物を見続けて緊張した目の筋肉をほぐすには5分~10分の休憩が必要なのです。オフィスでこれを実行するのは難しい面もありますが、頭のかたすみに忘れずに入れておくことがまず最初の1歩です。1時間パソコンを使ったら遠くをぼんやり見るのが疲れを解消します。それから意識的に瞬きをしましょう。

オフィスでの疲れ目改善方法

やや遠くをぼんやり眺める 近業で疲れた目に必要なのは、筋肉の緊張をほぐすことです。スポーツの後のストレッチと同じことです。やり方は、数メートル先に向けただぼんやりと見るだけです。無理に遠くを見ようとしないことがポイントでボーっと見ることが目の為です。近視の人が遠くのものを判別しようとしても逆に疲れるだけなので休息にはなりません。ボーっと見ましょう。
目玉体操 ちょっとした作業の合間、合間を利用して目玉の体操をします。使いすぎる筋肉と使わない筋肉のバランスをとるために有効です。

  1. 目を閉じる
  2. 目をぱっと開く
  3. 視線を上へ
  4. 視線を右へ
  5. 視線を正面へ
  6. 視線を下へ
  7. 視線を左へ
  8. 目玉をぐるぐる回す
  9. 視線を正面に戻して終了
またばきをする 疲れ目をリフレッシュさせるには、目の潤いを取り戻すことも大切です。まばたきを意識的に行って目薬を使うのは最終手段とします。さらに目薬を使う場合には、防腐剤が入っていない人工涙液点眼薬(ソフトサンティア)などを使うといいでしょう。コンタクトレンズを装用している場合にもOKです。

心と身体の両面から疲労のケア

疲れ目を解消する場合、日常生活の部分のウェイトがかなり占めていることを忘れてはいけません。

目の疲労を防ぐケア

うっとおしい目の疲労感や不快な症状を1日でも早く解消するためには、「正しい疲労のケア」を行うことにあります。
疲れ目を目の疲労だけだと考えないことは第一歩でもあります。全身の疲れ、精神的ストレスも目の疲労と大きく関係しています。その場しのぎの疲れ目解消法に頼ってやり過ごすのではなく、身体を十分に休めることやリラックスするといったことを考えなくてはなりません。

休憩ヘタはダメ!

仕事優先のまじめな気質はどうしても「休憩ヘタ」になります。目の健康を取り戻すには、仕事優先の考え方、生活リズムをあらためなくてはいけません。心身をリラックスさせるストレス解消法を見つけることも疲れ目解消には重要です。

当然、睡眠が大切になってきますが、睡眠とは意識を消して筋肉の緊張を解き、疲労回復や組織の修復を行うメンテナンスタイムですので7~8時間の十分な睡眠が大切です。