環境の改善」カテゴリーアーカイブ

目のために室内の色調にも気を配る

室内の色調は目の健康以外に精神面にも大きな影響を与えます。

一般的に生活空間というのは、大きく分けて

  1. 意識を活発にさせるスペース
  2. 細かい作業を行うスペース
  3. リラックスするスペース

の3種類になります。それぞれの空間の目的ごとに合う色調です。

1.意識を活発にさせるスペースに合う色

暖色系のあたたかみのある色。暖色系の赤には、脈拍や血圧を上昇させ、自律神経を活発に働かせる効果があります。食事スペースなどに取り入れるといいでしょう。

細かい作業を行うスペースに合う色

目に負担をかけない色使いが大切です。刺激の強すぎない中間色が最適です。中間色は、光の反射が少ないことも、目にやさしい理由です。また、心身を過度の緊張状態に追い込むことがないので作業効率をあげる効果が期待できます。オフィスで人気のある色調はアイボリー、ライトブルー、ベージュなどです。

3.リラックスするスペースに合う色

3つの中で特に重要な空間となっています。目の健康に深くかかわる疲労・ストレスケアに欠かせない睡眠をとるスペース、ぜひ使いたい色調はブルーなどの寒色系です。ブルーには筋肉の緊張を解き、自律神経の働きを抑え、心身を休憩状態に導く効果があります。

TV・ビデオ・DVDなどを見るときに疲れ目を防ぐ3つのポイント

くつろぐ際にTVやビデオ、DVDなどを見るときにも目に負担をかけないいくつかの注意事項が

位置、距離、見る姿勢

家庭での娯楽を考えると、TVやビデオ、DVDなどを見る。とうのが一番多いのではないでしょうか?この時、当然に目への影響を考慮しなくてはなりません。目を疲れさせないポイントがります。

モニターの状態
テレビを置く位置は、VDT機器を使った作業環境を整える(パソコンのモニターの調節)と同様に水平線よりもやや見下ろすような高さに置きます。長時間見上げる状態を続けると、すぐに目が乾き、疲れます。またあまり画面が小さいものだと離れた距離の場合、見えにくくなってしまうのである程度のサイズが必要です。
見る位置と姿勢
テレビとの距離は、理想的には3m、最低でも2m離れます。姿勢も大切です。ごろ寝、あぐら、横座りなどは背がゆがんで首や肩に負担をかけます。
部屋の明るさ
テレビを見る際には部屋を暗くしてはいけません。モニターと周囲の明暗の差がないようにします。テレビを見るときは部屋を明るくします。

家庭の照明を考える

家庭で使う照明は、部屋の使い方や目的にあったものを選びます。

家庭の照明に求められる条件

部屋の用途や行う作業に応じて、使い分けをします。全体照明、部分照明をうまく利用することがポイントになります。各部屋の必要な明るさはそれぞれに異なりますが、まずは基本的な「家庭の照明に求められる条件」を挙げていきます。まずひとつめに夜間安全に過ごすのに必要な明るさであること、2つめに作業に応じた明るさであること、そして3つめに快適な明るさであることです。どれも当たり前のように思いますが、照明について考えるときとても重要です。照明の善し悪しは、目の疲労や心身のストレスなどにも影響するので、適切なものを選びます。

全体照明と部分照明

和室
35~75ルクス

  • 座卓・床の間→150~300ルクス
洋間(居間)

30~75ルクス

  • 手芸・裁縫→750~2000ルクス
  • 読書・化粧・電話→300~750ルクス
  • テーブル・ソファー・飾棚→150~300ルクス
子供部屋

75~150ルクス

  • 勉強・読書→500~1000ルクス
  • 遊び→150~300ルクス
トイレ
500~1000ルクス
玄関

75~150ルクス

  • 鏡→300~750ルクス
  • 靴脱ぎ・飾棚→150~300ルクス
洗面所

75~150ルクス

  • 洗面・化粧・ひげそり→200~500ルクス
浴室
75~150ルクス

上図の表が各部屋で必要な明るさを示したものです。これを大まかに分類すると、手元の比較的細かい作業には、全体照明プラス500~1500ルクス、団らんや遊びには全体照明プラス150~300ルクスの部分照明が最適です。
最も避けたいのが全対象名を消して手元だけを照らすことです。室内の明暗差が大きいと目に負担をかけ視力低下の原因になります。

疲れ目軽減のためにVDT機器を使った作業環境を整える(パソコンのモニターの調節)

職場やオフィスで欠かせないパソコンは目にとって強い刺激があり有害でもあります。健康的なパソコン環境を整えることが重要課題となります。

モニターやディスプレーの設置場所

パソコンをはじめとするVDT機器は、職場でも学校でも必需品となりました。1日の中でパソコンに向かっている時間も日増しに増える一方です。ところが人間の目にとってパソコンの刺激はかなりの影響を及ぼします。

モニター上に表示される文字や画像を長時間にわたって折っていると目が疲れ、かすみ、痛みがあらわれます。これは、モニターの仕組みが目にとっては刺激がつよすぎるためです。
モニターに表示されている文字や画像、映像は、一見静止画のように見えますが、モニター上ではたさくんの点が密集してひとつの文字や画像を構成しています。目には静止画として見えますが、この小さな点は1秒間に数十回という早さで点滅しています。モニターを見ている間は、この点を見るために網膜の神経細胞この光の刺激を受けているということです。
モニターを見ることは、目のその周辺に大きな負担をかけているということです。

しかし、パソコンやスマホ、タブレットは現代人に必須のツールでもあります。
目の健康を損なわない使い方がこれからの課題でもあります。疲労をためずに作業効率をアップできるような作業環境を構築します。ポイントとなるのは、

  • モニターを置く位置
  • 机上のスペース
  • モニター、書類、キーボードの位置関係

の3つになります。

モニターを置く位置

モニターの高さは、水平線より低めが基本です。具体的に数値で表すと水平視線から上方5度、下方15度の間にくればOKです。これより高い位置に設置してしまうと目を大きく開いて見上げるようになりますが、目の表面の露出面積が大きくなるので、涙の蒸発量が増え、ドライアイを悪化させます。

モニターを設置している机上のスペースをチェック

次はキーボードを置くスペースの確保です。会社や学校で座るイスとデスクでも説明したとおりひじの角度を保ちながら、ひじから先の部分を机上に乗せられる程度の奥行きが適切です。この十分な奥行きスペース部分が確保できないと手首や腕が疲れその影響が目にも及んでしまいます。
どうしてもスペースの確保が困難な場合には、多少行儀が悪いのですが、キーボードを太ももの上にのせて作業を行うといいでしょう。

モニター、書類、キーボードの位置

VDT作業をする場合は、目はモニターと書類、キーボードの間を忙しく往復します。これも疲労の原因になるのでなるべく視線の移動を減らすことが必要です。そのためには、書類はモニターのすぐそばに立てかける、キーボードとモニターを交互に見なくてもいいようにブラインドタッチを覚えるなども必要です。
書類ホルダーなどを活用してモニターのそばに書類を置くようにします。

部屋の照明の調整

室内照明の理想的な明るさの範囲は、100~500ルクスです。6畳程度のスペースでは、40Wの蛍光灯1本分か60Wの白熱灯3個分が目に最適な300ルクスの明るさです。しかし、細かい作業や長時間の読書などをすうr際にはこれより若干明るいほうがいいでしょう。

室内の湿度

目が乾かないように、パソコン作業の1時間おきに遠くを見たり、部屋の湿度が低すぎないかチェックします。室温は18~20度、湿度は50%程度が最適です。空気の汚れも眼精疲労に影響しますのでパソコンを置く部屋には空気清浄機もあればなおいいでしょう。

正しい目の使い方

作業時の姿勢が目を疲れやすくしていないかどうか、確かめます。パソコン利用者に多くみられる眼精疲労は、疲れ目や視力低下のほかに首・肩・腕のこりや痛みといった慢性的な症状を併発することが多い病気です。どちらも姿勢の崩れが深く関わっています。
これを防ぐためには、モニターと目の間を50cm以上離すこと、そして書類を見ながらタイピングする場合には、モニターから目までの距離と、書類から目までの距離をほぼ同じにすることがポイントです。

至近距離のものを凝視するだけでも、毛様体が緊張し続けて目が疲れやすくなりますが、さらに至近距離内で、いくつかの対象に頻繁に焦点を合わせかえる動きは、眼球を動かす筋肉の疲労も促すので、さらに疲れが深刻になります。

また、いったん作業を始めるとかなり長時間休みなしで続けることが多くなりがちですが、目の健康を考えると、1時間の連続作業につき15分程度の休養が必要です。というのも、近くの明るい画面を見るために緊張した毛様体や、縮んだ瞳孔をもとにもどすのに、短くても15分はかかるからです。目の疲れが肩こり、背中のコリ、ひどくなると抜け毛にまで及びます。
オフィスで上手に目を休ませるには、パソコン作業の合間に、パソコン以外の作業をできるだけこまめにはさみ込んだり、窓の外など少し遠くを眺めるようにして、目に疲労をためないような習慣化が大切です。

EIZOダイレクト

疲れた目を休める

目の疲れが引き起こす不快な症状は、もとをたどれば眼球を動かす筋肉や毛様体に起こる一種の筋肉痛です。使いすぎによって、筋肉が緊張してこり固まってしまうという点では、肩こりにも似ています。症状がはっきりしないため、放置されがちな疲れ目ですが、放っておけば目の病気を引き起こしかねないため、なるべく軽いうちに解消していくことが大切です。
そのためにいちばん有効な方法は、単純ですが「目を休ませる」ことです。また、手軽に疲れを解消するには、目の筋肉の血行をよくするのもひとつの手です。
筋肉痛は、筋肉の血行不良が原因です。
血行がスムーズになれば、筋肉中にたまった疲労物質(疲れの副産物) を押し流すことができますし、酸素や栄養を十分に補給することもできます。具体的には、目に冷やしたタオルや蒸しタオルをあて、刺激を与える方法がいちばん簡単。また、入浴時に閉じた目にシャワーをあてるのも同じような効果が得られます。ただし、目に痛みがあるときには炎症を起こしている可能性があるので、温めずに冷やすことが必要になります。

パソコン作業が長時間にわたる仕事をしている人は目に効果的な栄養も

ビタミンやミネラルは、からだの細胞をつくるために必要なたんばく質、カルシウム、炭水化物、脂肪などの栄養素のはたらきを助ける物質です。これらは毎日大量にとる必要はありませんが、不足するとからだの機能にさまざまな支障が出てきます。特に目の健康を維持するために重要なのは、ビタミンです。

ビタミン類は全部で13種類ありますが、まず取り上げたいのは、目の細胞や粘膜の新陳代謝を保つために欠かせないビタミンAです。これが必要量摂取されることによって、古くなった細胞がはがれ落ちたあとに新しい細胞がつくられ、つねに組織が正常な状態を保つことができるのです。
つまり、ビタミンAが毎日の食事で十分にとれないと、新しい細胞のつくられるスピードが遅くなり、しだいに老化が進んでしまうということになります。ビタミンA は網膜で光を感じる細胞の材料になるほか、角膜の細胞をつくり変えたり、角膜の表面を保護する粘液の成分になります。このためビタミンAが不足すると、暗いところやもうしょうでものが見えない夜盲症が起こりやすくなるほか、角膜の透明度が低くなったり、表面が乾いで炎症を起こしやすくなります。ビタミンAを多く含む食品はこちらです。

会社や学校での照明

疲れ目を防ぐためにはイスやデスク選びだけでなく照明も大切な要素です。

適切な照明の使い方

会社や学校での照明についてチェックしたい項目は

  • 設備面
  • 照度
  • 光の方向
  • かげ
  • ちらつき

などです。
ひとつひとつ見ていきます。

1.設備面

会社や学校の部屋の全体照明が一般的です。全体照明にも様々なタイプがありますが、目の疲労度が低いのは、光源がむき出しになっていないタイプです。空間全体の照度の差ができないが理想的ですが、あまりにも照度が均一で平均的な空間は逆に目の疲労となります。

2.照度

会社や学校などの照度は一般的に150~300ルクスを必要とします。照明がぎらぎらするほど明るく、白い紙に反射するような場合では、照明を控え、逆に薄暗さを感じるような場合には、全体照明を増やすようにします。全体照明で調節がきかない場合は、デスクライトで調節します。

3.光の方向

光の方向については、視野に光源が入らないこと、作業面にかげができないことなどが条件です。学校や会社の什器や利き手によってかげにならないように位置をかえる方法もあります。

4.光のちらつき

設備によっては、光源がちらつくものもありますが、こういったちらつきは目の疲労を促進するので改善します。

会社や学校で座るイスとデスク

自分に合ったデスクやイス

目の負担を減らす8つの項目で目の過労を防ぐポイントとして「正しい姿勢を保つ」ことを挙げていますが、これは首・肩・背中に疲れをためないことが、最終的に疲れ目を防ぐ、ことに直結するためです。
デスクワークが主であり、PC作業が欠かせないビジネスマンや学生などがこのポイントをクリアーする大事な要素は、デスク選びとイス選びにつきます。人間工学的にからだによいとされるイスとデスクの条件を紹介します。

イス選びの重要点

まず大事なのは高さです。腰掛けたときにひざがほぼ直角にまがり、足裏全体が床につく高さを目安にします。そのためには、当然、高さを調節できるイスでなければなりません。また、安定した姿勢を支えるためにには、背もたれが肩胛骨の下端にくるくらいのもの、できれば体の動きに合わせて、後方に少し傾くリクライニングタイプが最適です。さらにデスクワークの時間が多い人には、ひじかけのあるものがおすすめです。ひじかけの高さは腕を置いたときにひじが直角よりやや広めの角度になることを目安にします。人間工学に基づいたオフィス用チェアーを楽天で見る

デスクのチェックポイント

条件に合わせたイスを使用した際にデスクの高さは適切になっているでしょうか?高さが適切に保たれていない場合、ちょうどいい距離感を保つために首や肩に余計な負担がかかります。まず、イスに深く腰掛けて腕をデスクにのせてみます。ひじが直角よりやや広めで曲がっていればOKです。高さと合わせて、十分な作業スペースがあるかどうかも重要です。山積みになった書類や機器の隙間で作業をしていないかどうか再確認します。窮屈なスペースでのデスクワークは体に負担をかけ同時に疲れ目になりやくなります。パソコン用デスクは高さ調節可能で自分の体のサイズに合わせて調節可能です。

室内の空気にも配慮

室内の空気汚染が健康以外に目に影響を与えることも

建材に含まれる化学物質

こんな体験はありませんか?ある特定の建物内に入ったときに、涙目になったり、目がちかちかしたり。建てられて間もない、リフォームしたばかりの建物でこういった報告が寄せられています。これは「化学物質過敏症」と呼ばれる症状です。これらは、建材に使用される壁紙や床材、塗料、接着剤に含まれる特定の化学物質が刺激となって症状を引き起こすシックハウス症候群です。化学物質過敏症の症状が最も現れやすいのが目で、眼精疲労や目のかゆみ、痛み、視力の低下などが代表的な症状です。こうした不快な症状は、当然目の負担を増やします。原因の不明な症状がある場合には、化学物質過敏症の可能性も考慮して原因を突き止める必要があるでしょう。自律神経失調症と診断されてしまうケースもあり、専門家に診断してもらう必要があります。

受動喫煙にも注意

たばこによる健康被害は周知のとおりですが、目にとってもいいことはありません。煙でもくもくしていると目が痛くなったりするのもそのせいです。たばこの煙には、ニコチン、タール、アンモニア、一酸化炭素といった有害物質が含まれます。これらが目の表面に付着すれば、目の不快な症状を促進することになります。また、ドライアイ傾向の人は涙で有害物質を流すことができないため、症状が重くなりがちです。受動喫煙はさらに有害物質を多く含むため結果的に、喫煙者より周囲の人が煙りの被害を受けてしまうのです。

気密性の高さをマイナスポイントにしないために

快適な空間であっても目にとっては好ましくないケースもあります。建物の特性を考慮した上で環境整備を行うようにします。

気密性の高い室内では温度・湿度管理に気を配る

最近のオフィス、学校、住宅などは保温性や断熱性能が格段に向上し気密性のかなり高い建物が多くなりました。住宅でも「高気密・高断熱」をうたったハウスメーカーが増えています。その一方で通気性に乏しい構造になっていることも事実です。こうした気密性の高い建物内で過ごすときに注意したい点は、室内の温度・湿度の調整です。家庭もオフィスも通年でエアコンを使用し使わない期間というのはほんの僅かです。問題はこのエアコンの設定です。体に最も快適とされるのは、温度18度前後・湿度50~60%ですが、冬は暖めすぎ、夏は冷やしすぎ、湿度は低め、ということが多いのではないでしょうか。湿度が40%程度まで下がると、目の乾きが著しくなります。目の乾燥を防ぐために一度、こういったエアコンや湿度のチェックを行うといいでしょう。職場や学校などの場合は、多くに人が利用する空間ではなかなか自由に調節できない面もありますが加湿器などを使ってうまく調整したいものです。

気密の高い住宅はカビやダニに注意

気密性の高い住宅は、熱を逃がさない構造になっているため温かく快適ですが、ダニやカビが繁殖しやすくなっています。そのためアレルギー性結膜炎などがある場合には、生活空間を清潔に保ち、湿気をためないように窓を開けて通風をよくするようにします。また、観葉植物などは気密性の高い空間ではダニを増やす原因になります。

目の健康を守る4つのこと

疲れ目を解消する、または防ぐには4つのことを実践することです。

健康な目を維持するために

日頃から目に対するいたわりが足りない、と感じた人も多いことでしょう。また、疲れ目が気になっても今まで全く具体的な対策を講じてこなかった人もこれを機会に目の健康に取り組むことが大切です。疲れ目、視力の減退は「なってしまったら仕方のないもの」では決してありません。
日常生活の中で症状の改善ポイントが、症状の緩和に繋がるポイントが必ず見つかるはずです。

目の健康を守るためには今日からすぐに行いたい「4つの事」です。

正しい目の使い方を
あまりに当たり前すぎるポイントで軽視されがちですが、このポイントを常に意識しているかどうかかが、疲れ目を改善できるかできないかの分かれ目だったりします。TVやPCを見る距離など当たり前のことになります。
正しい環境で
疲れ目や視力の減退などで困っていても生活環境を見直す人は、あまりいません。目にやさしい環境を整備することは非常に大切です。
正しい疲労のケアを
目の不快な症状の裏には、必ずといっていいほど、目のオーバーワークが潜んでいます。「使ったらまめに休憩を入れる」ことはすぐにでも実践できます。
体全体の健康づくりを
目の心身の健康状態は、密接な関係にあります。双方の健康を維持し、疲労の回復を高めるためには「バランスのとれた食生活」は非常に大きなウェイトを占めます。疲れ目の改善を体全体のものとして考えるスケールが大切です。