ドライアイ」カテゴリーアーカイブ

ドライアイ で 受診 するとこんな 検査 をする

ドライアイ で 受診 するとこんな 検査 をする に関するページです。ドライアイというのは、実は身近な症状です
オフィスワーカー約1000人を調べますと、約3人に1人が ドライアイ (疑い例を含む)に悩まされています。
日本の全人口ですと大体2200万人といわれております。  ドライアイ は実際には若い人より、やはりお年寄りの人の比率が高くなっています。 涙液の分泌も低下し、目の表面の油の出も少なくなるからです。

ドライアイ で 受診 するとこんな 検査 をする

ドライアイ で 受診 するとこんな 検査 をする

ドライアイ で気になったらまずは受診しましょう。ケアについて正しい方法を行うのが早い解決方法になります。

ドライアイ で 受診 するとこんな 検査 をする 問診で生活環境と症状を知る

疲れ目や視力の低下などを訴えて病院を受診した場合まず行われるのが 「 問診 」 です。問診 は、医師が患者の生活環境や自覚症状などについて質問をし、その回答から ドライアイ の可能性があるかどうかを判断するものです。もしも、現状で何らかの症状に困っている方は、眼科に行く前に

  • どのような自覚症状があるのか
  • どのような環境で目を使っているか

などについて整理しておくといいでしょう。

涙の分泌量を測る

ドライアイ の検査で最も重要なのが、 涙の基礎的分泌量 の 測定検査 になります。一般的な検査は 「 シルマーテスト 」 と呼ばれるものです。まず下まぶたに長さ 5 cm幅 0. 7cm ほどの細長い濾紙をはさみます。この状態でまぶたを閉じ、5分たったら濾紙にしみこんだ涙から涙量を計測します。

涙の質と量を調べる

シルマーテスト 以外に涙量や涙質、目の表面のコンディションを調べる検査には次のようなものがあります。

ティアーメニスカス法 涙量を調べるために、フルオレセインという染料をたらし、下まぶたのふちにどれだけ涙が蓄えられているかを観察します。この検査は、分泌された涙が目の表面に広がる前にいったん下まぶたのふちにたまるという特徴を利用しています。
BUT 目に表面に広げられた涙が安定しているかどうかを調べるために、涙の膜を蛍光染料で染めて観察します。
角膜や結膜の検査 角膜や結膜の表面が傷ついていないかどうかの検査は、染料で染めて、生体顕微鏡で観察します。傷があるところは、染料で染まります。

アレルギーとドライアイの関係

アレルギーとドライアイの関係 についてです。

アレルギー体質の人はドライアイの症状を併発しているケースが多々あります。これは涙が減少して、アレルゲンから目を防御できないためです。

アレルギーとドライアイの関係

アレルギーとドライアイの関係

花粉症とドライアイのダブルパンチ

日本の花粉症患者さんは年々増加しています。毎年、春が近づくにつれて憂鬱な気分になっている人も多いことでしょう。日本人には国民病として定着してしまい、現在は 2 人に 1 人 が花粉症だそうです。

このやっかいな花粉症とドライアイが悪循環を引き起こし、2つの症状を併発する人が増えています。その背後には

  1. 涙の減少
  2. 異物の侵入
  3. アレルギー性結膜炎

の 3 つが負のサイクルを作りあげているのです。

アレルギー性結膜炎の 90% は花粉症

花粉症になると、

  • 目のかゆみ
  • 充血
  • 涙目
  • 瞼の腫れ

など、特有の症状が目に現れます。これが花粉がアレルギーの原因物質となって起こる アレルギー性結膜炎 です。 アレルギー性結膜炎 は、花粉以外にもダニやほこり、ふけが原因になることがありますが、アレルギー性結膜炎の方のうち、花粉の飛び散る春になると症状が悪化するという人は90%にもなります。ほとんどの人になります。

このタイプの人は目に花粉が飛び込んでくると体が過剰に反応し、結膜が炎症を起こしてしまうのです。

アレルギー性結膜炎には、ある季節に限定して「目のかゆみ」や「充血」などの症状が見られる季節性アレルギー性結膜炎(花粉症)と、季節に関係なく症状がみられる通年性アレルギー性結膜炎という2つのタイプがあります。

季節性アレルギー性結膜炎

1 年の特定のある時期だけに、ある決まった植物の花粉が原因となり発症します。 日本では 2 月 ~ 5月に多く飛散するスギやヒノキの花粉が主な原因です。アレルギー性結膜炎の患者さんは推計約 2,000 万人いるとされ、その約 85%は花粉が原因と言われています。

1日の中でも 13 時 ~ 15 時頃は花粉が多く飛散しやすい時間帯となります。しかし環境省の花粉観測システムの調査によると、通勤時間となる朝の時間帯の飛散率も比較的高いので、出勤時はめがねをし、出社後にコンタクトレンズをするのも良いかもしれません。ただし地域や天候、日によって変わりますので、気象情報をマメに確認して外出する最適な時間帯をみつけましょう。

通年性アレルギー性結膜炎

1 年を通して、ほこりなどの中にあるハウスダストやダニが主な要因となって発症します。イヌやネコの抜け毛やフケ、カビもアレルギーの原因になる場合があります。

ドライアイと花粉症の悪循環は深刻な問題

ドライアイになると当然、涙の分泌量が減ります。これは目の表面を守る保護膜が薄くなってドライスポットが出来やすくな状態ですから、外からの異物が直接目の表面に飛び込んできてしまいます。
こうした状態で花粉が目に侵入してくると、目に付着した異物を洗い流せるだけの涙の量がないために、花粉に触れた結膜がアレルギー性結膜炎を起こし、やがて角膜にもその炎症の影響が及んできます。結膜の炎症によりムチンという成分の分泌が減少し、涙の成分が変わるため、ますますドライアイが深刻になるのです。

シェークレン症候群 が原因の重度の ドライアイ

シェークレン症候群 が原因の重度の ドライアイ を引き起こします。シェーグレン症候群 は、涙腺、唾液腺をはじめとする全身の外分泌腺に慢性的に炎症が起こり、外分泌腺が破壊されて ドライアイ や ドライマウス などの乾燥症状が出現する病気です。
本来、細菌やウイルスなどの外敵から身を守るための免疫系が自分自身を誤って攻撃する、自己免疫という現象が重要な原因のひとつと考えられています。

シェークレン症候群 が原因の重度の ドライアイ で深刻

シェークレン症候群 が原因の重度の ドライアイ

シェークレン症候群 が原因の重度の ドライアイ

女性に多いシェークレン症候群

シェークレン症候群という全身性の病気が原因でも ドライ 症状を引き起こします。 ドライアイ の中でも重症の部類に入ります。この病気は、からだに病原体などの異物が侵入した際にこれを退治するための免疫反応が異常をきたし自分の体を攻撃してしいます。

目の症状は、

  1. 涙が出ない
  2. 目がごろごろする
  3. 目がかゆい
  4. 目が痛い
  5. 目が疲れる
  6. 物がよくみえない
  7. まぶしい
  8. 目やにがたまる
  9. 悲しい時でも涙が出ない

などの症状があります。

涙腺、唾液腺をはじめとする全身の外分泌腺に慢性的に炎症が起こり、外分泌腺が破壊されてドライアイやドライマウスなどの乾燥症状が出現する病気です。

慢性関節リウマチの合併症として発症するケースもあります。50~60代をピークに子供から老人まで発症しますが、特徴的なのは、女性に多い点です。男性1に対し、女性14の割合で発症します。

重症のドライを引き起こすシェークレン症候群の症状

  • 目かゆい
  • 目がゴロゴロする
  • 涙が出ない
  • 目が痛い
  • 鼻出血がある
  • 鼻が乾燥する
  • 唾液が出ない
  • 口内が痛む

自己免疫機能の異常によって大きな影響を受けるのは、目、鼻、口の分泌腺で、深刻な乾燥を引き起こします。

目に現れる症状は、涙の分泌の激減です。反射的分泌もできなくなるほど分泌量が減り、重症のドライを引き起こします。このほかにも、かゆみや異物感、痛み、見えづらさなど様々な症状が目に現れます。角膜や結膜が傷つきやくなってしまいます。

シェークレン症候群 については、免疫機能が壊れて症状を引き起こすことはわかっているものの、なぜ免疫機能が壊れてしまうのかがわかっていません。そのため決定的な治療法が見つかっていません。

しかし、症状を緩和する方法はあり、口の乾きや目の乾きを和らげる薬で、快適な日常生活を送れるように治療します。
口の乾きには唾液の分泌を刺激する飲み薬や、唾液を補充する人工唾液、口の中を清潔にするためのうがい薬やトローチが使われます。唾液の分泌を促す唾液腺マッサージも効果的です。目の乾きには、涙の分泌を促進する飲み薬や点眼液が使われます。