コンタクトレンズ購入時、使用時の大事なポイント(コンタクトレンズの基礎知識))

コンタクトレンズ購入の際は値段だけでなく医師が常駐しているかなど、優良店をきちんと見極めることが大切です。

安心できる店かどうかの判断

視力矯正効果が高く、見た目にも人気のコンタクトレンズですが、トラブルが多いのも事実です。コンタクトレンズを実際に装用している人は100万人を越えています。装用する人数が増えればトラブルも増えるのが常ですが、事前にトラブルを防ぐことがポイントとなります。

トラブルの原因には、購入方法や販売店の問題と、使用方法の誤りといった2パターンあることがわかっています。ではどうやって注意したらいいのかを見ていきます。

コンタクトレンズの購入には処方箋が必要です。最近では、販売店が検査のための診療所を併設しているケースも多く検査後にすぐに購入できる場合が多いのですが、ここでの検査を行っているのが専門医でない場合もあります。
コンタクトレンズ使用に適していない人にもコンタクトレンズを販売してしまっている場合もあり、トラブルの原因になっています。
また、使用方法や定期検査などの指導が行われずに問題となっている場合もあります。
販売店がきちんと誠実に検査を行っているかどうかを見極めるのは重要なポイントです。

さらに購入時には正しい手順で購入しても使い始めてから目の管理を怠っていればトラブルにつながります。
また、異常を自覚したときには、できるだけ早く診察を受けることも重要なポイントです。

コンタクトレンズトラブルを事前に勉強しておくとトラブル防止に役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください