乱視

角膜や水晶体がゆがんでいると光情報は網膜上の1点に集中せずに映像がぶれます。これを乱視といいます。

レンズのゆがみが乱視

近視や遠視の次に多いのが乱視です。遠近ともにぼやけてしまう屈折異常です。
乱視は、網膜上に光情報を正しく集中できないという点では、近視や遠視と同じですが、水晶体の暑さの忠節機能や目の奥行きの問題で起こるわけではありません。
眼球内には物を見るために必要なレンズ機能果たす角膜と水晶体があります。どんな角度から入ってきた光情報でも正しく屈折させるためには、これらが正円でなければなりません。実際にはどんな人でも多かれ少なかれ楕円を帯びているのですが、ゆがみが少ない分には、特に問題ありません。かなりゆがんでいる場合には、乱視の状態が起こるのです。乱視を引き起こすような大きな歪みのある角膜や水晶体は表面のカーブが縦横あまりにも違いすぎるので、入ってくる光の方向におってそれぞれの光情報が、バラバラなところに集中してしまいます。その結果、水晶体の調節機能や眼球の構造が正常でも、どこにも焦点が正常でも、どこにも焦点が合わなくなってしまうのです。

倒乱視は疲れ目に直接影響する

乱視で特に疲れ目を起こしやすいのは、角膜や水晶体が縦長の楕円形の場合です。これを専門的に「倒乱視」といいます。
また、角膜の表面の歪みで起こる乱視は、角膜の病気が引き金になっていることもあるので注意が必要です。
いずれのタイプにせよ、人間の目には、歪みがあっても正しく見ようとする調整力が備わっているので、若いうちはある程度カバーできます。しかし、極度の疲労に陥ったり、老化が進むと調整力も働かなくなって矯正をしないと疲れ目の原因になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください