視力減退は 近視 だけではない

視力減退は 近視 だけではない のです。視力減退の原因は同一ではありません。

視力の減退の原因は同一ではありません。疲れ目を引き起こす様々な視力の減退のタイプです。 視力減退は 近視 だけではない

視力減退は 近視 だけではない

視力減退は 近視 だけではない

視力の減退は、「見えづらくなった状態」

「 近視 」 とは、眼に入ってきた平行光線が、網膜より前で焦点を結んでいる状態のことです。 そのため近くのモノははっきりと見える一方、遠くのモノはぼやけて見えます。 眼球の長さである「眼軸」の長さが正常よりも長い、または水晶体や角膜の屈折力が強いことが原因と考えられます。

視力の減退を最も簡単に表現するとそれは、物が見えづらくなった状態です。ただし、見えづらいと一言で言っても、人それぞれに原因や状態は異なります。視力の減退というとすぐに近視をイメージしますが、実際にはもっと幅広い症状のことを言います。

視力の減退の代表的なものは 近視 遠視 乱視の  3 つですが、これは見え方の特報は異なりますが、「屈折異常」という意味で同じグループにわけることができます。

屈折異常のない人は視力の減退とは無関係?

どんな人でも、起床時は前日の疲労が解消されているので、その人が本来持っている視力の状態で物を見ることが出来ます。

しかし、 1 日の仕事を終えた時間になると、目を酷使した分、疲労の影響が目に現れます。近視・遠視・乱視のいずれの場合でも、調節力に無理がきかなくなります。個人個人で持っている屈折異常がより強く現れます。
近業を多くこなした後には、近視的な状態になります。
年齢的な視力の減退、老化も誰にでも起こる共通の現象です。成長の止まった時点から少しずつ進行します。
本来、老眼による見え方の異常に気づく年齢に大差はないのですが、最近では、目に負担をかける機会が多く、老眼世代ではない30代で老眼になる人も増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください