メガネを購入する際の大切な3つのポイント (メガネの基礎知識)

メガネを購入する際の大切な3つのポイント メガネを購入する際にはじめてメガネを購入する方、2回目以上の方にも知っておいてほしい情報です。

メガネを購入する際の大切な3つのポイント メガネのレンズの素材にはガラス製とプラスチック製の 2 種類ある

現在は軽くて丈夫なプラスチックレンズを使用している方が圧倒的(99%)ですが、ガラスレンズも強度近視の方には最高の薄さが実現できて透明度も高い為、根強い人気を保っています。

メガネを購入する際の大切な3つのポイント(メガネの基礎知識)

メガネを購入する際の大切な3つのポイント(メガネの基礎知識)

メガネ を作る前にしっておきたいこと

眼科で「メガネ処方箋」をもらったらお店で購入するようになりますが、その前に基本的なめがねの知識を覚えておきましょう。

  • レンズの材質
  • フレームの種類
  • 正しいフィッティング

が重要な 3 つのポイントです。

ガラス製レンズのメリットとデメリット

長所 屈折率が高く、十分な矯正視力が出る
短所 プラスチック製より重く衝撃に弱い。

プラスチック製レンズのメリットとデメリット

長所 比重が軽い
短所 屈折率が低くレンズが厚くなる

レンズの特殊加工の種類とその効果

メタル枠・セル枠・サングラス・スポーツグラス(ハイカーブ)・
ふちなしフレーム(ツーポイントなど)・天然素材(鼈甲・木製など)・
ジュエリー枠・特殊形状枠など、眼鏡フレームも色々あります。

  1. ハードコート
    レンズに傷がつくのを保護するために表面に皮膜をつえけている。
  2. 反射防止加工=マルチコート
    レンズの表面で反射する光が消えるように表面に皮膜をつけたもの。
  3. UVカット加工
    紫外線には、UV-AとUV-Bがありますが、その光線を吸収するように加工したもの。
  4. カラーコート
    レンズに着色を施すもの。強い日差しを避ける。
  5. 水やけ防止コート
    レンズの表面についた水滴が乾燥して白くなる水やけを防止するもの。

プラスチックとガラスどちらを選べばいかわからない

多くの方にご利用いただいているプラスチックレンズは、ガラスレンズに比べ軽量で、割れにくいといった安全性が魅力です。

そのため、フレームなしのメガネなどをお選びいただく際などは、ガラスではなくプラスチックレンズをおすすめしています。また、レンズの種類が豊富で、カラーバリエーションが多く、特殊加工がしやすい点もあります。半面、比較的熱や傷に弱い面があるため、使用目的に応じてレンズのコーティングをご提案しています。

プラスチックレンズは、傷や熱に強く、最も薄くレンズを仕上げることができるため、強度近視の方などにおすすめです。

ガラスレンズを選ばれる方は、強度近視の方で『出来るだけ薄くしたい』、キズ・ホコリ・熱に強い事から耐久性を重視される方、見え方の透明感にこだわる方などに選ばれます。また耐用年数がプラスチックレンズよりも比較的長くなります。しかしレンズが重くなること、衝撃に弱いなどの点で、現在はプラスチックレンズを選択される方が多くなっています。一般的には軽く・割れない(安全)・種類が豊富なことから選ばれます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください