黒豆ごはんで飛蚊症に負けない目を

黒豆スープで飛蚊症を改善では、黒豆の、老化や病気の原因になる活性酸素を除去するポリフェノール類のひとつ、アントシアニンが豊富なことを紹介していますが、今回も黒豆を使ったレシピの紹介です。

今回は、主食のご飯を使った効能豊富な黒豆をふんだんに使った「黒豆ご飯」。

飛蚊症などの目のトラブルのほか、高血圧、糖尿病などの症状に抜群の効果を発揮します。また、イソフラボンが更年期障害や骨租軽症など、中高年女性の悩みも解消してくれます。

黒豆を水につけて、ふやかして作る方法もありますが、いってから炊いたほうが簡単で、おいしくなります。香りもよく食欲も湧きます。この下処理を丁寧に行うだけでおいしさが桁違いになります。

米に少量のもち米を加え、おこわ風にするのもおすすめです。いった黒豆は、密閉容器に入れて保存すれば1週間はもちます。
もしも湿けてしまったら、もう一度いり直すか、電子レンジで加熱して乾燥させるとよいでしょう
。炊き上がった黒豆ご飯は、炊飯器の中で保存すると変色してかたくなつてしまいます。保存する場合は、ラップに包んで冷蔵庫や冷凍室で保存してください。冷蔵庫なら1週間、冷凍室の場合は1ヶ月以内に食べるようにします。一度にたくさん食べるよりも、1日1膳、継続して食べるほうが効果的。
よくかんで食べれば満腹感もアップします。
豆に含まれるイソフラボンも摂取できます。

飛蚊症は、いわゆる老化現象のひとつですから体の酸化を抑制する食事、食習慣が期待以上に効果を発揮します。
デスクワーク主体の仕事で目を酷使する人は特に豆製品を撮るように意識改革するだけでずいぶんよくなります。

材料は

  • 黒豆…1/2号
  • 米…2号
  • 水…500ml

で、3~4人分作れます。

  1. とぎ汁の濁りがなくなるまで米をとぐ。分量の水に30分ほどつけておく。
  2. 軽く洗って水けをとった黒豆を、油を引いていないフライパンで15分程度、皮が破れるまでいる。
  3. 1に2の黒豆を加えて炊飯器にセット。
  4. 炊きあがったら米と黒豆をよく混ぜる

黒豆スープと一緒に食べれば効果倍増です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください