視力減退に伴う4つの症状(飛蚊症、変視症、紅視症、羞明)

視力の減退と同時に現れる症状のうち、いくつかのものは、目の病気を知らせるシグナルでもある。

目の病気が心配される諸症状

視力の減退に伴って、次のような症状がでる場合があります。これらは、視力の減退からくる目の疲労や、年齢的からだの変化が原因となって起こるものもありますが、何らかの病気を知らせるシグナルの場合もあります。

飛蚊症

視野の中に黒い点が見える症状です。見えるのは、必ずしも点に限らず、虫のようなものだったり、糸くずのようなものだったりします。飛蚊症には2タイプがあります。1つは、視線を動かすといっしょに黒い点が移動するタイプ。これは眼球内の組織が老化して部分的に濁った場合に起こります。もう一つは、突然はっきりした点が多数見え、ちらつくタイプです。この場合は網膜剥離を起こしている可能性があるので注意が必要です。

変視症

変死症は物がゆがんで見える症状で強い乱視でも起こり、この場合は物がカーブを描いたように見えます。波を打ったように見える場合は、網膜の病気が原因となっていることがあります。

紅視症

伝統などのように光を放つ物を見たときに、そのまわりに虹がかかったように光の輪が見える症状です。極度の疲労えも起こりますが、緑内障でも起こります。この場合には早期治療が必要です。

羞明

目が疲れたときにも現れる症状ですが、十分に休養しても治らず慢性的に見られる場合は、角膜や水晶体の異常が原因と考えられます。

こういった諸症状ですが、本人でもなかなか気づきにくいという難点があります。目の洗われる異常は、少しでも早く見つけることが大切ですので異常を感じたら眼科医を受診します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください