ドライアイが目の負担を増大させる

ドライアイも疲れ目の一因になります。目の潤い不足が引き起こすトラブルも深刻です。

ドライが引き起こす疲れ目とは?

最近、よく聞く「ドライアイ」。もともとコンタクトレンズを使う人には、目の乾きなどのトラブルがみられましたが、最近ではコンタクトレンズ使用者以外の人たちにも深刻なドライアイの症状を訴える人が増えています。

コンタクトレンズのトラブルについてはこのページが非常にまとまっています。

特徴的なのは、疲れ目を訴える人がドライアイ症状を併発しているケースが多いということです。理由としては、パソコンの普及、携帯電話の普及なども関連しているようですが、目が乾く、ゴロゴロする、痛む、熱っぽいといった疲れ目の症状は増加するばかりです。
特にドライアイの状態でコンタクトレンズを装用すると痛みがでてしまうため問題になります。

涙の量が減ってしまう場合に起こるトラブル

涙は、もともと目の健康維持に欠かすことのできない重要な働きをしています。目の表面の汚れを防いだり、涙で洗い流しています。また、刺激物から目を守ったり、つねに一定量の涙を分泌することによって目の表面に酸素と栄養を補給しています。
ところが、何らかの原因で目の表面を覆う涙の量が減少してしまいます。そうすると、目は様々なトラブルに見舞われ、目の組織が傷つきやすく、こうした状態で目を使い続ければ、目の負担はさらに増大します。日常生活の中では、ドライアイを促進させる環境が増えていくばかりで問題となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください