シェークレン症候群 が原因の重度の ドライアイ

シェークレン症候群 が原因の重度の ドライアイ を引き起こします。シェーグレン症候群 は、涙腺、唾液腺をはじめとする全身の外分泌腺に慢性的に炎症が起こり、外分泌腺が破壊されて ドライアイ や ドライマウス などの乾燥症状が出現する病気です。
本来、細菌やウイルスなどの外敵から身を守るための免疫系が自分自身を誤って攻撃する、自己免疫という現象が重要な原因のひとつと考えられています。

シェークレン症候群 が原因の重度の ドライアイ で深刻

シェークレン症候群 が原因の重度の ドライアイ

シェークレン症候群 が原因の重度の ドライアイ

女性に多いシェークレン症候群

シェークレン症候群という全身性の病気が原因でも ドライ 症状を引き起こします。 ドライアイ の中でも重症の部類に入ります。この病気は、からだに病原体などの異物が侵入した際にこれを退治するための免疫反応が異常をきたし自分の体を攻撃してしいます。

目の症状は、

  1. 涙が出ない
  2. 目がごろごろする
  3. 目がかゆい
  4. 目が痛い
  5. 目が疲れる
  6. 物がよくみえない
  7. まぶしい
  8. 目やにがたまる
  9. 悲しい時でも涙が出ない

などの症状があります。

涙腺、唾液腺をはじめとする全身の外分泌腺に慢性的に炎症が起こり、外分泌腺が破壊されてドライアイやドライマウスなどの乾燥症状が出現する病気です。

慢性関節リウマチの合併症として発症するケースもあります。50~60代をピークに子供から老人まで発症しますが、特徴的なのは、女性に多い点です。男性1に対し、女性14の割合で発症します。

重症のドライを引き起こすシェークレン症候群の症状

  • 目かゆい
  • 目がゴロゴロする
  • 涙が出ない
  • 目が痛い
  • 鼻出血がある
  • 鼻が乾燥する
  • 唾液が出ない
  • 口内が痛む

自己免疫機能の異常によって大きな影響を受けるのは、目、鼻、口の分泌腺で、深刻な乾燥を引き起こします。

目に現れる症状は、涙の分泌の激減です。反射的分泌もできなくなるほど分泌量が減り、重症のドライを引き起こします。このほかにも、かゆみや異物感、痛み、見えづらさなど様々な症状が目に現れます。角膜や結膜が傷つきやくなってしまいます。

シェークレン症候群 については、免疫機能が壊れて症状を引き起こすことはわかっているものの、なぜ免疫機能が壊れてしまうのかがわかっていません。そのため決定的な治療法が見つかっていません。

しかし、症状を緩和する方法はあり、口の乾きや目の乾きを和らげる薬で、快適な日常生活を送れるように治療します。
口の乾きには唾液の分泌を刺激する飲み薬や、唾液を補充する人工唾液、口の中を清潔にするためのうがい薬やトローチが使われます。唾液の分泌を促す唾液腺マッサージも効果的です。目の乾きには、涙の分泌を促進する飲み薬や点眼液が使われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください