疲れ目の実態を知る」カテゴリーアーカイブ

疲れ目 によるダメージを一番受ける部位

疲れ目 によるダメージを一番受ける部位 はどこでしょうか?ものを見るための  4 つの眼筋肉についてまとめています。

疲れ目は、物を見る行為が引き起こす筋肉疲労です。様々な症状のもととなる 4 箇所の筋肉について見ていきます 疲れ目 によるダメージを一番受ける部位

疲れ目 によるダメージを一番受ける部位

疲れ目 によるダメージを一番受ける部位

目の筋肉痛のもととなる4つの筋肉

物を見る。という行為は下界から目に入ってきた光を神経を介して脳に伝え、視覚情報として処理し、そこではじめて映像として認識する作業といえます。

人間が物を見るためには、まず眼球を正しい方向に向けなければなりません。このとき眼球の位置を調整する機能を担う筋肉が「外眼筋」です。

次に、目は対象物の視覚情報を目の内部にとり入れます。目の中に入ってきた光情報は、角膜と水晶体という 2 つのレンズを通る際に適度に屈折して目の一番奥の網膜上に集められます。

2 つのレンズのうち、水晶体は近くの物を見るときには厚く、遠くの物を見るときには、薄くなって光の屈折度を調整しています。

この変化を調節している筋肉を「毛様体筋」といいます。
また、物を見るためには環境に応じて光量を調節することが必要です。光の入り口の瞳孔を開いたり縮めるときに働く筋肉が「瞳孔括約筋」といいます。
物を見るのに必要な調節機能をつかさどるこれらの筋肉が疲れ目と深く関係しているのです。

ものを見るための 4 つの眼筋肉のまとめ

1.外眼筋
眼球を正しい方向に向ける働きをする
2.瞳孔括約筋
3.瞳孔散大筋
瞳孔を開いたり縮めたりする働きをする瞳孔括約筋と瞳孔散大筋
4.毛様体筋
水晶体の厚さを調節する毛様体筋

目を酷使して筋肉疲労がでた場合の症状は?

長時間、集中して物を見ていると目の筋肉が疲れます。デスクワークで PC をずっと見ていたり、長時間運転していると目が疲れます。これは、視線を移動させることが多いために眼球のむきを調節する外眼筋が疲労し、物が二重に見える複視や鈍痛を引き起こします。

また、近距離の物を凝視するときは、水晶体を厚く保つ機能が働くため、毛様体が緊張し続けます。これは簡単にいうと肩凝りなどと同じ現象です。結果、調節機能が低下してしまいます。

遠くに視線を移したときにピントが合わずにぼんやりかすんだりしやくなる原因となります。
まぶしさを感じるのは、疲れ目の症状でもありますが、瞳孔の大きさを調節する瞳孔括約筋と瞳孔散大筋の働きが低下することに関係しています。

普段は、この筋肉はあまり疲労を起こしませんが、 PC のディスプレーなど高速で動く光を見続けると脳に伝わる光情報が許容量を超え、神経、脳そのもが疲れてしまうのです。
PC を使う場合には 1 時間ごとに休憩を入れるように。と言われますが目のことを考えたら必ず休憩を入れてほしいのです。

目の病気やトラブルが急増している現代社会 パソコンやスマホの過剰使用が大きな原因

目の酷使と疲労の蓄積が疲れ目の原因

目の酷使と疲労の蓄積が疲れ目の原因 です。疲れた目をしっかり休めないと視力低下の原因や眼病のトラブルの原因なります。

疲れ目が起こる経過をたどってみるとほとんどが「目の酷使」と「疲労の蓄積」という点にたどりつく

目の酷使と疲労の蓄積が疲れ目の原因

目の酷使と疲労の蓄積が疲れ目の原因

からだの疲労と目の疲労は同じ

人間の体は、使えば疲労するのが当然です。運動を行った後に足や腕などが筋肉痛になるのは当然です。目の疲れも基本的にはこれと同じなのです。「目の筋肉痛」というとイメージしやすいかもしれません。
運動の場合も、目の場合もですが、トータルの運動量が一定ラインを超えると体からSOSのサインがでるのです。
運動の場合であれば、筋肉痛、目の場合であれば、疲れ目というSOSがでる。というわけです。

疲労を解消するか蓄積するかでは大きな違いが生じる

運動の場合であれば、筋肉痛になればマッサージを行ったり、シップを貼ったりして疲労の解消に努めます。これに対して目の疲労の場合はどうでしょう。

会社や学校で PC をさんざん使ったあとに家に帰ってきて DVD を見たり、スマホ、TVを見たりしていませんか?
疲れ目に対するケアの自覚がない人がほとんどです。足や腕の筋肉に比べたら目の中にある毛細血管はかなり繊細です。

本来であれば、手や足以上に労るべきなのです。疲れ目を感じたときに SOS のサインだときちんと自覚して目を休めることをしないと、疲労は蓄積していくばかりです。
SOS のシグナルをもっと敏感に感じ取ることが大切です。

目についてワンポイント

人間が生きていく上で必要な情報を収集するのは、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚と五感を使います。そのうち視覚を通して得る情報量は 90 % にものぼります。

人類が誕生して数百年も前から敵をいち早く発見し危険から身を守り、食糧を確保し、生命維持のために「見る」行為が非常に大きな役割を担っていたのです。今も当然それはかわりません。

本来情報収集を行うためにかなり精密に頑丈に作られている目ですが、近年の OA 化により目の疲労はどんどん増加しています。
目を休めることはとても大切なことなのです。

現代人の疲れ目の症状は十人十色

疲れ目の症状は十人十色 目の疲れ、かすみ、乾燥などの症状は、目を酷使する方によくみられます。このような症状の原因は様々ですが、その1つに 眼精疲労 があります。眼精疲労には適切なケアが大切です。

一言で 「 疲れ目 」 と言いますが、症状は、 「 目 」 そのものへの影響から全身に及ぶものまで様々です 疲れ目の症状は十人十色

疲れ目の症状は十人十色

疲れ目の症状は十人十色

日常生活の中で、見ない日はないパソコンやケータイ、テレビなどの現代人ならではのデバイス。 これらを見ているときは、目をあまり動かすことなく、常にピント調節の筋肉が緊張している状態になり、長時間続けると疲労が蓄積します。

また、まばたきも減少することから、目が乾きやすくなり、目は一層疲れやすい状態になります。公私共にこういったデバイスの使用量が急増しとおり、目の疲れは増える一方です。

目に現れる症状

疲れ目の具体的な症状を例にあげてみます。こうした症状を自覚したら疲れ目が進んでいるといってもいいでしょう。

見え方の異常
最も多い症状が見え方の異常です。たとえば、長時間細かい作業をし続けたあとに物がかすんで見えたり、近いところから遠くに視線を移したときに、しばらく焦点が合わずにぼけてしまう症状です。両目で見ると物が二重に見えてしまう「複視」になることも。

複視とは、1つの物が二重に見えることをいいます。 複視は片眼だけを開けているときに起こることもありますが(片眼複視)、より一般的なのは、両眼を開けているときに起こる複視(両眼複視)です。

痛み
目の奧が重苦しかったり、鈍い痛みを感じます。疲れが激しいときにはずきずきとした痛みを感じることもあります。
目の奥にある6本の筋(外眼筋)が痛んでいるために目が痛くなります。また目の奥が痛いだけでなく、目に圧力を感じることもあると思います。目の使い過ぎによって、目の奥の6本の筋が固くなっていくため、そのような症状があらわれます。
光の感じ方の違和感
疲れが蓄積してくると、ふだんと同じ照明なのに異常にまぶしく感じることがあります。まぶしい、までいかなくても普段より明るく感じることもあります。

暗いところから明るいところへ出ると誰でも眩しく感じるものですが、これは暗いところでは瞳が開いたり網膜が明るさを感知しやすい状態となったところ(暗順応)で、環境が変わったために光が眼に入りすぎてしまっておこる現象です。
こちらのページで ドライアイ の自己チェックを行ってみましょう
それに対して、家の中にいても眩しい、一緒にいる家族や友人は何ともないのに自分だけ眩しい、といった症状は病気の可能性があります。

かゆみ
かゆみは汚れが目の表面について目を刺激したり、傷つけてしまったりすることによって起こります。
目のかゆみは結膜炎によって引き起こされる症状の1つです。結膜炎とは、外部からの刺激によって結膜が炎症を起こした状態のことです。結膜は、まぶたの裏側と白目の部分を覆っている粘膜のことです。結膜炎の原因には、アレルギー性のものと非アレルギー性のものがあります。
目の乾き
長時間、細かい文字などを凝視したときに、目の乾きを感じることがあります。まばたきの回数が減って目の表面が乾きやすくなることが原因です。 ドライアイ についてはこちら

最近は、オフィスや家でのエアコン使用頻度があがり、その影響で風を直接浴び続けていると、目はすぐに乾燥してしまいます。疲れ目にこのような環境はさらに乾きを加速させてしまいます。
目の負担を減らす 8 つの項目