疲れ目の実態を知る」カテゴリーアーカイブ

目の酷使と疲労の蓄積が疲れ目の原因

疲れ目が起こる経過をたどってみるとほとんどが「目の酷使」と「疲労の蓄積」という点にたどりつく

からだの疲労と目の疲労は同じ

人間の体は、使えば疲労するのが当然です。運動を行った後に足や腕などが筋肉痛になるのは当然です。目の疲れも基本的にはこれと同じなのです。「目の筋肉痛」というとイメージしやすいかもしれません。
運動の場合も、目の場合もですが、トータルの運動量が一定ラインを超えると体からSOSのサインがでるのです。
運動の場合であれば、筋肉痛、目の場合であれば、疲れ目というSOSがでる。というわけです。

疲労を解消するか蓄積するかでは大きな違いが生じる

運動の場合であれば、筋肉痛になればマッサージを行ったり、シップを貼ったりして疲労の解消に努めます。これに対して目の疲労の場合はどうでしょう。
会社や学校でPCをさんざん使ったあとに家に帰ってきてDVDを見たり、TVを見たりしていませんか?
疲れ目に対するケアの自覚がない人がほとんどです。足や腕の筋肉に比べたら目の中にある毛細血管はかなり繊細です。
本来であれば、手や足以上に労るべきなのです。疲れ目を感じたときにSOSのサインだときちんと自覚して目を休めることをしないと、疲労は蓄積していくばかりです。
SOSのシグナルをもっと敏感に感じ取ることが大切です。

目についてワンポイント

人間が生きていく上で必要な情報を収集するのは、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚と五感を使います。そのうち視覚を通して得る情報量は90%にものぼります。
人類が誕生して数百年も前から敵をいち早く発見し危険から身を守り、食糧を確保し、生命維持のために「見る」行為が非常に大きな役割を担っていたのです。今も当然それはかわりません。
本来情報収集を行うためにかなり精密に頑丈に作られている目ですが、近年のOA化により目の疲労はどんどん増加しています。
目を休めることはとても大切なことなのです。

疲れ目の症状は十人十色

一言で「疲れ目」と言いますが、症状は、「目」そのものへの影響から全身に及ぶものまで様々です。

目に現れる症状

疲れ目の具体的な症状を例にあげてみます。

  1. 見え方の異常
  2. 最も多い症状が見え方の異常です。たとえば、長時間細かい作業をし続けたあとに物がかすんで見えたり、近いところから遠くに視線を移したときに、しばらく焦点が合わずにぼけてしまう症状です。両目で見ると物が二重に見えてしまう「複視」になることも

  3. 痛み
  4. 目の奧が重苦しかったり、鈍い痛みを感じます。疲れが激しいときにはずきずきとした痛みを感じることもあります。

  5. 光の感じ方の違和感
  6. 疲れが蓄積してくると、ふだんと同じ照明なのに異常にまぶしく感じることがあります。まぶしい、までいかなくても普段より明るく感じることもあります。

  7. かゆみ
  8. かゆみは汚れが目の表面について目を刺激したり、傷つけえしまったりすることによって起こります。

  9. 目の乾き
  10. 長時間、細かい文字などを凝視したときに、目の乾きを感じることがあります。まばたきの回数が減って目の表面が乾きやすくなることが原因です。

疲れ目の実態

疲れ目は健康な状態ではないけれど、かといって病気とも言い難いグレーゾーンに含まれるやっかいな症状です

疲れ目は働き盛りの人に多い

今、働き盛りの年代を中心に深刻な目の疲れや視力の低下、見え方の異常など様々なトラブルが急増しています。目の不快な症状を抱えている人は自分に合った対処法で正しく目を労りましょう。働き盛りといえば20代~40代です。
人生では最も元気に働く時期です。本来であれば疲れ知らず、健康的にバリバリ働く時期にあります。ところがこの年代がかなり疲れているのです。こうした年代の人たちが訴える疲労は、特定の部分に関わること、全身に関わること、様々ですが群を抜いて多いのが「目の疲れ」です。そして目の疲れやすい人に見られるのが、肩や首筋などの頑固な凝り、腰痛なども抱えています。
さらに目の疲れが進行すると、頭痛や吐き気、めまいといった症状にまで発展するケースが多いということです。
こうした症状を訴える人は全体的に疲れやすく常に原因のはっきりしない倦怠感に悩まされています。疲れ目を放っておくことが全身に悪影響を及ぼしてしまうのです。これを防ぐためにも適切なケアが必要です。