老眼による疲れ目を最小限に抑える

老眼による疲れ目を最小限に抑える 老眼は誰もが必ず通る道ですが、最小限に抑える方法を知っておくといいでしょう。

最近は、老眼が現れる時期が以前よりも早くなっています。目にかかる負担をできるだけ抑えるようにします。

老眼の初期の症状は、近くの細かい字が読みづらい、また近くから遠くへ、遠くから近くへと距離の違うものにピントを合わせるのに時間がかかるようになります

たとえば、新聞や辞書などの細かい字を読むとき、以前よりも目から離さないと読みづらくなりますし、少し暗くなると本などの字が読みづらくなります。また、本を読んでいて、ふと目をあげると、窓の外の景色がぼんやりして見え、じっと見ているとだんだんはっきりしてくるというような症状が起きてきます。

大好きな読書がストレスになったりすることもありますし、体の疲れをこれまで以上に感じる人もたくさんいらっしゃいます。

老眼による疲れ目を最小限に抑える

老眼による疲れ目を最小限に抑える

老眼になる時期は早まる傾向が 老眼による疲れ目を最小限に抑える

ふつう老眼というと、 40 代以降にはじまる老化現象としての認識が一般的でした。
ところが、最近では 30 代の人でも老眼の症状が出る場合があります。遠視の場合はさらに早く、20代で老眼が出現することもあります。

日本人の寿命が延びたのに、老眼が現れる時期が早まる傾向にあるというのは、じつに皮肉なことでもあります。
老眼による疲れ目の被害を少しでも食い止めるには、視力の減退が老眼によるものかどうかを判断しなくてはなりません。
老化は年とともに必ず起こる症状ですが、進化を遅らせることはできてもくい止めたり、ということは不可能です。

老眼かな?と思ったらこんな対策を!

対策の基本は検査・矯正・規則正しい生活になります。30代後半になって視力の異常に気づいたら、まず眼科で正しい検査を行うようにしましょう。ここでは老眼と診断された場合には、医師のアドバイスに従って老眼鏡を作ります。老眼鏡を避ける人もいますが、見えづらさをがまんする生活は目に多大な負担をかけます。その結果、老化を進めてしまうのです。

老眼鏡の利用で、目の健康はもちろん、精神的にも健康に過ごすことが出来ます。
基本的な栄養・運動・休養といったバランスのとれた生活が大前提です。

あとは、目にいい成分としてアントシアニンというポリフェノールがありますが、ブルーベリーよりもたくさん含まれているのが アサイーベリー です。抗酸化物質は積極的に摂ったほうがいいでしょう。食事でもポリフェノールなどの抗酸化物質をたっぷり摂るようにします。

目の老化 を防ぐための食べ物と 3 つの栄養素

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください