コンタクトレンズ装用を避けるべき4つの症状(コンタクトレンズの基礎知識))

ドライアイ・花粉症・アレルギー性結膜炎などがあればコンタクトレンズの装用は避けます。

コンタクトレンズを避けたほうがいい代表的な症状を4つあげています。

  1. アレルギー性結膜炎や角膜炎、花粉症で充血や分泌過多の人
  2. 涙が少なくドライアイ
  3. 強度の乱視の人のディスポーザブルレンズの使用
  4. 遠視でコンタクトレンズで矯正しても見えづらさが改善できない人

メガネがおすすめの人

目の健康状態によっては、コンタクトレンズの使用を避けたほうがいい場合もあります。上の4つもです。ドライアイ、花粉症、アレルギー性結膜炎の場合、涙が少なく、充血しやすい、目やにが多くでる、などの症状があります。
これは、コンタクトレンズトラブルのもとである、乾きと汚れの問題をかかえているからです。
続けてコンタクトレンズを装用していると、目のトラブルを引き起こしてしまいます。
楽天の送料無料のコンタクトレンズはこちら。

どうしてもコンタクトレンズを装用しなくてはならないときは

1つめは、使い捨てコンタクトレンズにすることです。連続装用タイプは絶対に避けるようにします。2つめは、ドライアイ対策をする。ということです。
乾燥しやすいオフィスでの使用は厳禁ですが、人工涙液型点眼薬などを使用して水分を補います。特にレンズ面積の大きいソフトレンズは乾燥しやすいので注意します。
3つめは、装用する時間帯に気を使うことです。涙の分泌が減る時間は、コンタクトレンズによる障害を引き起こしやすくします。このことをしっかり頭に入れておきます。十分なドライアイ対策もせずに夜も装用したまま、というのは角膜を傷つける原因となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です