フレーム&フィッティング(メガネの基礎知識)

ファッショナブルなデザインのフレームが登場していますが強度などの面もきちんと調べましょう。

デザインだけのフレームを選ばない

ここ最近、メガネのフレームのデザインも多種多様なものが増えています。メガネをファッションとして楽しむ方法も増えました。しかしそれぞれの形には、メリット、デメリットがあり、特徴を理解してから用途にあったものを選ばないとかえって疲れ目を助長させてしまう場合があります。
フレームはレンズを縁取るリムの形によって3つのタイプがあります。

フルリム
レンズの周囲をぐるりとリムが囲む一般的な形。
ハーフリム
レンズの上半分にリムがある形で、下半分をナイロン糸で支えています。使われるナイロン糸は丈夫なものが使われますが、摩擦や熱にさらされるうちに摩耗したり切れたりするので1年に1度は交換する必要があります。
リムレス
リムが全くない形でレンズに穴をあけてねじでつるとブリッジを止めています。1枚のレンズに2カ所の穴をあけることから「ツーポイント」と呼ばれています。デザインでは人気の高いタイプです。

フィッティングと目の疲労の関係

処方通りの矯正視力を得るためには、正しいフィッティングが欠かせません。使い始めてからしばらくすると、メガネのずり落ちや耳の後ろの痛みなどが気になることがありますが、これはつるや鼻パッドがゆるんでいる証拠です。モノを見るたびにメガネが正しい位置に押し上げるのはとても面倒で煩わしいことですが、なんと言ってもレンズの焦点がすれてしまうことが一番の問題です。これでは矯正も十分に発揮できません。間違ったフィッティングは疲れ目の原因になり、早いうちに調整が必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください