投稿者「admin」のアーカイブ

会社や学校で座るイスとデスク

自分に合ったデスクやイス

目の負担を減らす8つの項目で目の過労を防ぐポイントとして「正しい姿勢を保つ」ことを挙げていますが、これは首・肩・背中に疲れをためないことが、最終的に疲れ目を防ぐ、ことに直結するためです。
デスクワークが主であり、PC作業が欠かせないビジネスマンや学生などがこのポイントをクリアーする大事な要素は、デスク選びとイス選びにつきます。人間工学的にからだによいとされるイスとデスクの条件を紹介します。

イス選びの重要点

まず大事なのは高さです。腰掛けたときにひざがほぼ直角にまがり、足裏全体が床につく高さを目安にします。そのためには、当然、高さを調節できるイスでなければなりません。また、安定した姿勢を支えるためにには、背もたれが肩胛骨の下端にくるくらいのもの、できれば体の動きに合わせて、後方に少し傾くリクライニングタイプが最適です。さらにデスクワークの時間が多い人には、ひじかけのあるものがおすすめです。ひじかけの高さは腕を置いたときにひじが直角よりやや広めの角度になることを目安にします。人間工学に基づいたオフィス用チェアーを楽天で見る

デスクのチェックポイント

条件に合わせたイスを使用した際にデスクの高さは適切になっているでしょうか?高さが適切に保たれていない場合、ちょうどいい距離感を保つために首や肩に余計な負担がかかります。まず、イスに深く腰掛けて腕をデスクにのせてみます。ひじが直角よりやや広めで曲がっていればOKです。高さと合わせて、十分な作業スペースがあるかどうかも重要です。山積みになった書類や機器の隙間で作業をしていないかどうか再確認します。窮屈なスペースでのデスクワークは体に負担をかけ同時に疲れ目になりやくなります。パソコン用デスクは高さ調節可能で自分の体のサイズに合わせて調節可能です。

室内の空気にも配慮

室内の空気汚染が健康以外に目に影響を与えることも

建材に含まれる化学物質

こんな体験はありませんか?ある特定の建物内に入ったときに、涙目になったり、目がちかちかしたり。建てられて間もない、リフォームしたばかりの建物でこういった報告が寄せられています。これは「化学物質過敏症」と呼ばれる症状です。これらは、建材に使用される壁紙や床材、塗料、接着剤に含まれる特定の化学物質が刺激となって症状を引き起こすシックハウス症候群です。化学物質過敏症の症状が最も現れやすいのが目で、眼精疲労や目のかゆみ、痛み、視力の低下などが代表的な症状です。こうした不快な症状は、当然目の負担を増やします。原因の不明な症状がある場合には、化学物質過敏症の可能性も考慮して原因を突き止める必要があるでしょう。自律神経失調症と診断されてしまうケースもあり、専門家に診断してもらう必要があります。

受動喫煙にも注意

たばこによる健康被害は周知のとおりですが、目にとってもいいことはありません。煙でもくもくしていると目が痛くなったりするのもそのせいです。たばこの煙には、ニコチン、タール、アンモニア、一酸化炭素といった有害物質が含まれます。これらが目の表面に付着すれば、目の不快な症状を促進することになります。また、ドライアイ傾向の人は涙で有害物質を流すことができないため、症状が重くなりがちです。受動喫煙はさらに有害物質を多く含むため結果的に、喫煙者より周囲の人が煙りの被害を受けてしまうのです。

気密性の高さをマイナスポイントにしないために

快適な空間であっても目にとっては好ましくないケースもあります。建物の特性を考慮した上で環境整備を行うようにします。

気密性の高い室内では温度・湿度管理に気を配る

最近のオフィス、学校、住宅などは保温性や断熱性能が格段に向上し気密性のかなり高い建物が多くなりました。住宅でも「高気密・高断熱」をうたったハウスメーカーが増えています。その一方で通気性に乏しい構造になっていることも事実です。こうした気密性の高い建物内で過ごすときに注意したい点は、室内の温度・湿度の調整です。家庭もオフィスも通年でエアコンを使用し使わない期間というのはほんの僅かです。問題はこのエアコンの設定です。体に最も快適とされるのは、温度18度前後・湿度50~60%ですが、冬は暖めすぎ、夏は冷やしすぎ、湿度は低め、ということが多いのではないでしょうか。湿度が40%程度まで下がると、目の乾きが著しくなります。目の乾燥を防ぐために一度、こういったエアコンや湿度のチェックを行うといいでしょう。職場や学校などの場合は、多くに人が利用する空間ではなかなか自由に調節できない面もありますが加湿器などを使ってうまく調整したいものです。

気密の高い住宅はカビやダニに注意

気密性の高い住宅は、熱を逃がさない構造になっているため温かく快適ですが、ダニやカビが繁殖しやすくなっています。そのためアレルギー性結膜炎などがある場合には、生活空間を清潔に保ち、湿気をためないように窓を開けて通風をよくするようにします。また、観葉植物などは気密性の高い空間ではダニを増やす原因になります。

目の負担を減らす8つの項目

過度の負担・不自然な負担に気をつける

「正しい目の使い方」の意味は理解できていても一体どのようにすればいいのかがわかりにくい人は多いと思います。これは結局「過度の負担をかけない」「不自然な負担をかけない」ということになります。そこでまずは疲れ目やドライアイの大もととなる疲労に追い込まないための基本ポイントです。

過労から目を守るチェックポイント

正しい目の使い方を実践するためのチェックポイントは次の8項目です。

正しい姿勢で見る 正しい姿勢を心がけることにより、「目の調整力を過度に働かせない」「眼精疲労を引き起こす首筋や肩凝りの防ぐ」という2つの効果が期待できます。
暗いところで物を見ない 暗いところ、薄暗いところなどでは、目ははっきり見ようとしてオーバーワークになりがちです。作業空間の照明が適切かどうについてチェックします。
細かい物を見続けない 細かい物を見続けると、目に過度の負担がかかります。
ちらちらと動く物を見続けない ちらちらと動く物を見るとき、目は視線の方向を細かに調節し続けなければならないため、目の筋肉疲労を起こしやすくなります。こうした物を見続けるのは避けましょう。
目から30cm以上ははなす 近すぎる物を見続けると、「一時的に禁止状態」になります。デスクの上の生類などを見る場合には、目との距離を30cm以上保つようにします。
集中的な作業の間に必ず休養を 疲れ目を防ぐためには、こまめに目を休ませることが大切です。60分の作業につき数分間のリラックスタイムを設けます。
ストレスを感じたら体を休める 目の大敵であるストレスをためこむ前に体を休めたり、適度な運動を行います。
目の潤いを保持する 忙しいと忘れてしまいがちですが、瞬きをしたり、乾燥が気になるときは人工涙液型の目薬をさすようにして潤いを保ちます。

目の健康を守る4つのこと

疲れ目を解消する、または防ぐには4つのことを実践することです。

健康な目を維持するために

日頃から目に対するいたわりが足りない、と感じた人も多いことでしょう。また、疲れ目が気になっても今まで全く具体的な対策を講じてこなかった人もこれを機会に目の健康に取り組むことが大切です。疲れ目、視力の減退は「なってしまったら仕方のないもの」では決してありません。
日常生活の中で症状の改善ポイントが、症状の緩和に繋がるポイントが必ず見つかるはずです。

目の健康を守るためには今日からすぐに行いたい「4つの事」です。

正しい目の使い方を
あまりに当たり前すぎるポイントで軽視されがちですが、このポイントを常に意識しているかどうかかが、疲れ目を改善できるかできないかの分かれ目だったりします。TVやPCを見る距離など当たり前のことになります。
正しい環境で
疲れ目や視力の減退などで困っていても生活環境を見直す人は、あまりいません。目にやさしい環境を整備することは非常に大切です。
正しい疲労のケアを
目の不快な症状の裏には、必ずといっていいほど、目のオーバーワークが潜んでいます。「使ったらまめに休憩を入れる」ことはすぐにでも実践できます。
体全体の健康づくりを
目の心身の健康状態は、密接な関係にあります。双方の健康を維持し、疲労の回復を高めるためには「バランスのとれた食生活」は非常に大きなウェイトを占めます。疲れ目の改善を体全体のものとして考えるスケールが大切です。

ドライアイの治療はどうやってするの?

眼科では、点眼薬によを処方し薬物療法を行います。重症の場合には手術をするケースも

処方される点眼薬

乾いてしまう、または乾きがちな目の潤いを薬で補ったほうがいい場合や、角膜の炎症を治療する場合に、点眼薬が処方されることがあります。現在、眼科で処方される点眼薬一覧です。

ヒアルロン酸ナトリウム
点眼薬
目の潤いを補うために使われる点眼薬です。これまでは違うタイプの人工涙液型の点眼薬が使われていましたが、目の表面に安定せずにすぐに流れてしまう難点がありました。これを解決するために「ヒアルロン酸」という粘り気のある成分を配合したのがこの点眼薬です。ドライアイやシェークレン症候群、コンタクトレンズの使用に伴う症状に処方されます。
フラビンアデニンジヌクレオチド点眼薬 新陳代謝の低下やビタミンの不足が原因とされる角膜やまぶたの炎症を抑えるために使われる薬です。
シアノコバラミン
点眼薬
眼精疲労に伴うドライアイの症状の改善に使われる薬です。この薬の主成分は、目の調節機能の改善に効果を発揮します。

重症ドライの場合には手術を行う

プラグ挿入術 涙の排出量を抑えるため、涙の排出口にシリコン製の非常に小さなプラグを挿入する手術
涙点閉鎖術 涙の排出口を熱で焼き固めてしまう手術。プラグ挿入術で症状が改善できない場合に行う。

その他の治療は

眼科での治療は点眼薬の処方が中心ですが、そのほかに補助的に取り入れられる方法があります。まず、目の脂成分を分泌するマイボーム腺の働きをよくし、涙の安定性を高めることを目的に行います。
疲れ目を温めることによって得られる快感の効果のほうが期待できそうです。また、環境的に目の乾きが進んでしまうような人には、目を外気にさらないようにするためにゴーグルのような形の専用めがねをすすめることもあります。

ドライアイで受診するとこんな検査をする

ドライアイで気になったらまずは受診しましょう。ケアについて正しい方法を行うのが早い解決方法になります。

問診で生活環境と症状を知る

疲れ目や視力の低下などを訴えて病院を受診した場合まず行われるのが「問診」です。問診は、医師が患者の生活環境や自覚症状などについて質問をし、その回答からドライアイの可能性があるかどうかを判断するものです。もしも、現状で何らかの症状に困っている方は、眼科に行く前に

  • どのような自覚症状があるのか
  • どのような環境で目を使っているか

などについて整理しておくといいでしょう。

涙の分泌量を測る

ドライアイの検査で最も重要なのが、涙の基礎的分泌量の測定検査になります。一般的な検査は「シルマーテスト」と呼ばれるものです。まず下まぶたに長さ5cm幅0.7cmほどの細長い濾紙をはさみます。この状態でまぶたを閉じ、5分たったら濾紙にしみこんだ涙から涙量を計測します。

涙の質と量を調べる

シルマーテスト以外に涙量や涙質、目の表面のコンディションを調べる検査には次のようなものがあります。

ティアーメニスカス法 涙量を調べるために、フルオレセインという染料をたらし、下まぶたのふちにどれだけ涙が蓄えられているかを観察します。この検査は、分泌された涙が目の表面に広がる前にいったん下まぶたのふちにたまるという特徴を利用しています。
BUT 目に表面に広げられた涙が安定しているかどうかを調べるために、涙の膜を蛍光染料で染めて観察します。
角膜や結膜の検査 角膜や結膜の表面が傷ついていないかどうかの検査は、染料で染めて、生体顕微鏡で観察します。傷があるところは、染料で染まります。

シェークレン症候群による重度のドライアイ

シェークレン症候群は深刻なドライ症状を引き起こす病気

女性に多いシェークレン症候群

シェークレン症候群という全身性の病気が原因でもドライ症状を引き起こします。ドライアイの中でも重症の部類に入ります。この病気は、からだに病原体などの異物が侵入した際にこれを退治するための免疫反応が異常をきたし自分の体を攻撃してしいます。慢性関節リウマチの合併症として発症するケースもあります。50~60代をピークに子供から老人まで発症しますが、特徴的なのは、女性に多い点です。男性1に対し、女性14の割合で発症します。

重症のドライを引き起こすシェークレン症候群の症状

  • 目かゆい
  • 目がゴロゴロする
  • 涙が出ない
  • 目が痛い
  • 鼻出血がある
  • 鼻が乾燥する
  • 唾液が出ない
  • 口内が痛む

自己免疫機能の異常によって大きな影響を受けるのは、目、鼻、口の分泌腺で、深刻な乾燥を引き起こします。目に現れる症状は、涙の分泌の激減です。反射的分泌もできなくなるほど分泌量が減り、重症のドライを引き起こします。このほかにも、かゆみや異物感、痛み、見えづらさなど様々な症状が目に現れます。角膜や結膜が傷つきやくなってしまいます。
シェークレン症候群については、免疫機能が壊れて症状を引き起こすことはわかっているものの、なぜ免疫機能が壊れてしまうのかがわかっていません。そのため決定的な治療法が見つかっていません。

アレルギーとドライアイの関係

アレルギー体質の人はドライアイの症状を併発しているケースが多々あります。これは涙が減少して、アレルゲンから目を防御できないためです。

花粉症とドライアイのダブルパンチ

日本の花粉症患者さんは年々増加しています。毎年、春が近づくにつれて憂鬱な気分になっている人も多いことでしょう。このやっかいな花粉症とドライアイが悪循環を引き起こし、2つの症状を併発する人が増えています。その背後には、涙の減少、異物の侵入、アレルギー性結膜炎の3つがサイクルを作りあげているのです。

アレルギー性結膜炎の90%は花粉症

花粉症になると、目のかゆみ、充血、涙目、またぶたの腫れなど、特有の症状が目に現れます。これが花粉がアレルギーの原因物質となって起こるアレルギー性結膜炎です。アレルギー性結膜炎は、花粉以外にもダニやほこり、ふけが原因になることがありますが、アレルギー性結膜炎の患者さんのうち、花粉の飛び散る春になると症状が悪化するという人は90%にもなります。このタイプの人は目に花粉が飛び込んでくると体が過剰に反応し、結膜が炎症を起こしてしまうのです。

ドライアイと花粉症の悪循環は深刻な問題

ドライアイになると当然、涙の分泌量が減ります。これは目の表面を守る保護膜が薄くなってドライスポットが出来やすくな状態ですから、外からの異物が直接目の表面に飛び込んできてしまいます。
こうした状態で花粉が目に侵入してくると、目に付着した異物を洗い流せるだけの涙の量がないために、花粉に触れた結膜がアレルギー性結膜炎を起こし、やがて角膜にもその炎症の影響が及んできます。結膜の炎症によりムチンという成分の分泌が減少し、涙の成分が変わるため、ますますドライアイが深刻になるのです。

コンタクトレンズを装用しているとなぜドライアイになりやすいのか?

コンタクトレンズを装用している人は目の表面が乾きやすくなっています。涙の成分のバランスが乱れることもあります。

長時間の使用により涙の3層構造が壊れる

コンタクトレンズを装用している人にはドライアイの症状が多く見られます。目が乾く、ゴロゴロとした異物感がある、痛い、コンタクトレンズが外れてしまうといった症状は、その代表的症状です。
コンタクトレンズトラブル解消の専門サイトにも次のような記事があります。
ドライアイに関する情報一覧
もともと、コンタクトレンズは目にとって異物ですから、品質改良が進んだとは言っても、コンタクトレンズ特有の不快症状を完全に解消することはできません。コンタクトレンズを長時間使っていると、涙の成分や量のバランスが除々に崩れて3層構造が壊れてしまいます。そのためコンタクトレンズの装用者はドライアイを引き起こしやすいのです。

異物感を感じさせる「慣れ」が涙不足になる

コンタクトレンズは、目の表面の角膜にじかに触れているのではなく、涙の層にゆらゆらと浮いた状態になっています。もし、コンタクトレンズが角膜に密着していれば、角膜は涙から酸素と栄養を受け取ることができず、潤いも保てないため、組織がどんどん衰えていきます。さらに異物であるコンタクトレンズの刺激に直接さらされて、角膜の表面は傷だらけになってしまいます。コンタクトレンズを使っているうちに涙の層が壊れてしまうのは、コンタクトレンズに対する「慣れ」と関係があるのです。コンタクトレンズを使い始めた頃は、誰でもかなり異物感があり反射的分泌が起こって「涙目」になることがあります。これは異物に対するからだの正常反応ですが、毎回異物に反応していては、目を使うことができなくなってしまいます。そのため目を異物にならすために自然に感覚を鈍らせるようにします。これが涙の分泌システムに影響し、成分や量のバランスを壊してしまうのです。目の感覚が鈍くなると、涙の分泌に必要なまばたきの回数まで減ってしまい、目の表面の涙が不足してしまうのです。これがコンタクトレンズ装用者のドライアイです。