疲れ目の症状と似ている目の病気

重大な目の病気が疲れ目の症状によってかすんでしまうケース。しっかり見極めることが大切です。

目の病気と区別する

見え方の異常や痛み、疲労などの自覚症状があれば、「疲れ目」と考えるのが一般的です。ところが治療が必要な目の病気の自覚症状と疲れ目の症状が酷似しているものがあります。疲れ目の症状と同じだから心配ない。と決めつけてしまうことは後々大変なことになる場合もあります。

30代~40代で気をつける4つの目の病気

30~40代の働き盛りの人が特に気をつけたい目の病気は

  • 白内障
  • 緑内障
  • 網膜剥離
  • 中心性網脈絡膜症

の4つです。

白内障の症状

白内障は、ものを見るときにレンズの役目をする水晶体が老化して、白く濁ってしまう病気です。
水晶体が濁りはじめると、目に入ってきた光情報が網膜に正しく届かなくなり、これがかすみ目や視力の低下、疲れ目を引き起こします。

緑内障の症状

緑内障は、網膜に集められた光情報を脳に伝える視神経が圧迫され、死んでしまう病気です。眼球の張りを保っている眼圧が高くなりすぎて起こるタイプと、眼圧が正常のまま起こるタイプの2つがあります。どちらも視野がだんだん欠けていくのが特徴です。
激痛発作が起きたときには、失明する危険性もあるため初期症状の自覚症状を見逃しては行けません。

網膜剥離の症状

網膜剥離は、目の中に入ってきた光情報が集まる網膜に裂け目がきてはがれてしまう病気です。はがれた部分は光情報を感じることができないので、視力の低下や見え方の異常などを引き起こします。
治療が遅れると失明します。
網膜剥離の原因で一番多いのは、硝子体と呼ばれる部分の老化ですが、比較的若い世代でも強度の近視の人は発症率が高くなります。

中心性網脈絡膜症の症状

網膜の血管から染み出した血液成分が網膜にむくみを起こす病気です。
網膜が押し上げられて見え方の異常が起こります。
病気そのものは、良性なので正しい治療で回復します。しかし、再発しやすい病気で、30~40代の男性に多い特徴があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください