月別アーカイブ: 2011年2月

乱視

角膜や水晶体がゆがんでいると光情報は網膜上の1点に集中せずに映像がぶれます。これを乱視といいます。

レンズのゆがみが乱視

近視や遠視の次に多いのが乱視です。遠近ともにぼやけてしまう屈折異常です。
乱視は、網膜上に光情報を正しく集中できないという点では、近視や遠視と同じですが、水晶体の暑さの忠節機能や目の奥行きの問題で起こるわけではありません。
眼球内には物を見るために必要なレンズ機能果たす角膜と水晶体があります。どんな角度から入ってきた光情報でも正しく屈折させるためには、これらが正円でなければなりません。実際にはどんな人でも多かれ少なかれ楕円を帯びているのですが、ゆがみが少ない分には、特に問題ありません。かなりゆがんでいる場合には、乱視の状態が起こるのです。乱視を引き起こすような大きな歪みのある角膜や水晶体は表面のカーブが縦横あまりにも違いすぎるので、入ってくる光の方向におってそれぞれの光情報が、バラバラなところに集中してしまいます。その結果、水晶体の調節機能や眼球の構造が正常でも、どこにも焦点が正常でも、どこにも焦点が合わなくなってしまうのです。

倒乱視は疲れ目に直接影響する

乱視で特に疲れ目を起こしやすいのは、角膜や水晶体が縦長の楕円形の場合です。これを専門的に「倒乱視」といいます。
また、角膜の表面の歪みで起こる乱視は、角膜の病気が引き金になっていることもあるので注意が必要です。
いずれのタイプにせよ、人間の目には、歪みがあっても正しく見ようとする調整力が備わっているので、若いうちはある程度カバーできます。しかし、極度の疲労に陥ったり、老化が進むと調整力も働かなくなって矯正をしないと疲れ目の原因になります。

遠視の実態

疲れ目を引き起こしやすい遠視の実態を詳しく調査します。

遠視は調整力をつねに必要とするため疲れる

近視に比べて遠視は、過剰な調整力がなければ近くも遠くも見えないので、目の疲労度が大きくなります。そのため単なる疲労感ではすまされず、眼痛や頭痛などの症状が出る場合があります。
子供の場合であれば、周囲の理解を得られず集中力がない。勉強嫌い。などと評価されてしまうケースもあります。詳しく調べてみると、遠視による疲労感である場合があります。調整力は加齢とともに低下するのが一般的です。このため、年を経るにつれて近くのものも遠くのものもみえづらくなってしまうのです。
40代を過ぎた頃にやってくる老眼においても、ただでさえ近くが見えづらい遠視の人はその影響もダイレクトにきてしまいます。

遠視も近視と同様に検査があればいいのですが、遠視は近くも遠くも焦点が合わない目です。見えているのは、調整力を余計に働かせているためです。5m程度離れて視力表を見る通常の検査では目の調整力を最大限に発揮さいた状態で見分けられてしまうので視力検査でははっきりわからないのが遠視です。

遠視

近視より多くの調節力が必要とする遠視は目の負担が多い屈折異常です。

遠視の誤解

近視同様に、遠視も眼球内で光情報を正しく屈折することができないために、起こる屈折異常です。
遠視というのは、近視とは逆に光情報を屈折させる力が弱すぎる目です。このため、光情報が集中するまでの距離が長くなってしまい焦点が網膜よりもずっと後方にきてしまいます。
網膜上の光情報をもとに映像を作っても、ぼやけたものしかできません。どんな距離を見るにしても過剰に調節力を機能せてようやく見える状態なのです。多くの人が誤解しやすい遠視の特徴でもあります。
遠視は、近くを見るときよりも遠くのほうが調節力が少なくてすむというだけで、遠くを見るのも近くを見るのも不自由なのです。

屈折性遠視と軸性遠視

近視にも屈折性、軸性があるように遠視にもあります。
屈折性遠視
見る物に合わせて水晶体を厚くする機能が弱く、光情報を十分に屈折させることができません。人の目は水晶体が薄い状態で遠くのものを見るような仕組みなので、遠視も遠くの物は何とかみることができます。
軸性遠視
水晶体の機能自体は正常なのに、眼球の奥行きが浅すぎるために光情報が拡散したまま網膜に届いてしまいます。目の構造上の問題です。

日本人は近視が多い

目が悪いのを遺伝的なものだと考える人が多いようですが、近視になる決定的な要因は目を使う環境にあります。

近視は遺伝よりも環境に原因がある

近視の仕組みについて書きましたが、近視の要因は遺伝だと思っている人が多くいます。近視人口は増加の一方ですが、大人だけでなく、学校に通う子供たちの間にも近視は増えています。一般に近視の原因として遺伝はそれほど影響がありません。
目を取り巻く環境が一番影響しているのです。近視は、都市型の文明が進んだ国ほど多いという傾向があります。
これは近業の割合が高いことが影響しています。
21世紀は、高度情報化に伴い、日常生活の中で目に刺激の強い近業が増えています。ということは、これからもますます日本人の近視化は増加するばかりです。

過労によるかすみ目は仮性近視の可能性

目の酷使を避けることが出来ない現代社会では、目の疲労から近視を悪化させてしまうケースが多々あります。
疲れ目の代表的な自覚症状のかすみ目や鈍痛は、毛様体筋が疲労して調節機能がきかなることが原因で起こります。近くの物ばかりを見ていると緊張した毛様体筋が次第にもとに戻りにくくなります。この状態は水晶体が厚いままなので遠くがよく見えません。これは仮性近視です。この状態を放置してしまうとやがて慢性化してしまうのです。
こういった環境による影響はますます増えていくでしょう。

近視

近視は網膜よりも手前に光情報が集中してしまいます。日本人には多い屈折異常で2つのタイプに分かれます。

近視の目はどこがおかしいの?

正常に物を見るために必要な眼球内での光情報の屈折、これが機能しない状態を屈折異常といいますが、近視もこのひとつです。
近視は、近くの物はよく見えるのに対して、遠くの物がはっきり見えない状態です。目に入ってきた光情報は適度に屈折して網膜に集中しなければなりません。しかし、近視の場合は光情報の集中するポイントが網膜よりも手前にきてしまいます。
これは、水晶体の調節機能に問題をかかえていたり、もともと目の構造に問題があるために起こります。
その結果、網膜上には拡散した光情報が届いてしまうため、シャープな映像をとらえることができないのです。

近視のタイプ(屈折性近視と軸性近視)

近視には、2つのタイプがあります。

屈折性近視

水晶体を通過する際に、光情報が必要以上に屈折してしまうタイプ。正常な目と比べると、水晶体が厚め。人の目は近くを見るときには毛様体筋を緊張させて水晶体を厚くする仕組みですが、屈折異常近視の人は、常に毛様体筋が緊張状態なので近くを見るときには不自由がありません。
比較的弱い近視の人に多いタイプでメガネやコンタクトレンズによる矯正が可能です。

軸性近視

屈折性近視が水晶体の調節機能の異常で起こるのに対し、こちらは、目の構造上の問題により起こります。このタイプは、水晶体自体の調節機能は正常ですが、目の奥行きが深すぎるという問題をかかえています。ですから、いくら光情報を正しく屈折させても、網膜がさらに遠くにあるために、光情報は拡散してしまうのです。
強度の近視の人に多いタイプで矯正してもそれほど視力はあがりません。低年齢でも視力の低下がはじまります。

屈折性近視
網膜の手前でピントが合ってしまうためよく見えない(メガネ・コンタクトレンズで矯正可能)
軸性近視
目の奥行きが深すぎる。(メガネ・コンタクトレンズで矯正しづらい)

人間はこうして物を見ている

視力の減退を深く理解するためには、目の構造と機能の知識は不可欠です。

人間が物を見るために必要なのは、直径約24ミリ、重さ約7.5gの眼球とその奧から大脳まで伸びる視神経、そして大脳です。
広い意味でとらえれば、これらが全て「目」といえるでしょう。
つまり、「見る」とは眼球・視神経・大脳を連動させて、物を映像として認識する作業なのですから、3つのどこかに異常が起これば、必ず何らかの視覚障害が現れます。

眼球は光情報の収集をしている

物の色や形を完成された映像として認識していますが、映像化の仕事をしているのは、眼球ではなく大脳の視覚野と呼ばれる部分になります。
眼球の仕事は、簡単にいうと、情報収集です。情報収集というのは、映像を構成する光情報です。光情報は、視覚情報の入り口である瞳孔から眼球内部に入ってきます。
外から入ってくる光情報は、黒目の部分を覆ってる角膜、続いて瞳孔を通過し、水晶体を通り抜けます。
角膜と網膜上にピントが合うように屈折させるレンズの役割を果たします。
角膜は厚みが一定ですが、水晶体は近くを見るときには厚く、遠くを見るときには薄く変化します。
水晶体を通った光情報は、硝子体というゼリー状の組織を通り、眼球の奧部にある神経細胞の集中する網膜に到達します。これらが眼球内での光情報の進み方です。

視力の減退は近視だけではない

視力の減退の原因は同一ではありません。疲れ目を引き起こす様々な視力の減退のタイプです。

視力の減退は、「見えづらくなった状態」

視力の減退を最も簡単に表現するとそれは、物が見えづらくなった状態です。ただし、見えづらいと一言で言っても、人それぞれに原因や状態は異なります。視力の減退というとすぐに近視をイメージしますが、実際にはもっと幅広い症状のことを言います。
視力の減退の代表的なものは、近視・遠視・乱視の3つですが、これは見え方の特報は異なりますが、「屈折異常」という意味で同じグループにわけることができます。

屈折異常のない人は視力の減退とは無関係?

どんな人でも、起床時は前日の疲労が解消されているので、その人が本来持っている視力の状態で物を見ることが出来ます。
しかし、1日の仕事を終えた時間になると、目を酷使した分、疲労の影響が目に現れます。近視・遠視・乱視のいずれの場合でも、調節力に無理がきかなくなります。個人個人で持っている屈折異常がより強く現れます。
近業を多くこなした後には、近視的な状態になります。
年齢的な視力の減退、老化も誰にでも起こる共通の現象です。成長の止まった時点から少しずつ進行します。
本来、老眼による見え方の異常に気づく年齢に大差はないのですが、最近では、目に負担をかける機会が多く、老眼世代ではない30代で老眼になる人も増えています。

目の老化が目の負担を増大させる

目の老化現象の1つである老眼は、目に大きな負担をかけます。見えづらさを解消することが、疲労から救う最善の方法です。

老眼は誰にでも起こる老化現象

人によって多少の違いはありますが、一般的に40歳を過ぎると、老眼による見えづらさが気になります。老眼鏡を毛嫌いして、見えづらさを我慢してしまう人もいます。
しかし、これでは疲れはどんどん溜まる一方です。老眼は見る物の距離に応じて厚さを変える水晶体が老化することに起因しています。
子供であれば、顔の真正面近くに本を引き寄せても文字を読むことが出来ますが、それだけ水晶体が柔らかいことを示しています。大人の場合はどうでしょう?
そうはいきません。これは、年齢とともに水晶体の弾力性が失われて厚みを調整しづらくなっていくからです。
それでもある程度の年齢までは、日常生活を送るうえで支障はありませんが、40歳前後になると、手元にある物を見るときに、水晶体を十分厚くすることができなくなります。これがまさに老眼です。

水晶体の老化がすすむことによる影響

水晶体の弾力性が失われてくると、水晶体そのものが固くなります。こうなると、水晶体自体は限界を超えてまで厚みを変化させることはありません。
しかし、水晶体の厚みを調節している毛様体筋は何とか水晶体の厚みを変えようと、物を見るたびに極度の緊張状態が継続します。これが目の疲労を招く原因です。
老眼の場合、屈折異常などとは異なり年をとる人間には必ず生じる症状です。見えづらさや疲労感を適宜解消することが大切です。

ドライアイが目の負担を増大させる

ドライアイも疲れ目の一因になります。目の潤い不足が引き起こすトラブルも深刻です。

ドライが引き起こす疲れ目とは?

最近、よく聞く「ドライアイ」。もともとコンタクトレンズを使う人には、目の乾きなどのトラブルがみられましたが、最近ではコンタクトレンズ使用者以外の人たちにも深刻なドライアイの症状を訴える人が増えています。

コンタクトレンズのトラブルについてはこのページが非常にまとまっています。

特徴的なのは、疲れ目を訴える人がドライアイ症状を併発しているケースが多いということです。理由としては、パソコンの普及、携帯電話の普及なども関連しているようですが、目が乾く、ゴロゴロする、痛む、熱っぽいといった疲れ目の症状は増加するばかりです。
特にドライアイの状態でコンタクトレンズを装用すると痛みがでてしまうため問題になります。

涙の量が減ってしまう場合に起こるトラブル

涙は、もともと目の健康維持に欠かすことのできない重要な働きをしています。目の表面の汚れを防いだり、涙で洗い流しています。また、刺激物から目を守ったり、つねに一定量の涙を分泌することによって目の表面に酸素と栄養を補給しています。
ところが、何らかの原因で目の表面を覆う涙の量が減少してしまいます。そうすると、目は様々なトラブルに見舞われ、目の組織が傷つきやすく、こうした状態で目を使い続ければ、目の負担はさらに増大します。日常生活の中では、ドライアイを促進させる環境が増えていくばかりで問題となっています。

視力の低下が目の負担を増大させる

日本時には比較的多い近視をはじめ、遠視や乱視は目を疲労させます。見えにくいなぁ~と感じたら放置しないことが大切

近視・遠視・乱視の人は疲れ目に注意

近視や遠視・乱視を総称して「屈折異常」といいますが、屈折異常もがんこな疲れ目の原因となります。
屈折異常が原因で起こる疲れ目の場合にもほかのケースと同様、肩凝り、頭痛、全身の倦怠感などを引き起こします。
屈折異常の初期段階では、視力が悪くなってきていることに気づかないという問題点があります。また、物がかすんだり、ぼやけたり、焦点が合わないといった疲れ目の症状と、視力の低下を混同してしまう場合もあります。
度が合わなくなっていながら、メガネやコンタクトレンズを使い続けている人も多いのが現状ですが、まだ見える、検査に行く時間がない、などの理由をいいわけにしているようです。自覚するほどの症状を感じたらすぐに眼科医を受診するのが基本です。

視力が低下するとなぜ疲れるのか?

簡単に言うと、目は屈折異常を矯正しようとオーバーワークになってしまうからです。正しい視力を持った目は、目に入ってきた光情報を、網膜上にぴったりピントを合わせて正しく集めることが出来ます。このとき、毛様体筋の助けをかりて見る物の距離に応じ、水晶体の厚さを調節しています。
しかし、近視の場合は、ピントの合う場所が網膜より手前にあり、また遠視の場合はこれとは逆にピントの合う場所が網膜よりも遠くにあります。
いずれも、そのままの状態で物を見てもぼやけた状態になってしまうため、少しでもピントを合わせようと毛様体筋を余計に機能させます。この状態にさらに乱視が加わると毛様体筋をいくら使ってもピントを合わせることができないため負担はさらに増えます。