見えづらさによる疲れ目に目薬は効果なし

見えづらさがもたらす疲れ目は、目薬を使用しても解消しません。根本原因である見えづらさの改善と日常的な健康管理が必須です。

視力減退に伴う疲れ目は目薬やドリンク剤では改善されない

視力が減退して、日常的に目の疲れがひどくなっても、実際に眼科を訪れる人は、あまり多くないようです。むしろその場しのぎの手段として、目薬をさしてすませているというケースが増加しています。たしかに、勤務中の疲れ目対策として目薬を使うのも1つの方法です。しかし、これはあくまで症状をいくぶん和らげるだけで、根本的改善にはなりません。疲れにも効くというドリンク剤などもありますが、これも同様の流で多少症状が緩和される程度です。
目薬やドリンク剤は、疲れ目の症状を和らげる効果はあっても根本的な改善になならないことをしっかり頭に入れておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください