見えづらさによる 疲れ目 には 目薬 効果なし

見えづらさによる 疲れ目 には 目薬 効果なし 見えづらさがもたらす疲れ目は、目薬を使用しても解消しません。

一般的な視力低下の原因は、近視・遠視・乱視などの屈折異常の影響です。 眼鏡やコンタクトの度数が合っていないことも原因の1つとして考えられます。 目の疲れによってもかすみを引き起こす場合があります。

見えづらさによる 疲れ目 には 目薬 効果なし 見えづらさがもたらす疲れ目は、目薬を使用しても解消しません。根本原因である見えづらさの改善と日常的な健康管理が必須です。

見えづらさによる 疲れ目 には 目薬 効果なし

見えづらさによる 疲れ目 には 目薬 効果なし

視力減退に伴う疲れ目は目薬やドリンク剤では改善されない

視力が減退して、日常的に目の疲れがひどくなっても、実際に眼科を訪れる人は、あまり多くないのが実態です。むしろその場しのぎの手段として、目薬をさしてすませているというケースが増加しています。

たしかに、勤務中の疲れ目対策として目薬を使うのも1つの方法です。しかし、これはあくまで症状をいくぶん和らげるだけで、根本的改善にはなりません。疲れにも効くというドリンク剤などもありますが、これも同様で多少症状が緩和される程度です。
目薬やドリンク剤は、疲れ目の症状を和らげる効果はあっても根本的な改善になならないことをしっかり頭に入れておきましょう。

眼科を受診してさす散瞳剤という目薬は、瞳孔を広げ、目の調節機能を休ませる働きがあります。
瞳が開いていると、いつもよりもたくさんの光が目の中に入ってくるので、白くぼやけたり、かすんだりする症状が出ます。
個人差はありますが、通常、さしてから20分から30分で瞳孔が広がり、4~5時間ほどすれば元の状態にもどります。
見えにくくなり、目の底を見るには必要な検査となります。

みえづらさ 原因

近視
近視の人は、外から入った光のピントが、網膜よりも手前で像を結びます。そのため、近くは見えるものの遠くは見えにくいという状態になります。

角膜から網膜までの長さを「眼軸」と言います。強い近視の人はこの眼軸が長いケースが多いです。見たいものにピントが合わない原因の1つで、近視の度合いが強くなるほど、物を見る為に眼に近づけないと見えません。

遠視
遠視は逆に、水晶体から取り込んだ光のピントが、網膜よりも奥で像を結ぶ状態。正常な目の人に比べて、眼軸が短いケースが多いです。

遠視は遠くが見えると勘違いされやすいですが、実際には、近くも遠くも調節する力で補って
物を見ているために、常に目を酷使しなければなりません。

老眼
老眼とは、加齢から目の機能が低下した状態のこと。目のレンズである水晶体が硬くなり、厚くしたり薄くしたりといった調節ができなくなります。

年齢に関係する症状のため老眼と呼ばれますが、近年は若年層の間でも、老眼に似た症状を発症する人が増えています。これは「スマホ老眼」などと呼ばれており、年齢は関係ありません。

スマホのような小さい画面・映し出される小さな文字を見ることが、目を酷使することにつながり、スマホ老眼の原因となっています。

乱視
乱視は、網膜上に光情報を正しく集中できないという点では、近視や遠視と同じですが、水晶体の暑さの忠節機能や目の奥行きの問題で起こるわけではありません。乱視を引き起こすような大きな歪みのある角膜や水晶体は表面のカーブが縦横あまりにも違いすぎるので、入ってくる光の方向におってそれぞれの光情報が、バラバラなところに集中してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください