遠視の実態

疲れ目を引き起こしやすい遠視の実態を詳しく調査します。

遠視は調整力をつねに必要とするため疲れる

近視に比べて遠視は、過剰な調整力がなければ近くも遠くも見えないので、目の疲労度が大きくなります。そのため単なる疲労感ではすまされず、眼痛や頭痛などの症状が出る場合があります。
子供の場合であれば、周囲の理解を得られず集中力がない。勉強嫌い。などと評価されてしまうケースもあります。詳しく調べてみると、遠視による疲労感である場合があります。調整力は加齢とともに低下するのが一般的です。このため、年を経るにつれて近くのものも遠くのものもみえづらくなってしまうのです。
40代を過ぎた頃にやってくる老眼においても、ただでさえ近くが見えづらい遠視の人はその影響もダイレクトにきてしまいます。

遠視も近視と同様に検査があればいいのですが、遠視は近くも遠くも焦点が合わない目です。見えているのは、調整力を余計に働かせているためです。5m程度離れて視力表を見る通常の検査では目の調整力を最大限に発揮さいた状態で見分けられてしまうので視力検査でははっきりわからないのが遠視です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください