月別アーカイブ: 2021年6月

自律神経を刺激する 爪もみ療法

自律神経を刺激する 爪もみ療法 についての情報です。名前の通り爪をもむことで健康になれる、というものです。

爪の根元にはリラックスを司る自律神経である副交感神経を刺激するツボがあり、それをもむことで副交感神経を活発化させる効果がります。
自律訓練法のやり方は、最初できるようになるまでに少し時間がかかりますが、慣れてくると疲れなどがすーっととれて心地よくなります。

自律神経を刺激する 爪もみ療法

自律神経を刺激する 爪もみ療法

今回紹介するのは、TV を見ながら…暇なときに…気軽にできるものです。やり方はとても簡単で爪の生え際の両角を反対側の親指と人差し指ではさみ、よく押し揉む、爪もみ療法です。実に簡単な動作ですが、これで自律神経が刺激されて整うのでしょうか。

疲れ目だけでなく体調不良なども改善することができるのがポイントです。

爪もみ療法 免疫力アップ

病気を防ぎ、病気になってしまった場合には、悪化を防ぐ作用を免疫といいます。免疫の主役をなすのは、血液中の白血球ですが爪もみ療法によって白血球が増加することが確認されています。

血流の改善

指先は心臓から離れた末端にあり、心臓から新鮮な血液を送り出す動脈と老廃物を乗せて戻る静脈をつなぐ重要な部分です。しかし、先に行くほど血管は細くなり、血液の流れが滞ってしまいがちです。爪もみ療法で指先を刺激することで、滞った血液の流れを促進することができます。

自律神経調整

爪の生え際には神経繊維が密集しているので、刺激するとすぐにその刺激が自律神経の末端に伝わります。ツボ治療と同様に爪の生え際を刺激することで特定の臓器に働きかけることができます。
爪もみ療法は、薬指以外の爪の生え際を左右からつまんで 10 回、ゆっくりともみほぐします。左右両方の手の指をほぐしますが、交感神経に関する薬指だけは刺激を避けます。

自律神経の正常化はこちら。

水晶体や網膜を若返らせて視力向上 ( アサイベリー )

水晶体や網膜を若返らせて視力向上 ( アサイベリー ) が効果的です。目にいいというとまずは、 「 ブルーベリー 」 をイメージしますが、ここ最近、アメリカの有名人、アスリートたちの間で注目を集めているのが 「 アサイベリー 」 です。

水晶体や網膜を若返らせて視力向上 ( アサイベリー )

水晶体や網膜を若返らせて視力向上 ( アサイベリー )

「ブラジルの不思議なフルーツ」と呼ばれるヤシ科の植物です。ブラジルの熱帯雨林で収穫されます。小さな丸い果実は、濃い紫色をしており、色だけを見ればブルーベリーと同じです。味は、ベリー系の果実に甘み+苦みを加えたような味です。

ブラジルの熱帯雨林という過酷な環境で育つ アサイベリー は、紫外線や活性酸素と闘い、生き残るために自ら抗酸化物質や栄養を豊富に蓄えながら育ちます。

強力な抗酸化成分が含まれることからこの アサイベリー には肌を健やかにしたり、老化を防ぐ効果のほか、血糖値、血圧も下げる効果が確認されています。さらに今、最も注目を集めているのが、アントシアニンです。
アントシアニンは、視力回復には欠かせない成分です。ブルーベリーが目にいいというのは、実はこのアントシアニンが豊富に含まれているためです。
ブルーベリーは、100g中に含まれるアントシアニンの含有量は、89mmgですが、アサイベリーは、414mmgとなっています。4.6倍もアサイベリーのほうが多いのです。これは驚異的な数字です。
活性酸素の除去では、赤葡萄もよく話題にでますが、アサイベリーのほうが1倍、赤ワインでは、30倍も多く含まれていることがわかりました。このデータをきっかけに世界中が注目しはじめたのです。

アサイベリー  アントシアニンの 3 つの効果

1 つめは、水晶体(レンズ部分)や網膜をサビつかせて老化をすすめてしまう活性酸素の除去です。アメリカの農務省も食品分析基準として使用している抗酸化作用の高さを示す ORC ( 活性酸素吸収能力 ) においても アサイベリー は、ブルーベリーよりも上位にランクインしています。
2 つめは、血行促進作用です。毛細血管を流れる血液中で発生する活性酸素を除去して、目全体の血液をサラサラに維持します。その結果、新陳代謝が活発になります。
3 つめは、ロドプシンの再合成の促進です。光を浴びると分解・再合成を繰り返します。この刺激が脳に伝わり、ものをみることができますが、このロドプシンの再合成が良好に保たれるのです。

アサイベリー に含まれるデルフィニジン、シアニジンの含有量がずば抜けており、特に分子量の小さい、シアニジンは、目の毛細血管、水晶体、網膜との相性がよく吸収されやすく、ぼやけ、目のかすみ、眼精疲労などの改善に高い効果を発揮します。
アサイベリーを摂取後、アントシアニンの血中濃度が20~30分で急上昇することからも期待できます。
長時間のパソコン操作、車の運転、過度な運動により活性酸素をためやすい、加齢による視力の衰えが気になる人におすすめです。
アサイーベリーの疲れ目対策の 効能 効果 についてもう少し詳しく

黒豆ごはん 飛蚊症 に負けない目を

黒豆ごはん 飛蚊症 に負けない目を ということで飛蚊症に負けない 黒豆ごはん紹介します。黒豆スープで飛蚊症を改善 では、黒豆の、老化や病気の原因になる活性酸素を除去するポリフェノール類のひとつ、アントシアニンが豊富なことを紹介していますが、今回も黒豆を使ったレシピの紹介です。

黒豆ごはん 飛蚊症 に負けない目を

黒豆ごはん 飛蚊症 に負けない目を

今回は、主食のご飯を使った効能豊富な黒豆をふんだんに使った  「  黒豆ご飯  」 。

 

飛蚊症などの目のトラブルのほか、高血圧、糖尿病などの症状に抜群の効果を発揮します。また、イソフラボンが更年期障害や骨租軽症など、中高年女性の悩みも解消してくれます。

 

黒豆を水につけて、ふやかして作る方法もありますが、いってから炊いたほうが簡単で、おいしくなります。香りもよく食欲も湧きます。この下処理を丁寧に行うだけでおいしさが桁違いになります。

米に少量のもち米を加え、おこわ風にするのもおすすめです。いった黒豆は、密閉容器に入れて保存すれば1週間はもちます。
もしも湿けてしまったら、もう一度いり直すか、電子レンジで加熱して乾燥させるとよいでしょう
。炊き上がった黒豆ご飯は、炊飯器の中で保存すると変色してかたくなつてしまいます。保存する場合は、ラップに包んで冷蔵庫や冷凍室で保存してください。冷蔵庫なら1週間、冷凍室の場合は1ヶ月以内に食べるようにします。一度にたくさん食べるよりも、1日1膳、継続して食べるほうが効果的。
よくかんで食べれば満腹感もアップします。
豆に含まれるイソフラボンも摂取できます。

飛蚊症は、いわゆる老化現象のひとつですから体の酸化を抑制する食事、食習慣が期待以上に効果を発揮します。
デスクワーク主体の仕事で目を酷使する人は特に豆製品を撮るように意識改革するだけでずいぶんよくなります。

材料は

  • 黒豆 1/2袋
  • 米 2 号
  • 水 500 ml

で、3 ~ 4 人分作れます。

  1. とぎ汁の濁りがなくなるまで米をとぐ。分量の水に 30 分ほどつけておく。
  2. 軽く洗って水けをとった黒豆を、油を引いていないフライパンで15分程度、皮が破れるまでいる。
  3. 1に2の黒豆を加えて炊飯器にセット。
  4. 炊きあがったら米と黒豆をよく混ぜる

黒豆スープ と一緒に食べれば効果倍増です。

黒豆ごはん を作る時間がない場合はこちらの 発酵黒豆エキス がおすすめ。おちょこ 1 杯 のめば OK です。

視力減退に伴う 4 症状 ( 飛蚊症 変視症 紅視症 羞明 )