環境の改善」カテゴリーアーカイブ

環境の改善 老眼による疲れ目を最小限に抑える 全身性の疲労をとる入浴方法 など。

会社や学校での照明

会社や学校での照明 はどういったことを重視されているのでしょうか?家庭での照明とはまた違った目的で選ばれます。会社に合った照明器具かどうかはオフィスの印象や過ごしやすさ、生産性に大きく関わります。コスト視点だけ見てはいけない部分でもあります。

疲れ目を防ぐためにはイスやデスク選びだけでなく照明も大切な要素です。

照明が充分に明るいかどうかは、会社の生産性に関わります。「オフィス全体が明るければ問題ない」と考える人もいるかもしれません。しかし明るすぎる照明は、かえって生産性を落とす原因にもなります。

照明器具が明るすぎると目が疲れやすくなりますし、片頭痛になる人もいます。暗すぎる照明は作業しにくいですが、明るすぎる照明も考えものです。お部屋のスペースに合わせた、最適な明るさの照明を設置することが大切です。

会社や学校での照明

会社や学校での照明

会社や学校での照明 適切な照明の使い方

会社や学校での照明についてチェックしたい項目は

  1. 設備面
  2. 照度
  3. 光の方向
  4. かげ
  5. ちらつき

などです。
ひとつひとつ見ていきます。

1 設備面

会社や学校の部屋の全体照明が一般的です。全体照明にも様々なタイプがありますが、目の疲労度が低いのは、光源がむき出しになっていないタイプです。

空間全体の照度の差ができないが理想的ですが、あまりにも照度が均一で平均的な空間は逆に目の疲労となります。

2 照度

会社や学校などの照度は一般的に 150 ~ 300 ルクスを必要とします。照明がぎらぎらするほど明るく、白い紙に反射するような場合では、照明を控え、逆に薄暗さを感じるような場合には、全体照明を増やすようにします。全体照明で調節がきかない場合は、デスクライトで調節します。

デスクライトは机に設置するタイプの照明器具です。デザイン性の高いモデルも多く、コンセントさえあればどこでも利用できるという手軽さが魅力的です。
机の上など、一部分を集中的に照らしたいときにオススメの照明です。

3 光の方向

光の方向については、視野に光源が入らないこと、作業面にかげができないことなどが条件です。学校や会社の計器や利き手によってかげにならないように位置をかえる方法もあります。

4 光のちらつき

設備によっては、光源がちらつくものもありますが、こういったちらつきは目の疲労を促進するので改善します。古くなった蛍光管では, 放電が不安定になるため 点灯が不安定になってちらつく. しかし, 新品の管で安定していても,ちらつきが見える事があります。

白熱灯はちらつきが少ない照明です。色合いを気にするなら ハロゲン球を選ぶとといいでしょう

姿勢を適正に保つ 会社 学校 で座る イス デスク

姿勢を適正に保つ 会社 学校 で座る イス デスク は疲れ目とどういった関係性があるのでしょうか?イス デスクは疲れ目になりにくい姿勢をとるために必要なアイテムでもあります。

自分に合ったデスクやイス 姿勢を適正に保つ 会社 学校 で座る イス デスク

会社や学校で座るイスとデスク

会社や学校で座るイスとデスク

目の負担を減らす 8 つの項目 で目の過労を防ぐポイントとして 「 正しい姿勢を保つ 」 ことを挙げていますが、これは首 肩 背中 に疲れをためないことが、最終的に疲れ目を防ぐ、ことに直結するためです。
デスクワークが主であり、PC 作業が欠かせないビジネスマンや学生などがこのポイントをクリアーする大事な要素は、デスク選びとイス選びにつきます。人間工学的にからだによいとされるイスとデスクの条件を紹介します。

イス選びの重要点

まず大事なのは高さです。腰掛けたときにひざがほぼ直角にまがり、足裏全体が床につく高さを目安にします。

そのためには、当然、高さを調節できるイスでなければなりません。また、安定した姿勢を支えるためにには、背もたれが肩胛骨の下端にくるくらいのもの、できれば体の動きに合わせて、後方に少し傾くリクライニングタイプが最適です。

さらにデスクワークの時間が多い人には、ひじかけのあるものがおすすめです。ひじかけの高さは腕を置いたときにひじが直角よりやや広めの角度になることを目安にします。

デスクのチェックポイント

条件に合わせたイスを使用した際にデスクの高さは適切になっているでしょうか?高さが適切に保たれていない場合、ちょうどいい距離感を保つために首や肩に余計な負担がかかります。

まず、イスに深く腰掛けて腕をデスクにのせてみます。ひじが直角よりやや広めで曲がっていればOK です。高さと合わせて、十分な作業スペースがあるかどうかも重要です。

山積みになった書類や機器の隙間で作業をしていないかどうか再確認します。窮屈なスペースでのデスクワークは体に負担をかけ同時に疲れ目になりやくなります。で自分の体のサイズに合わせて調節可能です。

  • 天板サイズ:110 * 60cm
  • 昇降範囲:720 – 1235mm
  • 耐荷重:80 kg
  • 入力電圧:100 – 240 V
  • 使用方法:上下ボタンを押して高さを調節してくだい。 【メモリー機能】よく使用する高さを記憶して一押しだけで記憶した高さに戻ります。
  • 電動式スタンディングデスク:高さ設定メモリー機能搭載:電動で上下昇降してお好きな高さに調整可能のデスクです。
  • 効率UP:立ち仕事を組み合わせて運動不足対策はもちろん、眠気解消や仕事のリフレッシュなど様々な効果があり、作業の効率もアップ。健康進:立ちながらの作業を適度に変えることが可能になり、血液の循環や代謝が良くなり、腰の負担を軽く、健康に働く。

目の健康を守る 4 つのこと

目の健康を守る4つのこと を意識しながら生活習慣で目を労る生活をすればもっともっと疲れ目を軽減できるはずです。

目の健康を守る4つのこと  疲れ目を解消する、または防ぐには 4 つのことを実践することです。

健康な目を維持するために

日頃から目に対するいたわりが足りない、と感じた人も多いことでしょう。また、疲れ目が気になっても今まで全く具体的な対策を講じてこなかった人もこれを機会に目の健康に取り組むことが大切です。

疲れ目視力の減退は「なってしまったら仕方のないもの」では決してありません。
日常生活の中で症状の改善ポイントが、症状の緩和に繋がるポイントが必ず見つかるはずです。

目の健康を守るためには今日からすぐに行いたい「 4 つの事」です。

正しい目の使い方を
あまりに当たり前すぎるポイントで軽視されがちですが、このポイントを常に意識しているかどうかかが、疲れ目を改善できるかできないかの分かれ目だったりします。TVやPCを見る距離など当たり前のことになります。
正しい環境で
疲れ目や視力の減退などで困っていても生活環境を見直す人は、あまりいません。目にやさしい環境を整備することは非常に大切です。
正しい疲労のケアを
目の不快な症状の裏には、必ずといっていいほど、目のオーバーワークが潜んでいます。「使ったらまめに休憩を入れる」ことはすぐにでも実践できます。
体全体の健康づくりを
目の心身の健康状態は、密接な関係にあります。双方の健康を維持し、疲労の回復を高めるためには「バランスのとれた食生活」は非常に大きなウェイトを占めます。疲れ目の改善を体全体のものとして考えるスケールが大切です。