会社や学校での照明

会社や学校での照明 はどういったことを重視されているのでしょうか?家庭での照明とはまた違った目的で選ばれます。会社に合った照明器具かどうかはオフィスの印象や過ごしやすさ、生産性に大きく関わります。コスト視点だけ見てはいけない部分でもあります。

疲れ目を防ぐためにはイスやデスク選びだけでなく照明も大切な要素です。

照明が充分に明るいかどうかは、会社の生産性に関わります。「オフィス全体が明るければ問題ない」と考える人もいるかもしれません。しかし明るすぎる照明は、かえって生産性を落とす原因にもなります。

照明器具が明るすぎると目が疲れやすくなりますし、片頭痛になる人もいます。暗すぎる照明は作業しにくいですが、明るすぎる照明も考えものです。お部屋のスペースに合わせた、最適な明るさの照明を設置することが大切です。

会社や学校での照明

会社や学校での照明

会社や学校での照明 適切な照明の使い方

会社や学校での照明についてチェックしたい項目は

  1. 設備面
  2. 照度
  3. 光の方向
  4. かげ
  5. ちらつき

などです。
ひとつひとつ見ていきます。

1 設備面

会社や学校の部屋の全体照明が一般的です。全体照明にも様々なタイプがありますが、目の疲労度が低いのは、光源がむき出しになっていないタイプです。

空間全体の照度の差ができないが理想的ですが、あまりにも照度が均一で平均的な空間は逆に目の疲労となります。

2 照度

会社や学校などの照度は一般的に 150 ~ 300 ルクスを必要とします。照明がぎらぎらするほど明るく、白い紙に反射するような場合では、照明を控え、逆に薄暗さを感じるような場合には、全体照明を増やすようにします。全体照明で調節がきかない場合は、デスクライトで調節します。

デスクライトは机に設置するタイプの照明器具です。デザイン性の高いモデルも多く、コンセントさえあればどこでも利用できるという手軽さが魅力的です。
机の上など、一部分を集中的に照らしたいときにオススメの照明です。

3 光の方向

光の方向については、視野に光源が入らないこと、作業面にかげができないことなどが条件です。学校や会社の計器や利き手によってかげにならないように位置をかえる方法もあります。

4 光のちらつき

設備によっては、光源がちらつくものもありますが、こういったちらつきは目の疲労を促進するので改善します。古くなった蛍光管では, 放電が不安定になるため 点灯が不安定になってちらつく. しかし, 新品の管で安定していても,ちらつきが見える事があります。

白熱灯はちらつきが少ない照明です。色合いを気にするなら ハロゲン球を選ぶとといいでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください