目の負担を減らす8つの項目

過度の負担・不自然な負担に気をつける

「正しい目の使い方」の意味は理解できていても一体どのようにすればいいのかがわかりにくい人は多いと思います。これは結局「過度の負担をかけない」「不自然な負担をかけない」ということになります。そこでまずは疲れ目やドライアイの大もととなる疲労に追い込まないための基本ポイントです。

過労から目を守るチェックポイント

正しい目の使い方を実践するためのチェックポイントは次の8項目です。

正しい姿勢で見る 正しい姿勢を心がけることにより、「目の調整力を過度に働かせない」「眼精疲労を引き起こす首筋や肩凝りの防ぐ」という2つの効果が期待できます。
暗いところで物を見ない 暗いところ、薄暗いところなどでは、目ははっきり見ようとしてオーバーワークになりがちです。作業空間の照明が適切かどうについてチェックします。
細かい物を見続けない 細かい物を見続けると、目に過度の負担がかかります。
ちらちらと動く物を見続けない ちらちらと動く物を見るとき、目は視線の方向を細かに調節し続けなければならないため、目の筋肉疲労を起こしやすくなります。こうした物を見続けるのは避けましょう。
目から30cm以上ははなす 近すぎる物を見続けると、「一時的に禁止状態」になります。デスクの上の生類などを見る場合には、目との距離を30cm以上保つようにします。
集中的な作業の間に必ず休養を 疲れ目を防ぐためには、こまめに目を休ませることが大切です。60分の作業につき数分間のリラックスタイムを設けます。
ストレスを感じたら体を休める 目の大敵であるストレスをためこむ前に体を休めたり、適度な運動を行います。
目の潤いを保持する 忙しいと忘れてしまいがちですが、瞬きをしたり、乾燥が気になるときは人工涙液型の目薬をさすようにして潤いを保ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください