姿勢を適正に保つ 会社 学校 で座る イス デスク

姿勢を適正に保つ 会社 学校 で座る イス デスク は疲れ目とどういった関係性があるのでしょうか?イス デスクは疲れ目になりにくい姿勢をとるために必要なアイテムでもあります。

自分に合ったデスクやイス 姿勢を適正に保つ 会社 学校 で座る イス デスク

会社や学校で座るイスとデスク

会社や学校で座るイスとデスク

目の負担を減らす 8 つの項目 で目の過労を防ぐポイントとして 「 正しい姿勢を保つ 」 ことを挙げていますが、これは首 肩 背中 に疲れをためないことが、最終的に疲れ目を防ぐ、ことに直結するためです。
デスクワークが主であり、PC 作業が欠かせないビジネスマンや学生などがこのポイントをクリアーする大事な要素は、デスク選びとイス選びにつきます。人間工学的にからだによいとされるイスとデスクの条件を紹介します。

イス選びの重要点

まず大事なのは高さです。腰掛けたときにひざがほぼ直角にまがり、足裏全体が床につく高さを目安にします。

そのためには、当然、高さを調節できるイスでなければなりません。また、安定した姿勢を支えるためにには、背もたれが肩胛骨の下端にくるくらいのもの、できれば体の動きに合わせて、後方に少し傾くリクライニングタイプが最適です。

さらにデスクワークの時間が多い人には、ひじかけのあるものがおすすめです。ひじかけの高さは腕を置いたときにひじが直角よりやや広めの角度になることを目安にします。

デスクのチェックポイント

条件に合わせたイスを使用した際にデスクの高さは適切になっているでしょうか?高さが適切に保たれていない場合、ちょうどいい距離感を保つために首や肩に余計な負担がかかります。

まず、イスに深く腰掛けて腕をデスクにのせてみます。ひじが直角よりやや広めで曲がっていればOK です。高さと合わせて、十分な作業スペースがあるかどうかも重要です。

山積みになった書類や機器の隙間で作業をしていないかどうか再確認します。窮屈なスペースでのデスクワークは体に負担をかけ同時に疲れ目になりやくなります。で自分の体のサイズに合わせて調節可能です。

  • 天板サイズ:110 * 60cm
  • 昇降範囲:720 – 1235mm
  • 耐荷重:80 kg
  • 入力電圧:100 – 240 V
  • 使用方法:上下ボタンを押して高さを調節してくだい。 【メモリー機能】よく使用する高さを記憶して一押しだけで記憶した高さに戻ります。
  • 電動式スタンディングデスク:高さ設定メモリー機能搭載:電動で上下昇降してお好きな高さに調整可能のデスクです。
  • 効率UP:立ち仕事を組み合わせて運動不足対策はもちろん、眠気解消や仕事のリフレッシュなど様々な効果があり、作業の効率もアップ。健康進:立ちながらの作業を適度に変えることが可能になり、血液の循環や代謝が良くなり、腰の負担を軽く、健康に働く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください