視力の減退」カテゴリーアーカイブ

近視

近視は網膜よりも手前に光情報が集中してしまいます。日本人には多い屈折異常で2つのタイプに分かれます。

近視の目はどこがおかしいの?

正常に物を見るために必要な眼球内での光情報の屈折、これが機能しない状態を屈折異常といいますが、近視もこのひとつです。
近視は、近くの物はよく見えるのに対して、遠くの物がはっきり見えない状態です。目に入ってきた光情報は適度に屈折して網膜に集中しなければなりません。しかし、近視の場合は光情報の集中するポイントが網膜よりも手前にきてしまいます。
これは、水晶体の調節機能に問題をかかえていたり、もともと目の構造に問題があるために起こります。
その結果、網膜上には拡散した光情報が届いてしまうため、シャープな映像をとらえることができないのです。

近視のタイプ(屈折性近視と軸性近視)

近視には、2つのタイプがあります。

屈折性近視

水晶体を通過する際に、光情報が必要以上に屈折してしまうタイプ。正常な目と比べると、水晶体が厚め。人の目は近くを見るときには毛様体筋を緊張させて水晶体を厚くする仕組みですが、屈折異常近視の人は、常に毛様体筋が緊張状態なので近くを見るときには不自由がありません。
比較的弱い近視の人に多いタイプでメガネやコンタクトレンズによる矯正が可能です。

軸性近視

屈折性近視が水晶体の調節機能の異常で起こるのに対し、こちらは、目の構造上の問題により起こります。このタイプは、水晶体自体の調節機能は正常ですが、目の奥行きが深すぎるという問題をかかえています。ですから、いくら光情報を正しく屈折させても、網膜がさらに遠くにあるために、光情報は拡散してしまうのです。
強度の近視の人に多いタイプで矯正してもそれほど視力はあがりません。低年齢でも視力の低下がはじまります。

屈折性近視
網膜の手前でピントが合ってしまうためよく見えない(メガネ・コンタクトレンズで矯正可能)
軸性近視
目の奥行きが深すぎる。(メガネ・コンタクトレンズで矯正しづらい)

人間はこうして物を見ている

視力の減退を深く理解するためには、目の構造と機能の知識は不可欠です。

人間が物を見るために必要なのは、直径約24ミリ、重さ約7.5gの眼球とその奧から大脳まで伸びる視神経、そして大脳です。
広い意味でとらえれば、これらが全て「目」といえるでしょう。
つまり、「見る」とは眼球・視神経・大脳を連動させて、物を映像として認識する作業なのですから、3つのどこかに異常が起これば、必ず何らかの視覚障害が現れます。

眼球は光情報の収集をしている

物の色や形を完成された映像として認識していますが、映像化の仕事をしているのは、眼球ではなく大脳の視覚野と呼ばれる部分になります。
眼球の仕事は、簡単にいうと、情報収集です。情報収集というのは、映像を構成する光情報です。光情報は、視覚情報の入り口である瞳孔から眼球内部に入ってきます。
外から入ってくる光情報は、黒目の部分を覆ってる角膜、続いて瞳孔を通過し、水晶体を通り抜けます。
角膜と網膜上にピントが合うように屈折させるレンズの役割を果たします。
角膜は厚みが一定ですが、水晶体は近くを見るときには厚く、遠くを見るときには薄く変化します。
水晶体を通った光情報は、硝子体というゼリー状の組織を通り、眼球の奧部にある神経細胞の集中する網膜に到達します。これらが眼球内での光情報の進み方です。

視力の減退は近視だけではない

視力の減退の原因は同一ではありません。疲れ目を引き起こす様々な視力の減退のタイプです。

視力の減退は、「見えづらくなった状態」

視力の減退を最も簡単に表現するとそれは、物が見えづらくなった状態です。ただし、見えづらいと一言で言っても、人それぞれに原因や状態は異なります。視力の減退というとすぐに近視をイメージしますが、実際にはもっと幅広い症状のことを言います。
視力の減退の代表的なものは、近視・遠視・乱視の3つですが、これは見え方の特報は異なりますが、「屈折異常」という意味で同じグループにわけることができます。

屈折異常のない人は視力の減退とは無関係?

どんな人でも、起床時は前日の疲労が解消されているので、その人が本来持っている視力の状態で物を見ることが出来ます。
しかし、1日の仕事を終えた時間になると、目を酷使した分、疲労の影響が目に現れます。近視・遠視・乱視のいずれの場合でも、調節力に無理がきかなくなります。個人個人で持っている屈折異常がより強く現れます。
近業を多くこなした後には、近視的な状態になります。
年齢的な視力の減退、老化も誰にでも起こる共通の現象です。成長の止まった時点から少しずつ進行します。
本来、老眼による見え方の異常に気づく年齢に大差はないのですが、最近では、目に負担をかける機会が多く、老眼世代ではない30代で老眼になる人も増えています。