月別アーカイブ: 2011年3月

シェークレン症候群による重度のドライアイ

シェークレン症候群は深刻なドライ症状を引き起こす病気

女性に多いシェークレン症候群

シェークレン症候群という全身性の病気が原因でもドライ症状を引き起こします。ドライアイの中でも重症の部類に入ります。この病気は、からだに病原体などの異物が侵入した際にこれを退治するための免疫反応が異常をきたし自分の体を攻撃してしいます。慢性関節リウマチの合併症として発症するケースもあります。50~60代をピークに子供から老人まで発症しますが、特徴的なのは、女性に多い点です。男性1に対し、女性14の割合で発症します。

重症のドライを引き起こすシェークレン症候群の症状

  • 目かゆい
  • 目がゴロゴロする
  • 涙が出ない
  • 目が痛い
  • 鼻出血がある
  • 鼻が乾燥する
  • 唾液が出ない
  • 口内が痛む

自己免疫機能の異常によって大きな影響を受けるのは、目、鼻、口の分泌腺で、深刻な乾燥を引き起こします。目に現れる症状は、涙の分泌の激減です。反射的分泌もできなくなるほど分泌量が減り、重症のドライを引き起こします。このほかにも、かゆみや異物感、痛み、見えづらさなど様々な症状が目に現れます。角膜や結膜が傷つきやくなってしまいます。
シェークレン症候群については、免疫機能が壊れて症状を引き起こすことはわかっているものの、なぜ免疫機能が壊れてしまうのかがわかっていません。そのため決定的な治療法が見つかっていません。

アレルギーとドライアイの関係

アレルギー体質の人はドライアイの症状を併発しているケースが多々あります。これは涙が減少して、アレルゲンから目を防御できないためです。

花粉症とドライアイのダブルパンチ

日本の花粉症患者さんは年々増加しています。毎年、春が近づくにつれて憂鬱な気分になっている人も多いことでしょう。このやっかいな花粉症とドライアイが悪循環を引き起こし、2つの症状を併発する人が増えています。その背後には、涙の減少、異物の侵入、アレルギー性結膜炎の3つがサイクルを作りあげているのです。

アレルギー性結膜炎の90%は花粉症

花粉症になると、目のかゆみ、充血、涙目、またぶたの腫れなど、特有の症状が目に現れます。これが花粉がアレルギーの原因物質となって起こるアレルギー性結膜炎です。アレルギー性結膜炎は、花粉以外にもダニやほこり、ふけが原因になることがありますが、アレルギー性結膜炎の患者さんのうち、花粉の飛び散る春になると症状が悪化するという人は90%にもなります。このタイプの人は目に花粉が飛び込んでくると体が過剰に反応し、結膜が炎症を起こしてしまうのです。

ドライアイと花粉症の悪循環は深刻な問題

ドライアイになると当然、涙の分泌量が減ります。これは目の表面を守る保護膜が薄くなってドライスポットが出来やすくな状態ですから、外からの異物が直接目の表面に飛び込んできてしまいます。
こうした状態で花粉が目に侵入してくると、目に付着した異物を洗い流せるだけの涙の量がないために、花粉に触れた結膜がアレルギー性結膜炎を起こし、やがて角膜にもその炎症の影響が及んできます。結膜の炎症によりムチンという成分の分泌が減少し、涙の成分が変わるため、ますますドライアイが深刻になるのです。

コンタクトレンズを装用しているとなぜドライアイになりやすいのか?

コンタクトレンズを装用している人は目の表面が乾きやすくなっています。涙の成分のバランスが乱れることもあります。

長時間の使用により涙の3層構造が壊れる

コンタクトレンズを装用している人にはドライアイの症状が多く見られます。目が乾く、ゴロゴロとした異物感がある、痛い、コンタクトレンズが外れてしまうといった症状は、その代表的症状です。
コンタクトレンズトラブル解消の専門サイトにも次のような記事があります。
ドライアイに関する情報一覧
もともと、コンタクトレンズは目にとって異物ですから、品質改良が進んだとは言っても、コンタクトレンズ特有の不快症状を完全に解消することはできません。コンタクトレンズを長時間使っていると、涙の成分や量のバランスが除々に崩れて3層構造が壊れてしまいます。そのためコンタクトレンズの装用者はドライアイを引き起こしやすいのです。

異物感を感じさせる「慣れ」が涙不足になる

コンタクトレンズは、目の表面の角膜にじかに触れているのではなく、涙の層にゆらゆらと浮いた状態になっています。もし、コンタクトレンズが角膜に密着していれば、角膜は涙から酸素と栄養を受け取ることができず、潤いも保てないため、組織がどんどん衰えていきます。さらに異物であるコンタクトレンズの刺激に直接さらされて、角膜の表面は傷だらけになってしまいます。コンタクトレンズを使っているうちに涙の層が壊れてしまうのは、コンタクトレンズに対する「慣れ」と関係があるのです。コンタクトレンズを使い始めた頃は、誰でもかなり異物感があり反射的分泌が起こって「涙目」になることがあります。これは異物に対するからだの正常反応ですが、毎回異物に反応していては、目を使うことができなくなってしまいます。そのため目を異物にならすために自然に感覚を鈍らせるようにします。これが涙の分泌システムに影響し、成分や量のバランスを壊してしまうのです。目の感覚が鈍くなると、涙の分泌に必要なまばたきの回数まで減ってしまい、目の表面の涙が不足してしまうのです。これがコンタクトレンズ装用者のドライアイです。

ドライアイは日常生活の中で改善ポイントをさがす

ドライアイの症状に悩む人の多くは、環境の改善で治せる「病気未満」タイプに該当します。

病的ではない不快症状の段階の人が圧倒的多数を占める

ドライアイが一般の人によく知られるようになったのは、ここ数年のことです。ところが、ドライアイについて正しく理解されているかというとそうはいえません。マスコミなどの取り上げ方によってはかなり「恐ろしい病気」という印象が先行しているようにも感じます。そこで、症状の程度を「病的ではない不快症状の段階」と「炎症を起こしたり、ほかの病気の影響による病的な段階」の2つに分けてみます。
まず大前提において、ドライアイの症状を訴える人のほとんどが「病的でない不快症状の段階である」ということです。この段階でよく聞かれる症状は、目の乾燥や異物感ですが、症状としてはそれほど重大ではありません。眼科で目を調べてみても、涙の成分や分泌システムに異常のないケースがほとんどです。つまりこうしたタイプのドライアイは、目が乾きやすい環境や条件のもとで目を使うことによって引き起こされているのです。特にオフィスなどが乾燥していると、涙の蒸発量が増えて乾燥感が強まります。VDT作業が多くなればまばたきが減少するので乾きやすくなります。こうした条件に加えてコンタクトレンズを装用している場合は、さらに目の乾きが促進されます。こうしたことから見てもドライアイは生活環境を改善することでたいてい解決することがほとんどです。

病的ではないドライアイ(以下のような改善方法が効果を発揮します)

  • 細かいpc作業の合間に目をしっかり休ませる
  • 加湿器などを設置して部屋を乾燥させない
  • pcのモニターや携帯、TVの画面などは上から見おろすようにする
  • ドライアイ症状があるのであればコンタクトレンズを控えめがねにかえる

病的なドライアイとは?

角膜炎、涙腺の炎症、シェークレン症候群などがあります。角膜炎は、目の表面に起こる炎症の代表的な症状で目の痛みと充血、場合によっては視力障害も伴います。また、涙腺の炎症による涙量の減少やゴブレット細胞の変性が涙成分の異物を引き起こすことも、病的なドライアイの原因になります。また、ドライアイを引き起こす病気にシェークレン症候群などもあります。

ドライアイスポットについて詳しく

ドライの元凶はドライアイスポットであるkとがわかってきました。そのドライアイスポットについてもっと詳しくみてみましょう

涙はどのように分泌されているのか?

基礎的分泌 反射的分泌
常時、一定量の涙が分泌される…少量 感情の高ぶりや刺激物の侵入時に分泌される…大量

涙の分泌システムは「平常時」と「緊急時」に分けられる

目が常にほどよい潤いを保つためには、涙が正常に分泌されなければなりません。涙の分泌システムには大きく分けて二つあります。まず一つ目は、常時一定量の涙が分泌される「基礎的分泌」と呼ばれるものです。量は少ないのですが、人間の目がいつも潤いを保つことができるのはこの基礎的分泌があるおかげです。
二つ目は、「反射的分泌」と呼ばれるもので、感情の高ぶりや下界からの刺激物の侵入があったときに大量に分泌されます。基礎的分泌に対し、反射的分泌は緊急時対応の涙といえるでしょう。

ドライアイについて詳しく!

ドライアイという病気は知っているようで、知らない?ドライアイの原因と症状を詳しく見ていきます。

ドライアイは涙の保護膜が薄くなってしまう病気

人間の目は、非常に高度で精密に計算された成分構造をもつ涙の膜で覆われています。ところが、何かのきっかけで涙の成分構造のバランスが崩れたり、涙量が減少して保護膜のところどころが薄くなり、厚みが均一でなくなってしまうことがあります。膜の厚みがでこぼこになった状態を「ドライスポット」といい、がんこな疲れ目を引き起こすドライアイ特有の症状を生む原因となります。

ドライアイの症状は多様

ドライアイは「涙の質と量の変化が乾燥を引き起こし、角膜を傷つける病気。ということができます。
それでは、ドライアイによって現れる症状にはどのようなものがあるのでしょうか。
その名のとおり、目の表面の乾燥感を訴える人もいますが、それよりも多いのがゴロゴロとした異物感です。また、他人にもはっきりとわかるような充血になりやすいためそういった症状を気にする人もいます。さらに数は少ないですが、かゆみや灼熱感が現れることもあります。

ドライスポットについて詳しく

涙の保護膜には、目の表面を乾燥から守る重要な役割があります。それに加えて、酸素や栄誉など組織に必要な成分を補給して目の健康を保っています。ところが、涙が減ってしまうと、目の表面の角膜に、様々なトラブルが発生してしまいます。まず、乾燥にさらされ、潤いを保つことができなくなります。こうなると、角膜の表面に空気中の汚れが直接ふれて、刺激を与えるためかゆみや痛み、充血を起こします。また、角膜はつねに古い細胞と新しい細胞を作り替えていますが、涙が少ないと古い細胞のカスを洗い流すことが出来ません。このかすも刺激の原因となってしまいます。

ドライアイの自己チェック
  1. 目が疲れやすい
  2. 目やにが出る
  3. 目が重たい感じ
  4. 目が乾いた感じ
  5. 言葉にはできない不快感がある
  6. 夜間の運転で対向車のライトが極端にまぶしい
  7. モノがかすんで見える
  8. パソコンやスマホを使う
  9. 充血していることが多い

5つ以上該当するとドライアイの可能性です。
まばたきが減る、パソコン作業や、スマホを使う時間が長い場合は、アントシアニンを摂るようにして、さらにまたばきをするように習慣化します。

目薬は、涙の成分に近い人工涙液で防腐剤の入っていない1回使い捨てタイプは、頻回にさしても安心です。ソフトコンタクトレンズ装着時でも使用可能な人工涙液型点眼薬(ソフトサンティア 5ml)

ドライアイのカギを握る涙について

目の表面を覆う涙は、目の健康を守る強力なバリアです。分泌量はわずかながらその効能には驚くべき秘密が!

涙一粒は3層構造に

ドライアイのカギを握る涙とはどんな液体なのでしょうか?まず涙の成分についてです。涙の一粒は3つの層で構成されています。一番外側には脂の層があり、空気に触れる外側を油膜にすることで、涙がすぐに蒸発しない仕組みになっています。
真ん中の層は水分で、涙の大部分になります。目の表面に必要な酸素や栄養素が含まれています。そして、目の表面の角膜に接する3つめの層は、やや粘りけのある液体でできており、涙を目の表面にしっかり定着させる“接着剤”のような機能を果たしています。
この液体にはムチンと呼ばれる栄養成分も含まれています。
これらの涙の3つの層はそれぞれ別々の場所で作られ、分泌されてから1粒に合体します。外側の脂の層は、まつげの生え際にある「マイホーム腺」から分泌されます。
涙の大部分を占める真ん中の層は主涙腺から、粘りけのある3層目は結膜のゴブレット細胞から分泌されます。
目の表面で1つになった涙は、目の表面に潤いや栄養、酸素を補給しながら、目の表面についた汚れやばい菌を取り除いていきます。また、涙が目の表面を覆うことで均一の滑らかな面になり、まぶたの開閉がスムーズになります。
涙はこうしたいくつかの重要な役目を果たしながら、目の外側よりから内側に移動していき、最終的には、「涙点」という穴から目の外に出て鼻の中に排出されます。

最近特に急増しているドライアイ

最近、疲れ目の症状を引き起こすドライアイが注目されています。

急増しているドライアイの原因

ドライアイは、涙が減って深刻な症状を引き起こす目の病気としてマスコミやメディアでもたびたび取りあげられているので、知っている人も多くいらっしゃると思います。最近は、疲れ目の症状と合わせてドライアイを訴える人が非常に増加しています。報道の中には、「日本人の涙が減少傾向にある」というものもありますが、実際裏付けるデータがないためはっきりしたことはわかっていません。
実際にドライアイの症状を訴える人を検査すると、原因となる目の乾きは、涙の分泌が減ってしまうという体質な問題によって引き起こされるというよりも、ほかの理由が重なって現れるというケースが多いようです。

ドライアイになる原因

  • ストレス
  • パソコン・携帯
  • 細かい作業
  • 睡眠不足

ドライアイの原因が涙の分泌量とは関連しなのであれば、何が影響しているのでしょうか?

環境の問題が大きく関係していると言われます。現代人の目を使う環境は、目の負担を増やすような方向に大きく変わりました。この中には、目の乾きを促すような環境が増えていること、目に刺激を与えるような空気の汚れが進んでいることも含まれます。
したがって「涙が正常に分泌されていても目の表面からどんんどん蒸発していく」これがドライアイを訴える人を増やしているおもな原因です。中高年以上の人については、こうした環境の変化のほかに加齢に伴う変化が影響する場合もあります。

見えづらさによる疲れ目に目薬は効果なし

見えづらさがもたらす疲れ目は、目薬を使用しても解消しません。根本原因である見えづらさの改善と日常的な健康管理が必須です。

視力減退に伴う疲れ目は目薬やドリンク剤では改善されない

視力が減退して、日常的に目の疲れがひどくなっても、実際に眼科を訪れる人は、あまり多くないようです。むしろその場しのぎの手段として、目薬をさしてすませているというケースが増加しています。たしかに、勤務中の疲れ目対策として目薬を使うのも1つの方法です。しかし、これはあくまで症状をいくぶん和らげるだけで、根本的改善にはなりません。疲れにも効くというドリンク剤などもありますが、これも同様の流で多少症状が緩和される程度です。
目薬やドリンク剤は、疲れ目の症状を和らげる効果はあっても根本的な改善になならないことをしっかり頭に入れておきましょう。

眼科での視力検査

今も昔も視力検査は同じですが、遠視の場合には、調整力を無理に使えば見分けることが可能なので目薬を点眼します。

基本はランドルト環を見分ける

眼科での視力検査というと、特殊な方法をイメージする人が多いのですが、学校や職場で行う検査と同様で「ランドルト環」と呼ばれる黒い輪の切れ目を見分ける方法が基本になります。
この検査法で基準となる「1.0」という測定値は、太さ1.5mmの黒い線でかかれた直径7.5mmの輪を、5m離れたところから見分けられる視力をいいます。裸眼で1.0以上あれば「正常」と判断し、1.0未満の場合は矯正用のレンズをつけて、矯正視力を測定します。

遠視の疑いがある場合は、調節まひ剤を点眼

ランドルト環を見分ける検査方法では、近視の有無を調べることが出来ます。しかし、遠視の場合は、それだけでは正しい視力を調べることが出来ません。遠視では、調節力を無理に使えば、見ることが出来てしまうからです。特に遠視の可能性が考えられる20代までは、調節力がよく働くので、これを考慮しなければなりません。
そこで、調節力の影響を除く必要がある場合には、「サイクロペントレイト」という調節まひ剤を点眼してから検査を行います。調節力がきかない状態でランドル環を見て、大きい輪も小さい輪も焦点が合わない場合は、遠視の可能性が高いと判断されます。
さらに、遠視用の矯正レンズをつけて、矯正視力を測定します。なお、調節力を使って見えてしまうという点では、成長期の子供の場合も厳密にいうと、正しい視力を張ることが出来ません。そのため眼科では、遠視・近視の可能性にかかわらず、中学生ぐらいまでは、調節まひ剤を使って視力測定を行うこともあります。