月別アーカイブ: 2021年4月

疲れ目の実態 労働者の80%以上が目の疲れを自覚している

疲れ目の実態 労働者の80%以上が目の疲れを自覚している コンピュータ機器を使用している事業所の割合は 97%(平成15年調査)となっており、そのうち、使用しているコンピュータ機器の種類(複数回答)をみると、「デスクトップ・ノート型パソコン(事業所内でのみ使用しているパソコン)」は95.9%、次いで「POS機器」23.0%「携帯情報端末(携帯パソコン、PDA)」18.7%、「ハンディーターミナル」17.0% などとなってます。

疲れ目は健康な状態ではないけれど、かといって病気とも言い難いグレーゾーンに含まれるやっかいな症状です

疲れ目の実態 労働者の80%以上が目の疲れを自覚している

疲れ目の実態 労働者の80%以上が目の疲れを自覚している

疲れ目は働き盛りの人に多い

今、働き盛りの年代を中心に深刻な目の疲れや視力の低下、見え方の異常など様々なトラブルが急増しています。目の不快な症状を抱えている人は自分に合った対処法で正しく目を労りましょう。働き盛りといえば20代~40代です。

パソコンで一日中仕事をこなし、オフィスを出た途端にスマホでSNS。ベッドに入ってからもついついネットサーフィンなんて人も多いはず。

働き盛り世代というのは、人生では最も元気に働く時期です。本来であれば疲れ知らず、健康的にバリバリ働く時期にあります。ところがこの年代がかなり疲れているのです。こうした年代の人たちが訴える疲労は、特定の部分に関わること、全身に関わること、様々ですが群を抜いて多いのが「目の疲れ」です。

そして目の疲れやすい人に見られるのが、肩や首筋などの頑固な凝り、腰痛なども抱えています。
さらに目の疲れが進行すると、頭痛や吐き気、めまいといった症状にまで発展するケースが多いということです。
こうした症状を訴える人は全体的に疲れやすく常に原因のはっきりしない倦怠感に悩まされています。疲れ目を放っておくことが全身に悪影響を及ぼしてしまうのです。これを防ぐためにも適切なケアが必要です。

パソコン作業が多いビジネスマンやOLに必須の疲れ目解消法

全身性の疲労をとる入浴方法

全身性の疲労をとる入浴方法 湯船にゆったりとつかってリラックスすることで体の疲れと一緒に目の疲れもいやします。

入浴は心身の緊張をほぐす最適な方法です。湯船にゆったりとつかってリラックスすることで体の疲れと一緒に目の疲れもいやします。

全身性の疲労をとる入浴方法

全身性の疲労をとる入浴方法

時間をかけてゆっくりと 全身性の疲労をとる入浴方法

疲れが蓄積してくると人間の体には老廃物がたまりやすくなります。血行をよくすれば、老廃物を流し去ることができ、疲労回復に役立ちます。

また、血液の循環が回復すれば疲れた細胞に十分な酸素と栄養の補給ができます。筋肉の緊張を解いて血行を促進するために有効なのが入浴です。

全身の疲れを解消するには、ある程度の時間をかけて、ゆったりと湯船につかる必要があります。シャワーだけでは全身の疲れをとることはできません。

入浴によって高まった体温は除々にさがりますが、この体調の下降は心地よい眠気を誘って熟睡しやすくする安眠効果もあります。
朝、あわただしい中シャワーを浴びるよりも夜にゆっくり湯船につかるほうが疲れ目のためのにも有効です。

効果的な入浴法を

疲労回復するには、ゆったりと湯船につかる必要がありますが、効果的な入浴法についての大事なポイントは4つです。

  1. 湯温は38 ~ 40 度程度のぬるめのお湯。半身浴 がおすすめ。半身浴の効果についてはこちら。
  2. 20 ~ 30 分かけてゆっくりと入る。
  3. 暖冷交代浴をする。
  4. 入浴後は体を冷やさない

以上が基本ですが、さらに疲労回復の効果を高めるためには、疲れのたまった部分に集中的にシャワーをあてたり、簡単なストレッチ体操を行うといいでしょう。

さらに入浴剤などを使用してリラックス効果を高めるのもよいでしょう。肌に直接振れるものなので無添加のものがいいでしょう。自分のリラックスできる香りを選ぶとリラックス効果が高まります。

ミントは別名「ハッカ」とも呼ばれ、スーっとした爽快感で人気のハーブです。ミント ペパーミント は、鎮静作用があり、精神的な緊張を和らげ、イライラをしずめ、心身をリラックスさせ、安眠へ導いてくれます。お風呂でリラックス効果を高めると目の疲れも癒やされます。

無添加入浴剤

アレルギーとドライアイの関係

アレルギーとドライアイの関係 についてです。

アレルギー体質の人はドライアイの症状を併発しているケースが多々あります。これは涙が減少して、アレルゲンから目を防御できないためです。

アレルギーとドライアイの関係

アレルギーとドライアイの関係

花粉症とドライアイのダブルパンチ

日本の花粉症患者さんは年々増加しています。毎年、春が近づくにつれて憂鬱な気分になっている人も多いことでしょう。日本人には国民病として定着してしまい、現在は 2 人に 1 人 が花粉症だそうです。

このやっかいな花粉症とドライアイが悪循環を引き起こし、2つの症状を併発する人が増えています。その背後には

  1. 涙の減少
  2. 異物の侵入
  3. アレルギー性結膜炎

の 3 つが負のサイクルを作りあげているのです。

アレルギー性結膜炎の 90% は花粉症

花粉症になると、

  • 目のかゆみ
  • 充血
  • 涙目
  • 瞼の腫れ

など、特有の症状が目に現れます。これが花粉がアレルギーの原因物質となって起こる アレルギー性結膜炎 です。 アレルギー性結膜炎 は、花粉以外にもダニやほこり、ふけが原因になることがありますが、アレルギー性結膜炎の方のうち、花粉の飛び散る春になると症状が悪化するという人は90%にもなります。ほとんどの人になります。

このタイプの人は目に花粉が飛び込んでくると体が過剰に反応し、結膜が炎症を起こしてしまうのです。

アレルギー性結膜炎には、ある季節に限定して「目のかゆみ」や「充血」などの症状が見られる季節性アレルギー性結膜炎(花粉症)と、季節に関係なく症状がみられる通年性アレルギー性結膜炎という2つのタイプがあります。

季節性アレルギー性結膜炎

1 年の特定のある時期だけに、ある決まった植物の花粉が原因となり発症します。 日本では 2 月 ~ 5月に多く飛散するスギやヒノキの花粉が主な原因です。アレルギー性結膜炎の患者さんは推計約 2,000 万人いるとされ、その約 85%は花粉が原因と言われています。

1日の中でも 13 時 ~ 15 時頃は花粉が多く飛散しやすい時間帯となります。しかし環境省の花粉観測システムの調査によると、通勤時間となる朝の時間帯の飛散率も比較的高いので、出勤時はめがねをし、出社後にコンタクトレンズをするのも良いかもしれません。ただし地域や天候、日によって変わりますので、気象情報をマメに確認して外出する最適な時間帯をみつけましょう。

通年性アレルギー性結膜炎

1 年を通して、ほこりなどの中にあるハウスダストやダニが主な要因となって発症します。イヌやネコの抜け毛やフケ、カビもアレルギーの原因になる場合があります。

ドライアイと花粉症の悪循環は深刻な問題

ドライアイになると当然、涙の分泌量が減ります。これは目の表面を守る保護膜が薄くなってドライスポットが出来やすくな状態ですから、外からの異物が直接目の表面に飛び込んできてしまいます。
こうした状態で花粉が目に侵入してくると、目に付着した異物を洗い流せるだけの涙の量がないために、花粉に触れた結膜がアレルギー性結膜炎を起こし、やがて角膜にもその炎症の影響が及んできます。結膜の炎症によりムチンという成分の分泌が減少し、涙の成分が変わるため、ますますドライアイが深刻になるのです。

遠視 の実態

遠視 とは、 屈折異常 のひとつです。  屈折異常 を簡単に説明すると、遠くを見たときに網膜にきちんとピントが合わない状態をいいます。

疲れ目 を引き起こしやすい 遠視 の実態を詳しく調査します。

5~6 m 以上離れたところを見ているとき、私たちの目はリラックスした状態になります。このリラックスした状態で、網膜に正しくピントが合い、クリアな画像が得られる目が 「 正視 」 です。

一方、目がリラックスした状態のとき 「 網膜よりも奥でピントが合う目 」 のことを 「 遠視 」 といいます。遠視は“遠くがよく見える目”だと思われがちですが、それは誤解。 「 遠視 」 は、自然な状態では網膜にピントが合わず、クリアにものを見るためには常に水晶体の厚みを調節する必要があります。
近くを見るときは遠くを見るよりもさらに強く水晶体を調節しなければならないので、デスクワークなどで日常的に近くを見る機会が多い人は、とくに 眼精疲労 を起こしやすくなります。

遠視は疲れ目に悩まされます。軽度の遠視に気づかないままで支障なく過ごしていて、眼精疲労などで眼科を受診してはじめて、遠視に気づくケースもあります。

遠視

遠視

遠視 は調整力をつねに必要とするため疲れる

近視 に比べて遠視は、過剰な調整力がなければ近くも遠くも見えないので、目の疲労度が大きくなります。
そのため単なる疲労感ではすまされず、眼痛や頭痛などの症状が出る場合があります。

子供の場合であれば、周囲の理解を得られず

  • 集中力がない
  • 勉強嫌い

などと評価されてしまうケースもあります。詳しく調べてみると、 遠視 による疲労感である場合があります。調整力は加齢とともに低下するのが一般的です。

遠視そのものを治す方法はありません。また遠視があっても、視機能に問題がなければ病気ではないので、治す必要もありません。

遠視 治療が必要なケース

斜視や弱視をともなっている場合や、メガネをかけないと視力が悪く、日常生活に不便な場合です。
治療といっても基本はメガネをかけることです。その上で、不同視弱視では、よく見える方の目をかくして、視力の悪い方の目を積極的に使わせる訓練(遮蔽法)をします。
内斜視では、プリズムという光を曲げるレンズをメガネにはって、治療することもあります。

このため、年を経るにつれて近くのものも遠くのものもみえづらくなってしまうのです。
40代を過ぎた頃にやってくる 老眼 においても、ただでさえ近くが見えづらい 遠視 人はその影響もダイレクトにきてしまいます。

遠視 も 近視 と同様に検査があればいいのですが、遠視は近くも遠くも焦点が合わない目です。見えているのは、調整力を余計に働かせているためです。5m程度離れて視力表を見る通常の検査では目の調整力を最大限に発揮さいた状態で見分けられてしまうので視力検査でははっきりわからないのが遠視です。

目のかすみに (クロセチン)

目のかすみに (クロセチン) がおすすめです。クロセチンは、目の血流を改善するはたらきがあること、目の炎症を抑制するはたらきがあることなどが報告されており、目の健康に役立つと考えられています。

また、疲労に関する研究もおこなわれており、肉体疲労時における身体パフォーマンスの低下を抑制することが報告されていることから、疲労による身体機能の低下を改善する成分と考えられていました。

目のかすみに (クロセチン)

目のかすみに (クロセチン)

  • めがしょぼしょぼする
  • 新聞の字が読みにくくなった
  • 目が疲れる
  • やたらかすむ

こんな症状を自覚するようになったらこのサプリメントをお試し下さい。

目にいい食品というとすぐに「ブルーベリー」をイメージしますが、「クロセチン」はクチナシの実やサフランのめしべに含まれる天然色素で、主に金時や和菓子を鮮やかにする着色食材にごくわずかに含まれる成分です。近年の研究からトマトやブルーベリーなどの植物がもつ天然色素には、様々な健康成分を含んでいると言われており、長年の研究の結果、この「クロセチン」も「見るため」の健康成分であることが分かりました。

「クロセチン」はクチナシの実やサフランのめしべに含まれる天然色素で、主に金時や和菓子を鮮やかにする着色食材にごくわずかに含まれる成分です。近年の研究からトマトやブルーベリーなどの植物がもつ天然色素には、様々な健康成分を含んでいると言われており、長年の研究の結果、この「クロセチン」も「見るため」の健康成分であることが分かりました。

テレビ、パソコン、携帯電話の普及で「見ること」に関する悩みをもつ現代人は9割にも及びます。理研ビタミンは「クロセチン」の健康成分に着目してから約5年、高度な成分抽出技術と最新機器を駆使し、クチナシからごくわずかしか採ることができない「クロセチン」を1粒にギュッと凝縮することに成功。現代人の「見る健康」をサポートすることはもちろん、その機能は世界中の研究者から高い評価を受け、皆様の健康をサポートに役立てる動きも活発になってきています。

クロセチンは、クチナシの果実に含まれる「天然の色素成分」。カロテノイドのひとつでβ-カロテンやルテインの仲間です。

植物は紫外線や活性酸素など厳しい環境から身を守るために、「色素」を利用しており、クチナシも大切な果実を守るために、クロセチンをつくります。そのため、クチナシの果実は成熟するにつれて緑色から橙色へと変化していきます。

めにサプリ クロセチン30日分:30日分30カプセル

原材料名
ヒマワリ油(ドイツ製造)/ゼラチン、グリセリン、グリセリン脂肪酸エステル、クチナシ色素
栄養成分表示
エネルギー:1.77kcal、たんぱく質:0.10g、脂質:0.14g、炭水化物:0.03g、食塩相当量:0~0.001g
機能性関与成分
(1カプセルあたり)
クロセチン:7.5mg
摂取方法
1日当たりの摂取目安量を守り、水などと一緒にお召し上がりください。


目の トラブル 疲れ目 に最近はアントシアニンたっぷりの アサイベリー が 注目ナンバーワンです。

近視

近視  とは、眼に入ってきた平行光線が、網膜より前で焦点を結んでいる状態のことです。 そのため近くのモノははっきりと見える一方、遠くのモノはぼやけて見えます。 眼球の長さである 「 眼軸 」 の長さが正常よりも長い、または水晶体や角膜の屈折力が強いことが原因と考えられます。

近視は網膜よりも手前に光情報が集中してしまいます。日本人には多い屈折異常で2つのタイプに分かれます。

近視

近視

近視 の目はどこがおかしいの?

正常に物を見るために必要な眼球内での光情報の屈折、これが機能しない状態を屈折異常といいますが、 近視 もこのひとつです。

近視 は、近くの物はよく見えるのに対して、遠くの物がはっきり見えない状態です。目に入ってきた光情報は適度に屈折して網膜に集中しなければなりません。しかし、近視の場合は光情報の集中するポイントが網膜よりも手前にきてしまいます。

これは、水晶体の調節機能に問題をかかえていたり、もともと目の構造に問題があるために起こります。
その結果、網膜上には拡散した光情報が届いてしまうため、シャープな映像をとらえることができないのです。

近視 のタイプ(屈折性近視と軸性近視)

近視には、2つのタイプ 屈折性近視 軸性近視 があります。

屈折性近視

水晶体を通過する際に、光情報が必要以上に屈折してしまうタイプ。正常な目と比べると、水晶体が厚め。人の目は近くを見るときには毛様体筋を緊張させて水晶体を厚くする仕組みですが、屈折異常近視の人は、常に毛様体筋が緊張状態なので近くを見るときには不自由がありません。
比較的弱い近視の人に多いタイプでメガネやコンタクトレンズによる矯正が可能です。

軸性近視

屈折性近視が水晶体の調節機能の異常で起こるのに対し、こちらは、目の構造上の問題により起こります。このタイプは、水晶体自体の調節機能は正常ですが、目の奥行きが深すぎるという問題をかかえています。

ですから、いくら光情報を正しく屈折させても、網膜がさらに遠くにあるために、光情報は拡散してしまうのです。
強度の近視の人に多いタイプで矯正してもそれほど視力はあがりません。低年齢でも視力の低下がはじまります。

屈折性近視
網膜の手前でピントが合ってしまうためよく見えない(メガネ・コンタクトレンズで矯正可能)
軸性近視
目の奥行きが深すぎる。(メガネ・コンタクトレンズで矯正しづらい)

近視 は老眼にならない?

老眼の加齢による水晶体の衰えは、近視・遠視・乱視にかかわらず起こります。
ただし、例えば近視の方が近眼用メガネをかけたとき、遠くは見えるが近くが見えにくく、メガネを外すと近くが見やすくなるというように、その状態は違ってきます。

近視とは、眼内に入った光が網膜よりも手前で焦点を結んでしまい、網膜にピントがあわない状態を言います。

近視の度合いによって変わりますが、近視の度合いが-2.0や-3.0程度であれば、近くを見る際に眼鏡を外して、裸眼で手元を見ると十分手元が見える可能性があります。この事から「近視の目は老眼にならない」と言われるのではないでしょうか。しかし、近視の方すべてが、ちょうどよい距離にピントが合うわけではないので注意が必要です。

疲れ目 の症状と似ている 目の病気

疲れ目 の症状と似ている 目の病気 を紹介します。こちらでは 疲れ目 に影響のある 習慣病 を紹介しましたが、こちらでは 眼病 のみに絞っています。 疲れ目 だと思っていたら 重大な 目の病気 だといことがないようにしなければいけません。

重大な目の病気が疲れ目の症状によってかすんでしまうケース。しっかり見極めることが大切です。

疲れ目 の症状と似ている 目の病気

疲れ目 の症状と似ている 目の病気

疲れ目 の症状と似ている 目の病気 目の病気と区別する

見え方の異常や痛み、疲労などの自覚症状があれば、「疲れ目」と考えるのが一般的です。ところが治療が必要な目の病気の自覚症状と疲れ目の症状が酷似しているものがあります。

疲れ目の症状と同じだから心配ない。と決めつけてしまうことは後々大変なことになる場合もあります。

30代~40代で気をつける4つの 目の病気

30~40代の働き盛りの人が特に気をつけたい目の病気は

  • 白内障
  • 緑内障
  • 網膜剥離
  • 中心性網脈絡膜症

の4つです。

白内障 の症状

白内障 は、ものを見るときにレンズの役目をする水晶体が老化して、白く濁ってしまう病気です。
水晶体が濁りはじめると、目に入ってきた光情報が網膜に正しく届かなくなり、これがかすみ目や視力の低下、疲れ目を引き起こします。

緑内障 の症状

緑内障 は、網膜に集められた光情報を脳に伝える視神経が圧迫され、死んでしまう病気です。眼球の張りを保っている眼圧が高くなりすぎて起こるタイプと、眼圧が正常のまま起こるタイプの2つがあります。どちらも視野がだんだん欠けていくのが特徴です。
激痛発作が起きたときには、失明する危険性もあるため初期症状の自覚症状を見逃しては行けません。

網膜剥離 の症状

網膜剥離 は、目の中に入ってきた光情報が集まる網膜に裂け目がきてはがれてしまう病気です。はがれた部分は光情報を感じることができないので、視力の低下や見え方の異常などを引き起こします。
治療が遅れると失明します。
網膜剥離の原因で一番多いのは、硝子体と呼ばれる部分の老化ですが、比較的若い世代でも強度の近視の人は発症率が高くなります。

中心性網脈絡膜症 の症状

中心性網脈絡膜症 は網膜の血管から染み出した血液成分が網膜にむくみを起こす病気です。
網膜が押し上げられて見え方の異常が起こります。
病気そのものは、良性なので正しい治療で回復します。しかし、再発しやすい病気で、30~40代の男性に多い特徴があります。

眼科での検査が必要な 視力減退 を見極める

視力減退 が 疲れによるものなのか 病気によるものなのか の判断はとても難しいものですが、判断の目安を紹介します。

視力の減退 で重要なのは、それがどのタイプのものなのかを見極めることです

視力減退

視力減退

視力減退 見えづらさの正体

ここまで、 視力の減退 には疲れで起こるものから、 屈折異常 や 老眼 、さらに何らかの病気の影響で起こるものまで様々なタイプがあることがわかりました。

視力の減退 を放置したままにすると、目の疲労が蓄積し、不快な症状に悩まされるようになります。
これを避けるためには、 「 見えづらさの正体 」 を明らかにしなければなりません。しかし、見えづらいという自覚症状があっても、病院で診てもらう必要があるかどうかの判断はつきにくいものです。そこで次に判断するためのポイントをまとめています。

十分な休養をとって見えづらさが解消するかどうか

視力の減退 は、その症状が一時的なものか、そうでないかによって、大きく2つのタイプにわけることができます。

まず、視力の日中差のように一時的に起こる 視力の減退 です。
これは、生理的な疲労によるもので、病的なものではありません。一方、一時的ではない 視力の減退 には、 屈折異常  老眼 病気 によるものが含まれます。これらは、眼科での検査が必要です。そのうえで、症状に応じて適切な治療を行います。

見えづらさが気になっても眼科へ行くのはどうしても先送りになりがちですが、一時的なものではなく、重大な病気が潜んでいる場合は、早めに検査を受け、適切な処置を受けなければなりません。その見極めがポイントとなります。

では、どのうように判断すればいいのでしょうか。最も簡単な方法は、見えづらさを感じたら、しばらく 目の酷使 を避けて、十分な睡眠をとって様子を見ることです。一時的なものであれば、目の疲れがとれて見えづらさも解消されます。

しかし、十分な休養をとっても相変わらず見えづらさが気になる場合は、その段階で眼科での検査を受けた方がいいでしょう。
あまりに単純で簡単な方法だと感じる人も多いと思いますが、眼科を受診するためのタイミングを知るにはもってこいです。

目の栄養 なら アサイーベリー のサプリ ふくふく本舗 「 アサイベリー プラチナアイ 」

ドライアイ 目の負担を増大させている

最近、よく聞く 「 ドライアイ 」 。もともとコンタクトレンズを使う人には、目の乾きなどのトラブルがみられましたが、最近ではコンタクトレンズ使用者以外の人たちにも深刻なドライアイの症状を訴える人が増えています。スマホ パソコンといったIT 機器 を当たり前に使うようになり目の負担は増大する一方です。

ドライアイ も疲れ目の一因になります。目の潤い不足が引き起こすトラブルも深刻です。ドライアイ 目の負担を増大させている

ドライアイ 目の負担を増大させている

ドライアイ 目の負担を増大させている

涙は目がスムーズに機能するために大切な働きをしていますが、涙が少なくて目が乾いている状態 ドライアイ だと、必要以上に目に負担がかかり、疲れを引き起こすことがあります。

ドライアイ が引き起こす疲れ目とは?

私たちはものを見るときに、カメラのレンズのような働きをする水晶体を調節しながら、ピントを合わせています。この水晶体を調節するのが毛様体筋という筋肉で、水晶体を引っ張ったり緩めたりしています。
長時間のパソコン作業のように近くのモノをじっと見るような場合には、毛様体筋はずっと緊張していることになり、筋肉疲労を起こしてしまいます。
老眼の場合は、ピント調節力が老化で弱まり、近くが見づらくなります。これを放置したまま無理して近くを見続けると、目が疲れやすくなります。

そして、特徴的なのは、疲れ目を訴える人が ドライアイ 症状を併発しているケースが多いということです。理由としては、パソコンの普及、携帯電話の普及なども関連しているようですが、

  • 目が乾く
  • ゴロゴロする
  • 痛む
  • 熱っぽい

といった 疲れ目 の症状は増加するばかりです。
特に ドライアイ の状態で コンタクトレンズ を装用すると痛みがでてしまうため問題になります。

涙の量が減ってしまう場合に起こるトラブル

涙は目の表面を覆うことで乾燥を防ぐとともに、外界の刺激から目を保護しています。 目の表面には血管がないため、涙によって目の表面の細胞に酸素や栄養が運ばれています。 目に入った異物は涙によって洗い流されます。 また、涙にはリゾチームという殺菌作用をもった物質が含まれており、微生物の侵入や感染を予防する働きをします。

涙は、もともと目の健康維持に欠かすことのできない重要な働きをしています。目の表面の汚れを防いだり、涙で洗い流しています。

また、刺激物から目を守ったり、つねに一定量の涙を分泌することによって目の表面に酸素と栄養を補給しています。
ところが、何らかの原因で目の表面を覆う涙の量が減少してしまいます。そうすると、目は様々なトラブルに見舞われ、目の組織が傷つきやすく、こうした状態で目を使い続ければ、目の負担はさらに増大します。日常生活の中では、 ドライアイ を促進させる環境が増えていくばかりで問題となっています。

室内の空気にも配慮 化学物質過敏症 目にあらわれる

室内の空気にも配慮 しなければいけません。たとえば、パソコンを使用する環境は空調の効いた室内です。空気自体が乾燥している事や、空調の風が直接当たるなど、目の乾燥を助長する環境が多く存在します。自宅では ドライアイ を自覚しなくても会社では重症の ドライアイ という方も多いです。また、化学物質過敏症 の症状が会社でだけあらわれるケース、自宅でだけであらわれるケースもあります。

室内の空気汚染が健康以外に目に影響を与えることも

室内の空気にも配慮

室内の空気にも配慮

建材に含まれる化学物質 室内の空気にも配慮

こんな体験はありませんか?ある特定の建物内に入ったときに、涙目になったり、目がちかちかしたり。建てられて間もない、リフォームしたばかりの建物でこういった報告が寄せられています。

これは 「 化学物質過敏症 」 と呼ばれる症状です。化学物質過敏症は、洗剤、柔軟剤、アルコール消毒剤、芳香剤などの日常生活で私たちが何気なく使用しているものに含まれる化学物質に接触することで、頭痛や倦怠感、不眠など多岐にわたる症状があらわれる疾患です。 発症するとごくわずかな化学物質に対しても敏感な状態となります。

建材に使用される壁紙や床材、塗料、接着剤に含まれる特定の化学物質が刺激となって症状を引き起こす シックハウス症候群 です。

化学物質過敏症 の症状が最も現れやすいのが目で以下のような症状がでます。

  • 眼精疲労
  • 目のかゆみや痛み
  • 視力の低下
  • 目の刺激感、羞明(まぶしい)
  • 目の疲れ、ピントが合わない

などが代表的な症状です。こうした不快な症状は、当然 目の負担 を増やします。原因の不明な症状がある場合には、 化学物質過敏症 の可能性も考慮して原因を突き止める必要があるでしょう。 自律神経失調症 と診断されてしまうケースもあり、専門家に診断してもらう必要があります。

受動喫煙にも注意

たばこ による健康被害は周知のとおりですが、目にとってもいいことはありません。煙でもくもくしていると目が痛くなったりするのもそのせいです。たばこの煙には、

  • ニコチン
  • タール
  • アンモニア
  • 一酸化炭素

といった有害物質が含まれます。これらが目の表面に付着すれば、目の不快な症状を促進することになります。また、 ドライアイ 傾向の人は涙で有害物質を流すことができないため、症状が重くなりがちです。受動喫煙はさらに有害物質を多く含むため結果的に、喫煙者より周囲の人が煙りの被害を受けてしまうのです。