ドライアイのカギを握る涙について

目の表面を覆う涙は、目の健康を守る強力なバリアです。分泌量はわずかながらその効能には驚くべき秘密が!

涙一粒は3層構造に

ドライアイのカギを握る涙とはどんな液体なのでしょうか?まず涙の成分についてです。涙の一粒は3つの層で構成されています。一番外側には脂の層があり、空気に触れる外側を油膜にすることで、涙がすぐに蒸発しない仕組みになっています。
真ん中の層は水分で、涙の大部分になります。目の表面に必要な酸素や栄養素が含まれています。そして、目の表面の角膜に接する3つめの層は、やや粘りけのある液体でできており、涙を目の表面にしっかり定着させる“接着剤”のような機能を果たしています。
この液体にはムチンと呼ばれる栄養成分も含まれています。
これらの涙の3つの層はそれぞれ別々の場所で作られ、分泌されてから1粒に合体します。外側の脂の層は、まつげの生え際にある「マイホーム腺」から分泌されます。
涙の大部分を占める真ん中の層は主涙腺から、粘りけのある3層目は結膜のゴブレット細胞から分泌されます。
目の表面で1つになった涙は、目の表面に潤いや栄養、酸素を補給しながら、目の表面についた汚れやばい菌を取り除いていきます。また、涙が目の表面を覆うことで均一の滑らかな面になり、まぶたの開閉がスムーズになります。
涙はこうしたいくつかの重要な役目を果たしながら、目の外側よりから内側に移動していき、最終的には、「涙点」という穴から目の外に出て鼻の中に排出されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください