テレビビデオ DVD などを見るときに疲れ目を防ぐ 3 つのポイント

テレビビデオ DVD などを見るときに疲れ目を防ぐ 3 つのポイントがあります。一息いれるときに見る事が多い テレビビデオ DVD にも疲れ目を防ぐポイントがあります。

くつろぐ際にTVやビデオ、DVDなどを見るときにも目に負担をかけないいくつかの注意事項が テ

テレビビデオ DVD などを見るときに疲れ目を防ぐ 3 つのポイント

テレビビデオ DVD などを見るときに疲れ目を防ぐ 3 つのポイント

テレビビデオ DVD などを見るときに疲れ目を防ぐ  3 つのポイント

 

位置 距離 見る姿勢

家庭での娯楽を考えると、テレビやビデオ、DVDなどを見る。とうのが一番多いのではないでしょうか?

この時、当然に目への影響を考慮しなくてはなりません。目を疲れさせないポイントがります。

大事のは

  1. モニターの状態
  2. 見る位置と姿勢
  3. 部屋の明るさ

になります。これを間違えるとリラックスしてテレビやビデオ、DVD などを鑑賞していても逆に疲れ目を助長して余計に疲れてしまうことになります。

モニターを見る機会は劇的に増えている中でパソコンやテレビなどのディスプレーを長時間見ると、眼精疲労(疲れ目)やドライアイになりやすいものです。朝起きたらまずテレビの電源を入れる人も多いかもしれません。電車の中ではスマホのモニターを見っぱなしです。当然、会社にいる間は 1 台 だけでなく 2 台 3 台のモニターに囲まれて仕事をしている人も多いはずです。

ただ、ディスプレーそのものが目に悪いという証拠はなく、明るさや周囲の環境などを調整すれば目にやさしくディスプレーと付き合えます。

割と多いのが自宅の部屋の照明を暗くする人が多いのですが、これは NG となります。テレビを見るときはテレビと部屋の明るさを同一にします。距離は3 m が理想ですが、2 m ぐらいが部屋の広さからいったら適切な距離となるでしょう。距離をできるだけとるように部屋のレイアウトを工夫しましょう。

モニターの状態
テレビを置く位置は、VDT機器を使った作業環境を整えると同様に水平線よりもやや見下ろすような高さに置きます。長時間見上げる状態を続けると、すぐに目が乾き、疲れます。またあまり画面が小さいものだと離れた距離の場合、見えにくくなってしまうのである程度のサイズが必要です。
見る位置と姿勢
テレビとの距離は、理想的には 3 m、最低でも 2 m 離れます。姿勢も大切です。ごろ寝、あぐら、横座りなどは背がゆがんで首や肩に負担をかけます。
部屋の明るさ
テレビを見る際には部屋を暗くしてはいけません。モニターと周囲の明暗の差がないようにします。テレビを見るときは部屋を明るくします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください